So-net無料ブログ作成
■日本流を考える ブログトップ
前の10件 | -

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力(7) [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力(7)

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力 7 正成に殉じた西郷の生涯
日本初の陸軍大将の制服姿の西郷隆盛像。西郷の尊王意識を象徴している=鹿児島市城山町
 ■正成に殉じた西郷の生涯
 西郷南洲顕彰館(鹿児島市)の元館長、高●(たかやなぎ)毅氏は約10年前、西郷隆盛の漢詩『湊川感懐』の墨蹟(ぼくせき)を見つけ、ネットオークションで競り落とした。西郷の直筆で、積年の疑問に答えをくれる漢詩だと直感したので、競り値が65万円近くになってもポケットマネーをつぎ込んで、競売から下りなかった。
 『湊川感懐』は、西郷が楠木正成(くすのき・まさしげ)に自らを重ね、詠んだ漢詩だ。朝廷にはびこる俗臣たちを嘆く内容も含まれているので、西郷が明治の維新政府に失望して下野した後の明治7(1874)年ごろの作品である。
 〈王家萋棘古猶今 遺恨千秋湊水潯 願化青蛍生墓畔 追随香骨快吾心〉
>>続きを読む

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力(6) [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力(6)

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第3章 維新回天の原動力 ●(=■6)「周旋家」 湊川神社創建に尽力
伊藤博文が寄進した石灯籠(左)。台座に載せられ、他の灯籠より高い =神戸市中央区の湊川神社(恵守乾撮影)
 ■「周旋家」 湊川神社創建に尽力
 台座も合わせると、高さが3メートルほどもある。楠木正成(くすのき・まさしげ)を主祭神とする湊川神社(神戸市中央区)の境内の一角にあるのは、正成を崇敬した初代総理大臣・伊藤博文が明治時代に寄進した石灯籠だ。長州藩出身で初代兵庫県知事も務めた伊藤は、同神社の創建に最も尽力した「志士」である。
 「神社の創建に一番大きく関わった人物。伊藤博文がいなければ、神社は今のような形になっていなかったかもしれない」
 同神社の垣田宗彦宮司はそう語る。明治天皇が正成を祭る同神社の創建を命じたのは、明治への改元を控えた慶応4(1868)年4月21日。「創祀御沙汰(そうしごさた)」は最大限の賛辞とも呼べる表現で、理由を以下のように記す。
>>続きを読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(12 [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(12

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの●(=■12)「非理法権天」が意味するもの
正成を祭る湊川神社にある「非理法権天」の旗=神戸市中央区(沢野貴信撮影)
 ■「非理法権天」が意味するもの
 楠木正成(くすのき・まさしげ)といえば、「七生報国(しちしょうほうこく)(7度生まれ変わっても国に尽くす)」や家紋である「菊水」といった言葉が思い浮かぶ。その一つに「非理(ひり)法権天(ほうけんてん)」がある。「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」として、天道(至上万能の神)に従って行動すべきだと説く言葉である。
 忠臣・正成を象徴する言葉として語り継がれているが、正成の活躍を描いた『太平記』や『梅松(ばいしょう)論』には、正成が「非理法権天」の旗印を押し立てて戦場を駆け巡ったという記述はない
>>続きを読む

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(11) [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(11)

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの●(=■11)
楠木正成が通ったとされる矢伏観音。正成の強運を今に伝える=大阪府河内長野市(恵守乾撮影)
 ■もの言う良将「尊氏と和睦を」
 「忠臣」「義の人」と評される楠木正成(くすのきまさしげ)のもう一つの特徴は、無位無官の地方武士から後醍醐(ごだいご)天皇の信任を得るまでの立身を可能にした献策能力と肝の太さである。それは天皇との初対面、元弘元(1331)年8月に臨幸先の笠置寺(かさぎでら)(京都府笠置町)での発言に、すでに見られる。『太平記』によると、天皇の夢のお告げで召された正成は席上、鎌倉幕府打倒について問われ、こう答えた。
 「これ(幕府軍)欺(あざむ)くに安(やす)うして、懼(おそ)るるに足らざる処なり。合戦の習ひにて候へば、一旦(いったん)の勝負は、必ずしも御覧ぜらるべからず。正成未だ生きてありと聞こし召し候はば、聖運(せいうん)はつひに開かるべしと思(おぼ)し召し候(そうら)へ
>>続きを読む

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(10) [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(10)

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(10)感謝か教養か 忠義はどこから
観心寺の中院。正成が精神と思想を養った=大阪府河内長野市(恵守乾撮影)
 ■感謝か教養か 忠義はどこから
 敵にも温かみのある博愛精神以上に楠木正成(くすのき・まさしげ)、正行(まさつら)父子を評する言葉として使われるのは忠義、忠臣である。正成が生まれた鎌倉時代の武士の行動原理は「御恩と奉公」。所領の安堵(あんど)などの御恩を与えてくれる頼りがいのある主人のために命がけで戦う、奉公するのが武士だった。その時代にあって、主人たる実力を持たない後醍醐天皇のために立ち上がり、終生裏切らなかった楠木父子の行動を支えたものは何だろうか。
 帝塚山大の花田卓司准教授は、正成らの時代は、代々主君に仕えた家柄以外の家来には「主君を選ぶ自由があった時代」という。代表的な例は「婆娑羅(ばさら)三傑」の佐々木道誉(どうよ)。鎌倉幕府の執権、北条高時に仕えていたが、足利尊氏についたと思えば南朝に走り、さらに寝返るなどして室町2代将軍の足利義詮(よしあきら)、3代将軍の義満の時代まで政治の黒幕として活躍した。
>>続きを読む

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(9)赤十字の理念とも重なり [■日本流を考える]

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第2章 時代の先駆者が伝えるもの(9)赤十字の理念とも重なり

【日本人の心 楠木正成を読み解く】●(=■9) 赤十字の理念とも重なり
川で溺れる敵兵を救出する楠木正行が描かれた絵はがき。基になった絵は戦前に焼失している(日本赤十字看護大所蔵)
 平成3年のNHK大河ドラマ「太平記」で、楠木正成(くすのき・まさしげ)を演じた武田鉄矢さんは当時、雑誌のインタビューで正成の魅力を次のように語っている。
 「家族や部下を大切にした男でもあったらしいね。それどころか、敵をも立派な塚をつくってねんごろに弔っている。戦でも攻めてくる者には攻撃するけど、逃げる者までは、追って殺すようなマネは決してしなかった。逃がしてやった」(『ザ・ビッグマン』同年6月号)
 武田さんの言う通り、正成の本拠地だった大阪府千早赤阪村の共同墓地の中央に、「寄手塚(よせてづか)」と呼ばれる五輪塔が残っている。正成が赤坂や千早の合戦の後、鎌倉幕府勢の戦死者を憐(あわ)れんで建てたと伝わる。
>>続きを読む

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【一服どうぞ】日本人らしさに目覚めて 裏千家前家元・千玄室 [■日本流を考える]

【一服どうぞ】日本人らしさに目覚めて 裏千家前家元・千玄室

 元号が改められ、新しい御代(みよ)となりましたこと、誠におめでたいことであります。
 新元号「令和」の由来については、万葉集巻五「梅花歌三十二首」の題詞「于時初春令月氣淑風和」をもとにしている。大伴旅人が大宰帥(だざいのそち)のとき、梅花の宴で著した歌の序文の一部でこれに依(よ)るとのこと。典拠が確認されている元号の中では、初めての国書からのものである。
 これに対し、外務省が「ビューティフル ハーモニー」との訳を発表している。今までにはなかったことであろう。各国の報道で「令」を命令(オーダー)との認識が多くみられたためと聞く。ともあれ、初めて国書からとはうれしいことだ。
>>続きを読む

タグ:一服どうぞ
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ■日本流を考える ブログトップ