So-net無料ブログ作成
■英霊・靖国 ブログトップ
前の10件 | -

【iRONNA発】靖国神社 「天皇御親拝ゼロ」の衝撃 島田裕巳氏 [■英霊・靖国]

【iRONNA発】靖国神社 「天皇御親拝ゼロ」の衝撃 島田裕巳氏

【iRONNA発】靖国神社 「天皇御親拝ゼロ」の衝撃 島田裕巳氏
作家の島田裕巳氏
 靖国神社が揺れている。天皇代替わり後の今年6月に創建150年を迎えるが、平成の時代は陛下の御親拝が一度もないまま幕を閉じる可能性が高い。これは靖国の存立にかかわる危機である。なぜこうなったのか
                  ◇
 天皇自らが神社に参拝することは「親拝(しんぱい)」と呼ばれるが、平成の時代には、一度も親拝が行われなかった。平成が終わる4月の末までに親拝が行われる可能性はゼロに等しい。
 戦没者の慰霊のための天皇親拝が、靖国神社にとって最も重要な事柄である。それが果たされなくなったことは、二代続けて宮司が任期途中で交代した事態とは比較にならないほど重大事である
 首相の靖国参拝もずっと問題になってきたが、親拝に比較すれば本来それほど重要なことではない。平成の時代に宗教をめぐって起こった重大な、そして深刻な事態は、その著しい衰退である。
>>続きを読む

タグ:天皇御親拝
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【谷山雄二朗のばかモン英語塾】(47) 靖国神社は、CHINREISHAを訪日観光客に解放すべきである [■英霊・靖国]

閉じる

【谷山雄二朗のばかモン英語塾】(47) 靖国神社は、CHINREISHAを訪日観光客に解放すべきである

谷山雄二朗氏

 

 1965年、筑波藤麿・靖国神社宮司は「鎮霊社」を拝殿の左奥に建立した。米軍の準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は“Chinreisha is dedicated to the American,British,Chinese, Korean and Southeast Asian war dead from the Pacific War”と記している。

 さきの大戦で亡くなった米、英、中国の将兵と朝鮮人、および東南アジアの戦没者すべてを慰霊する場所、との意だ。

 私は靖国にはこれまで幾度となく参拝してきたが、この鎮霊社には一度も足を運んだことがない。そもそも、安倍晋三首相が2014年12月26日に参拝するまで、その存在さえ知らなかった。世界平和を祈念すべく筑波宮司が建てたこの社を、なぜ靖国神社がもっと大々的にアッピールしないのか不思議でならない。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ■英霊・靖国 ブログトップ