So-net無料ブログ作成
②世界の実態 ブログトップ
前の10件 | -

「最後の戦い」 に向かう香港市民、警察は「散弾銃」で鎮圧 [②世界の実態]

logo
写真:ロイター/アフロ

 

 香港情勢が急を告げている。中国への犯罪者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正に反対する6月9日のデモは、香港返還後最大の103万人(主催者発表)に達した。しかし、香港政府と親北京派が多数を握る立法会(議会)は審議を逆に早めると表明。これに不満を持った数万人の群衆がデモ終了後に立法会のあるアドミラルティ(金鐘)やビジネス中心部のセントラル(中環)を人の波で封鎖し、立法会の審議阻止を目指した。これに対し、香港警察は11日午後から夜にかけて、殺傷力を落とした実弾相当の銃器を使うなどの激しい実力行使でデモ隊の強行排除を行なった。

悲壮な決意を表明する若者たち

 香港の若者たちは「香港を守るための最後の戦い」「自分たちの屍を乗り越えてほしい」など、悲壮な決意をメディアやSNSで表明しながら、警察に立ち向かっていった。

 >>続きを読む


タグ:香港
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「トロフィー踏みつけ事件」で露呈した韓国の「現状」 [②世界の実態]

logo
問題となったシーン(Osports Photos/AFLO)

 

 中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ2019での韓国選手の行為が物議を醸し、韓-日-中で大きな話題となった。大会に参加した韓国代表U-18(18歳以下)チームが決勝戦で中国を3-0で下し優勝を果たしたところまではよかったのだが、その後韓国選手一人が、優勝カップの上に足を載せ、トロフィーを踏みつけるかのようなポーズで記念撮影を撮ったのだ。

 この写真がマスコミに報じられると、中国内から大きな批判と反発が起き、反韓感情が拡大化する事態に発展した。事の深刻さに気づいた韓国選手団と韓国サッカー協会は慌てて謝罪、同時に問題を起こした選手を懲戒処分とすると発表したが、中国側の怒りは収まらず主催側は優勝を剥奪、トロフィーを回収するという厳しい処分を下した。

 この事件については韓国内でも選手たちの愚行を叱咤する声がほとんどで、

 「国際的に恥をかいた」
 「マナーやスポーツマンシップの教育が欠如している」

 という批判が相次いだ。韓国人の目にもマナーとリスペクトが欠けている行動に映ったのだ。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:韓国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国の反日左翼が狙う「南北統一の金ヅルは日本」 [②世界の実態]

JBPress

韓国の反日左翼が狙う「南北統一の金ヅルは日本」

慰安婦も徴用工も、左翼がカネと権力を握るための道具に過ぎない

2019.5.8(水) 赤石 晋一郎
2018年9月、国連総会に合わせてニューヨークで実施された日韓首脳会談の際の安倍晋三首相と文在寅大統領。6月には大阪でG20が開かれるが、文大統領が望む日韓首脳会談は「見送り」との観測がもっぱらだ(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

(赤石晋一郎:ジャーナリスト)

 近年の韓国政権が保守・進歩(革新)に限らず、反日行動を国民の人気取りの道具として利用してきたことはよく知られている。

 だが、文在寅政権の反日行動は、よりドメスティックで政治的な意味を持った戦略なのだ。本稿では文在寅政権下で繰り広げられている反日活動、その真の狙いについて探ってみたい。

「国辱の日」を選んで開設された植民地歴史博物館

 朴槿恵が大統領府を追われた2017年、大統領選挙を経て文在寅が新大統領に任命された。政権交代から1年後の2018年8月29日。ソウル市龍山区に「植民地歴史博物館」という施設がオープンしている。

 この新たな反日活動の牙城となっている施設について、韓国メディア記者が解説する。

文在寅政権発足の翌年、韓国にオープンした植民地歴史博物館(筆者撮影)

「植民地歴史博物館は民族問題研究所という市民団体が中心となって設立されました。この民族問題研究所は韓国の左派政権と関係が深く、盧武鉉政権時代には多額の国費補助を受けたとされ、現在の文在寅政権と深いつながりがある。植民地歴史博物館の設立にも現政権のバックアップがあったと囁かれています」

>>続きを読む

?

?


タグ:南北統一
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

韓国財界&芸能界に広がる“薬物汚染” 今度は「ミルク姫」逮捕 背景に「やりたい放題」の特権層…性接待の闇も [②世界の実態]

韓国財界&芸能界に広がる“薬物汚染” 今度は「ミルク姫」逮捕 背景に「やりたい放題」の特権層…性接待の闇も

疑惑を否定したパク・ユチョン=10日、ソウル市内(共同)
疑惑を否定したパク・ユチョン=10日、ソウル市内(共同)

 

 韓国の財閥一族の不祥事といえば、大韓航空の「ナッツ姫」が有名だが、今度は「ミルク姫」が麻薬事件で逮捕され、元交際相手の男性アイドルグループメンバーの名前も浮上して騒動が拡大している。財閥3世や芸能人の薬物事案が相次ぐ背景には、韓国の「特権層」の癒着の構図があるという。

 朝鮮日報(日本語版)などによると、麻薬使用の疑いで逮捕されたのは、韓国大手食品メーカー「南陽(ナムヤン)乳業」の創業者の孫娘、ファン・ハナ容疑者(31)。ファン容疑者は、人気ブロガーでSNSでも積極的に発信していることで知られる。

 今月に入って、財閥「SK」グループ創業者の30代の孫が麻薬使用の疑いで逮捕されたほか、「現代(ヒュンダイ)」グループ創業者の20代の孫も麻薬使用の容疑で捜査を受けているとも韓国メディアは報じた。

 

 

>>続きを読む



タグ:韓国
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

★韓国が「盗撮大国」に 日本人旅行者もホテル、トイレに注意 [②世界の実態]

韓国が「盗撮大国」に 日本人旅行者もホテル、トイレに注意

提供:NEWSポストセブン 
警察に出頭するK-POP歌手のチョン・ジュニョン(Sipa USA/時事通信フォト)
警察に出頭するK-POP歌手のチョン・ジュニョン(Sipa USA/時事通信フォト)

 

 10連休となる今年のゴールデンウイーク。久しぶりに国外で過ごすという人は多いだろう。数日程度の手軽な海外旅行先として、韓国の人気は引き続き高い。ところが現地では、女性をターゲットにした卑劣な犯罪が横行し、摘発が相次いでいる。ソウル在住のジャーナリスト・藤原修平氏が報告する。

 * * *

 このひと月ほど、あるニュースが韓国で連日報じられている日本にも進出しているK-POP歌手のチョン・ジュニョンが女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し、SNSのグループチャットを通じて友人と共有していた事件だ。しかも、チャットのメンバーは「人気グループBIGBANGの元メンバーV.I.ことスンリ」や、「実力派シンガーソングライターとして昨年末に日本進出したばかりのロイ・キム」など、今を時めく男性歌手ばかり。彼らの多くが立件されて芸能界引退に追い込まれている。

>>続きを読む

 

 

 


タグ:盗撮大国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【赤化韓国】韓国“反日洗脳”の実態! 人気タレントがテレビで「日本は敵だ!」 聴衆も納得して盛り上がる異様 [②世界の実態]

【赤化韓国】韓国“反日洗脳”の実態! 人気タレントがテレビで「日本は敵だ!」 聴衆も納得して盛り上がる異様

文大統領(写真)は「朝鮮半島の赤化統一」を狙い、文議長は日本の皇室侮辱を連発している(AP)
文大統領(写真)は「朝鮮半島の赤化統一」を狙い、文議長は日本の皇室侮辱を連発している(AP)

★(1)

 韓国の「亡国の暴走」が続いている。ドナルド・トランプ米大統領と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による首脳会談を11日に控えながら、「日米韓の連携」を壊しかねない「反日」姿勢を崩さないのだ。国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」を放置し、海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射は謝罪もせず、いわゆる「元徴用工」の異常判決では国際法を無視して、日本企業相手に次々と追加訴訟を起こしている。常軌を逸した文韓国について、朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏が集中連載「赤化韓国」で迫った。

 3月16日夜、筆者(松木)はソウルのホテル自室のテレビを見て驚いた。公共放送KBS第2のトーク番組で、元高麗大学教授の金容沃(キム・ヨンオク)氏が20代の若者相手に「日本人は口先では謙遜するが、本当は世界征服の野望を持っている」「朝鮮半島が統一国家となった後で、最も恐ろしい敵は日本だ!」と熱弁を振るっていたのだ

 

 

>>続きを読む



タグ:赤化韓国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

香港大富豪の「中国撤退」がついに終盤戦へ [②世界の実態]

logo
2018年3月に引退を表明した香港の大富豪・李嘉誠氏(写真:AP/アフロ

 

国撤退、逃げ遅れた外資企業の苦悩

 李嘉誠氏の中国撤退は終盤に差し掛かった。

 香港最大のコングロマリット長江和記実業(CKハチソンホールディングス)元会長、世界28位の富豪(2019年3月フォーブス発表)李嘉誠氏の中国資産(香港を含む)が総額ベースで1割に縮小し、欧州資産は5割を超えた。李氏は過去6年にわたって段階的に撤退し、中国からフェードアウトしたのである。3月25日付けの台湾・自由時報が、ハチソン社が発表した2018年度の同社財務報告を引用し報道した。

 ハチソン社の総資産額は2018年末現在、1兆2322.44億香港ドル。そのうち香港を含む中国資産は1424.38億香港ドル、総資産額の11.55%を占め、2015年末の19.21%からほぼ半減した。これに対して欧州資産が2018年末現在、6736.9億香港ドル、総資産額の54.67%を占め、欧州が同社のメイン投資先になった。

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

異常な北朝鮮融和策で国際的に孤立していく韓国 [②世界の実態]

JBPress

異常な北朝鮮融和策で国際的に孤立していく韓国

米国も国連も、北朝鮮の非核化を阻害する文政権に非難集中

2019.3.20(水) 古森 義久
韓国大統領、「日本政府はもっと謙虚な態度取るべき」

韓国大統領府(青瓦台)で記者会見を行う文在寅(ムン・ジェイン)大統領(2019年1月10日撮影、資料写真)。(c)Jung Yeon-je / POOL / AFP〔AFPBB News

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、米国政府と国連の両方から非難された。いずれも北朝鮮に対する融和的な言動が北朝鮮の非核化を阻害し、世界に良からぬ結果を招いているとする非難である。国際社会の常識から見ても文在寅大統領の思考や政策が尋常ではないという現実の反映だとも言えよう。

北朝鮮への批判を抑えるよう圧力

 北朝鮮の完全非核化を推進する米国トランプ政権にとって、文在寅大統領の言動はますます障害とみなされるようになってきた。非核化よりも北朝鮮との融和や交流を優先させる傾向が顕著だからだ。

 ベトナム・ハノイでの第2回米朝首脳会談はもの別れに終わった。その直後に、トランプ大統領は文大統領に電話をして、仲介者としてもっと積極的な役割を果たしてほしいと訴えた。文政権への不満がそれだけつもり重なっていたということだろう。

 トランプ政権の文大統領に対する不信は、3月14日に公表された国務省の「世界各国の人権報告書」でも明確に表明された。

 同報告書は韓国の人権問題として以下の諸点を挙げていた。

>>続きを読む

?


タグ:韓国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【新・悪韓論】初めからウソの“韓数字” 体感消費者物価と公式数字に猛烈な差 [②世界の実態]

【新・悪韓論】初めからウソの“韓数字” 体感消費者物価と公式数字に猛烈な差

文在寅大統領(聯合=共同)
文在寅大統領(聯合=共同)

 

 

 韓国の政権は、昔から平然とウソをついてきた。

 朴正煕(パク・チョンヒ)政権が国際通貨基金(IMF)から資金融通を受けるに際して、「IMFすら資金を提供してくれるほど、韓国の信用力は向上した」と述べたのは、その最たる事例だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権も経済に関してウソを吹きまくっている。

 「2018年の経済成長率は、韓国が経済協力開発機構(OECD)でトップだった」とは、よくも平然として言えたものだ。

 18年の成長率は2・7%だった。それがOECDトップとは。OECD加盟36カ国の中で、まだ4カ国しか18年値を集計発表していない時点で、オーストラリアと同率のトップということだった。

 同じような手法は昔から取られてきた

>>続きを読む

 

 

 

 

 


タグ:新・悪韓論
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「文政権は南北統一しか考えていない。韓国の反日は野放図に続く」 元外務官僚の自民・松川るい氏に直撃 [②世界の実態]

 

韓国に毅然とした姿勢を見せる松川るい氏
韓国に毅然とした姿勢を見せる松川るい氏

 元外務官僚で、自民党の松川るい参院議員が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。日本統治に抵抗して起きた「三・一運動」から100周年を迎えた韓国や、ドナルド・トランプ米大統領が、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「見せかけの非核化」姿勢を見抜いて「決裂」した米朝首脳会談などについて、独自の分析を披露した。

 「文在寅(ムン・ジェイン)政権は南北統一しか考えていない政権だ。日本に対する関心も、配慮もない。政府レベルではそれほど関わるべきではない。約束をしても、いずれ破られる。この政権である以上、『反日』は野放図に続くでしょう」

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:文政権
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ②世界の実態 ブログトップ