So-net無料ブログ作成
■南京問題 ブログトップ
前の10件 | -

南京大虐殺の嘘:あり得なかった「市民の大虐殺」 [■南京問題]

JBPress

南京大虐殺の嘘:あり得なかった「市民の大虐殺」

捕虜の処刑はあっても虐殺ではない

2019.4.9(火) 森 清勇
梅の花に満たされる 江蘇・南京

中国・江蘇省(Jiangsu)南京市(Nanjing)の雨花台公園で満開の「春の色」。(c)CNS/JCM/AFPBB News 〔AFPBB News

 NNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」(日本テレビ・2015年10月4日放映)は、「ギャラクシー賞 テレビ部門優秀賞」をはじめ、1つの番組で7本受賞した。

 番組製作者の清水潔氏は「事実の証明に苦労した放送だったので、・・・それを後押しして頂けたようで嬉しく思う」と、著書『「南京事件」を調査せよ』(2016年8月刊)で述べている。

 日本テレビは2018年5月14日に「南京事件Ⅱ」を放映。これを観た福田康夫元首相は、「日本軍が中国人を殺したのは事実なんだ」と思い、また幼少の一時期を同地で過ごした懐かしさと、習近平主席が「南京大虐殺記念館」の内容を大幅に入れ替えたと知り同館を訪問する気になったという。

 著書は1年余後に早くも文庫本となり、その「あとがき」では産経新聞(平成28年10月16日付)や一部の人からもの言いがついたが、調査報道の真髄に迫るのが評価されていることが分かる。

 多くの捕虜を抱えた103旅団(13師団)の捕虜対処では、飯沼守上海派遣軍参謀長の日記でも記述が曖昧で、肝心なところは「噂アリ」の記述でしかなかった。

 すなわち、歩兵第66連隊と山砲兵第19連隊の約2万に上る捕虜対処には不明なところが多かったのである。

 この点を1次資料発掘で解明した労を多とし、善悪はともかくとして、戦争の悲惨さや軍人の生き様などに視聴者を向きあわせた功績は大きいとみる。

 ただこの一文を草するのは、次に述べる2つの危惧からである。

>>続きを読む

?


タグ:南京問題
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

南京大虐殺の嘘:事件後、日本人は歓迎されていた! [■南京問題]

JBPress

南京大虐殺の嘘:事件後、日本人は歓迎されていた!

「大虐殺」を主張し続けなければならない共産党の宿命

2019.3.26(火) 森 清勇
孫文が眠る「南京中山陵」 6月から見学無料、事前予約制で

南京中山陵(2018年5月31日撮影)。(c)CNS/泱波〔AFPBB News

 易姓革命を繰り返す中国は、前王朝の歴史を否定することによって自己を正当化できた。白を黒に塗り替えることで権力を維持することができたのだ。

 国民の支持を問うこともなく権力者になった者は、誰かを悪者とする敵に見立てる必要がある。

 悪者にされているのは華夷秩序に従順でない日本である。その仕かけが歴史戦であり、「南京大虐殺」である。

 独裁政権(あるいは絶対君主)下の国民は自由を制約され、真実を知る権利も語る権利も剥奪され、権力者が「強いること」を語らなければ生きられないように運命づけられている。

 強いられることが嘘と分かっていても否定できないし、むしろ拡大することが歓迎されるという悪循環を生み出すこととなる。

 南京大虐殺が正しく格好の題材である。地道な歴史研究で白の証明をすることが論理的であるが、統治の手段として敢えて白を黒とする相手に論理は通用しない。

 以下に、「南京大虐殺」はなかったことを証明し、統治の手段として利用している現実を確認する。

>>続きを読む

?

?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

南京での「大虐殺」はどのように創作されたのか [■南京問題]

JBPress

南京での「大虐殺」はどのように創作されたのか

米国の占領行政が「発掘」、中国が「活用」する現実

2019.2.14(木) 森 清勇
南京の街をランタンでライトアップ

ライトアップされた南京明城(2019年1月28日撮影)。(c)CNS/泱波〔AFPBB News

 南京攻略戦において「大虐殺」があったならば、時期、場所、数値、内容等はおおむね確定するはずであるが、識者の間でもまちまちで、「存在の確認」は必ずしも明確でない。

 ここで「内容等」というのは、軍人と一般市民の別、便衣兵・敗残兵や捕虜の取り扱い、強姦・略奪・放火などの通常犯罪と残虐な殺戮の区別、そして何よりも「虐殺」の定義などである。

 月刊誌『諸君!』が、南京事件を論評している大学教授やジャーナリスト、歴史研究家など23人に、17項目についてアンケートを行い、回答結果は同誌2001年2月号に掲載した。

 質問項目にも「被虐殺者の範囲について」や「『南京事件』における『虐殺』とは、どのようなものとお考えでしょうか。その定義をご教示ください」とあるくらいだ。

 「一般市民」の殺戮は、どの回答者も共通して「虐殺」としている。

 しかし、「捕虜」や「敗残兵」の処刑、軍服を脱ぎ捨て市民に成りすました「便衣兵」についての考え方、軍法会議の開催有無、指揮官の命令いかん、残虐かつ猟奇的な殺戮か否か、量的問題などによって、「虐殺」の範囲も定義も大幅に異なっている。

>>続きを読む

?

?

?


タグ:南京問題
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

もはや完全に揺らいだ南京大虐殺の「状況証拠」 [■南京問題]

JBPress

もはや完全に揺らいだ南京大虐殺の「状況証拠」

中国こそ「虐殺」「餓死」「刑死」の超大国

2019.1.29(火) 森 清勇
天安門事件から29年 米国は死者数公表を要求、中国は猛反発

天安門事件から29年を迎えた中国の首都北京にある天安門広場(2018年6月4日撮影)。(c)AFP PHOTO / Fred DUFOUR〔AFPBB News

 毛沢東はソ連と仲違いした時、長年にわたって途方もない予算と将兵の養成が必要な通常兵器より、短期間に決定的な抑止力を高める核・ミサイルが効果的であると認識した。

 そこで人民の半分が餓死してでも「両弾一星」(原・水爆と人工衛星)を完遂するという決断をした。

 その根底には、中国という国家は人民(約8億人)の半分、4億人を犠牲にしても国家は生き残れるという意識であった。

 また、「政権は銃口より生まれる」と喝破したように、国共合作で国民党軍を日本軍と戦わせ、共産党軍は後方にいて増勢につなげ、続く内戦で勝利して政権奪取につなげる考えがあった。

 実際、430万人いた国民党軍は150万人となり、120万人しかいなかった共産党軍は400万人となり、累次の内戦で約800万人が戦死したとも言われる。

>>続きを読む

?

?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「南京大虐殺」は中国軍の仕業だった [■南京問題]

JBPress

「南京大虐殺」は中国軍の仕業だった

南京入城時の内外紙の報道から検証した本当の歴史

2019.1.9(水) 森 清勇
南京事件扱った映画シーンを服の柄に、販売した米百貨店「炎上」

中国の南京市にある南京大虐殺記念館の展示を見る訪問者(2015年10月10日撮影、資料写真)。(c)AFP〔AFPBB News

 中国江蘇省の「南京大虐殺記念館」が2017年12月14日、リニューアルを終えて一般公開を始めた。

 しかし、産経新聞の河崎真澄記者の報道(2017.12.15)によると、「南京大虐殺の史実を世界に周知させた」として顕彰された朝日新聞の本多勝一元記者らの写真と資料が撤去されていたことが分かったという。

 河崎記者は日本軍が朝鮮半島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言報道が「虚偽だった」と朝日新聞が認めたことなどから、同紙の過去の報道の信頼性に疑念をもたれる恐れがあると判断した可能性があるとしている。

 一方、習近平主席が2015年の公式訪英時、エリザベス女王主催の晩餐会で「日本侵略者の暴行を暴く記事を発表した」などと英国人記者を称賛して中英の友情物語として紹介したことがある。

 ところが、岡部伸(産経新聞ロンドン支局長)氏の調査で件の記者は南京に行っていなかったことが判明した。筆者はこの失態の影響もあるのではないかと思料している。

>>続きを読む

?

?

?


タグ:南京大虐殺
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【歴史戦・第19部 結託する反日(下)】「南京」に「慰安婦」絡め…欧米巻き込み対日包囲網 華僑ネット数千万人、世界208カ所で式典 [■南京問題]

閉じる

【歴史戦・第19部 結託する反日(下)】「南京」に「慰安婦」絡め…欧米巻き込み対日包囲網 華僑ネット数千万人、世界208カ所で式典

南京大虐殺記念館で行われた犠牲者を追悼する国家式典=13日、中国江蘇省南京市(共同)

 

 「国家主席も出席する見通しで、大使が参列すれば追悼式典の後に非公式の面談を行う可能性がある」

 複数の関係筋によると、中国政府の外交当局は11月下旬から12月初旬にかけ、米英仏独など欧米諸国、タイやシンガポール、韓国などアジア各国、ロシアやベトナムも合わせ、少なくとも16カ国の北京駐在の外国大使らに、「南京大虐殺記念館」での13日の追悼式典へ出席を招請したという。

 国家主席、習近平と直接、面談できる場は各国の中国大使にとっても数少ない機会だ。

 結果的に何カ国の大使らが13日の式典に参加したか判明していないが、中国中央テレビ(CCTV)が映し出した中継映像では、外交団とみられる複数の人物の参列が確認された。当然のことながら、日本は招待されていない。

 日中外交筋はこうした動きを「歴史問題に関する“対日包囲網”の構築と共闘を急ぐ中国の作戦の一環」とみなしている。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【歴史戦】カナダ・オンタリオ州で「南京大虐殺記念日」制定の動議可決 [■南京問題]

閉じる

【歴史戦】カナダ・オンタリオ州で「南京大虐殺記念日」制定の動議可決

 【ニューヨーク=上塚真由】カナダ東部のオンタリオ州議会は26日、旧日本軍が1937(昭和12)年に中国・南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める動議について審議し、可決した。中国系の議員が主導し、州議会では制定の意義を強調する意見表明が相次いだ。中国系人口が多い同州で、記念日制定を受けて反日運動などが高まる可能性もある。

 南京大虐殺記念日の制定をめぐっては昨年12月、中国系のスー・ウォン議員が法案を提出。しかし、現地で反対運動が起こるなどして採決には至っていない。ウォン氏は法案を取り下げないまま今回、法的拘束力のない動議に切り替えて提案し、26日に投票を経ずに可決された

>>続きを読む

>が、余りに無能無策な外務省、国防認識欠如、危機管理能力まるでなし。

 日本国民激怒!!日本の国会議員は何をしている!特に野党など存在価値無し。

 

 


タグ:歴史戦
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ■南京問題 ブログトップ