So-net無料ブログ作成
◆記事を読んで・・・ ブログトップ
前の10件 | -

★*国家防衛意識の欠如が世界のテロを招く・・・ [◆記事を読んで・・・]


記事を読んで・・・

環境テロリスト 日本に続々上陸中(前篇)活動家にとって天国の日本

2012年03月27日(Tue) 佐々木正明

 2月24日、都内の日本外国特派員協会で行われた記者会見。ソバージュ風の長髪男性が厳しい表情をして、集まった各国メディアの東京特派員に訴えた。

 「ロシアの作家、ドストエフスキーはもしその国の文明度を見たかったら、刑務所に行ってみろと言った。私は60日間、寒くて、不十分な食事しか与えられない和歌山県の拘置所で閉じ込められた。全ての環境が残酷だった。もしこれを変えなければ、日本は真の民主主義国家とは言えない」

>>続きを読む

 

環境テロリスト 日本に続々上陸中(後篇)活動家にとって天国の日本

2012年03月28日(Wed) 佐々木正明

 1月、オーストラリア沖で日本船に乗り込んできた男の右腕に彫られていた「モンキーレンチ」の入れ墨は、過激環境保護運動のシンボルだった。これは、1975年に米国人作家エドワード・アビーが記したベストセラー小説「The Monkey Wrench Gang」に由来する。
 この小説には、米南西部に残された広大な自然環境を業者の開発から守るために、工事現場の建設機械をぶちこわし、巨大ダムの破壊をももくろむ4人組の戦いが描かれている。

>>記事を読む

 

*国家防衛意識の欠如が世界のテロを招く・・・

 

武器使用のみがテロに非ず、武器紛争のみが戦争に非ずだろう

これも、人権、平等、権利なのか?

 

 日本は日本の文化を無視した、米国流の恣意的敗戦国統治憲法に未だ呪縛されているのだ。国家の規範で何が最も大事なのものは何なのだろうか?

それは国家の精神、歴史、文化ではないのか?

 

現憲法は須くこれらを無視した憲法なのに国民の大多数はこれを理解していない、教育されていないのだ、しかも恣意的に今日に至っても・・・・

 

 しかも、交戦禁止なのだ、専守防衛で攻撃を防げる訳がない。

実効性のない憲法を後生大事に奉っているのだ。

これには明確な理由があるのだが、今回は抜きにしたい。

国防も出来ない、日本の精神、文化も意図されていない憲法、

これは何を意味するのか、

不足の事態に日本国民の生活を守れないと言うことではないのだろうか

 

 朝鮮戦争、米ソの冷戦、ソ連の崩壊、バブルが弾け四半世紀

おまけに世界不況、おまけにかっての超後進国の台頭、核兵器の保持と世界情勢も一変した。

想定外の大震災も日本を襲った。

 

こらからの問題は恐らく、これまでとは違う、戦後の日本が未経験の問題が次々と襲うだろう。この環境テロの問題もそうだろう、不足の事態が頻発に起きる。

 

 やっかいものは、世界中でやっかいものだ、

だんだん行き場を失えば、必然的に住み易く安全な場所を求めるだろう。

それが日本だ、類は友を呼ぶ、放っておけば世界中から同類項が集まってくるのは間違いない。

 

これが、歴史的に侵略も受けず、従って奴隷制度も経験しない国の弱点なのだ。

排斥出来ない、これが和を重んじてきた日本の生活文化だろう。

事が起こるまでは何も出来ないのだ、起こったときは手遅れなのに・・

 

他国ではまず、これはない、妙な動きがあれば即たたき出される。

米国で大陸、半島人が如何におとなしいかを見れば一目瞭然、

自分のシマ内以外では何も言えない、国に対してなどモチロン論外だ。

可能なのはロビー活動のみ

 

 かくして、国防が憲法に明示されず、当然教育もない、報道もない、誰も語らない

戦後67年で認識の希薄さは頂点に達しているだろう。

 

平和ボケ、極楽トンボの由縁はここにある、

なるべきしてなった、仕向けられたの方が正解だろう、

が、それを誰も疑問に感じない、実に巧みな方法だった。

 

戦前を考えると戸締りも必要無かったほどの国なのだ。

もともと国内に敵はいなかったのだから、外敵意識を除けば簡単なものだろう・・・

 

 政治が動くのと、テロの速度とどちらが早いのか?

日本の現状の体制では、まず、手遅れは間違いない。

国土防衛で一大手術を出来る日はいつ訪れるのか?、

その日まで日本人の心は休まる事はないだろう。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★**日本の伝統文化も米国流に飲み込まれたのか? [◆記事を読んで・・・]


記事を読んで

【話の肖像画】家元は24歳(上)小原流家元・小原宏貴 家元というものはタフでないと2012.3.27 03:15 1/3ページ)[話の肖像画

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120327/art12032703170001-n1.htm

 

 

 

 6歳で生け花の一大流派、小原流の5世家元を継承した小原宏貴さん。期待を一身に集めながら成長、大学を卒業した一昨年から本格的に活動している。かつて花嫁修業に欠かせなかった生け花も、取り巻く環境は厳しい。だが「実際に見てもらえれば興味をもってもらえるはず」と神戸、東京、パリ、ニューヨークと飛び回る。今月末からは東京で初の個展も開催。青年家元の挑戦は始まったばかりだ。(岸本佳子)(一部抜粋)

 

**日本の伝統文化も米国流に飲み込まれたのか?

 

 この記事を読んでと言うより写真を見て、唖然としたヘアスタイルだ、

今流と言えばそうなのかもしれないが、この方が名家の伝統継承者だと思うと寂しい感じがする。

既に伝統も技だけになっているのか?

これが果たして伝統と言えるのだろうか?

伝統とは心技体が備わったものではないのか?

 

それとも生け花は武道、茶道などとは違うのだろうか・・・そのあたりは素人にはよくは解らない。

自由、権利、個人尊重が戦後の流行りとは言え、伝統文化の最高峰さえ、米国流は防げなかったのか・・・・

 

 伝統とは技は磨かれ、進歩して然るべきだろうが、心・体はどうなのだろう

形精神は寸部違わぬのが伝統ではあるまいか?

恐らく戦後、廃れた伝統文化、流派は数知れずだろうと推測する。

 

それは当然と言えば当然の結果とも言える。

戦後の米国流文化の大量移入、敗戦国なのだから止むをなかっただろうが、

サンフランシスコ条約の後、一応は米国の統治下からの独立、俗にいう日本国の独立だ。

 

しかし、この後も米国追随は止まらない。

最大の理由は日米安保同盟による米軍日本駐留の承諾だろう。

これで日本は国家自主権と自主防衛件を失ったのだ。

GHQ制定憲法を配して、真の自主独立憲法を制定しなかった理由はここにあるのだろうと思う。

当時の政治家は誠に迂闊であった、と言うより意図的なものだったのかの疑念が残る。

 

 日本人の生活は一変した、生活様式、習慣、考え方、制度、教育・・・全てではないが大半だろう、伝統文化が廃れた理由はここにある

 

この変化で日本人が必要性を感じなくなった。損得、利便の考え方だ。

日本人の情緒も希薄になったことだろう。

日本人の感性が求めなくなったのだ、日本の伝統文化を・・・、残念ながらそう思う、

そして、それは益々顕著になりつつあるのだろう。

が、若い国民にその意識はないだろう、生活の大半がそうなのだから、比べる術はあまりない

 

以前は日本人(国民)から求めて集まった、

しかし、ここ数十年は集める術が必要なってしまった。いわゆる宣伝だ。

米国流文化は全てが金に通じると言うところだろう。

伝統流も経営、宣伝、募集、そして利益のでないものはどんどん消えて行った事だろう。

生き残ったものも形を変えた、変えざるをえなくなてしまったのではないか。

 

国が保護したのは、ほんの一部のみ、日本の伝統文化、大和魂の消滅

これがGHQの一番の目的だったのではなかろうか?、

しかも、その政策は一部の日本人に受継がれ一大勢力をなした輩が、未だ続行している日本の現実。

不思議の国ジパングと言う他ない。

 

  日本人の生活様式の変化、即ち価値観の変化、精神文化から物質文化への自然移行、

戦後の政治家と財界人が先導し、識者は理論支援、マスコミは報道支援、その結果が今日の日本だろう。

 

戦時中、その前から日本人の誰かが米国と繋がっていた、

そう考えないと戦後67年今なお続くこの現象は説明がつかないのではないのか?

戦争も合わせ71年、大和魂消滅の100年の計なのか?

そうでも考えないと、納得が行かない現状の日本。

更なる米国流、再移入のグローバル化推進者多数の日本

 

もう本来の日本、大和魂は死に絶えるのか、絶えさされるのか?

日本歴史上の分水嶺に立たされている現在の日本国民、

米国流を選ぶのか、大和魂を呼び戻すのか?

数年後にその答へは出るだろう。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

*日本は一体どうなってしまったのだろう・・・ [◆記事を読んで・・・]

記事を読んで・・・

大川小校長、退職へ 対策不備で批判が集中 2012

2012.3.23 22:01[東日本大震災

 

大川小学校の柏葉照幸校長

 

 東日本大震災で児童・教職員84人が死亡、行方不明となった宮城県石巻市の大川小学校の柏葉照幸校長(58)が31日付で依願退職することが23日、分かった。宮城県教育委員会が明らかにした。

 柏葉校長は震災当日、休みを取っており不在だった。地震後、大川小の危機管理マニュアルの不備や、学校で災害時の訓練をしなかったことに遺族から批判が集中。今年1月の遺族説明会で「校長としての責任感がなく私の怠慢だった。申し訳ございません」と謝罪していた。

 

 

*日本は一体どうなってしまったのだろう・・・

*この問題はどうなんだろうか?

 

 この校長が全て悪いのだろうか私的にはどうもそうは思えない

「地震後、大川小の危機管理マニュアルの不備や、学校で災害時の訓練をしなかったことに遺族から批判が集中。」

これは当然だろうと思うが、果たして、震災前にそのことを誰か指摘はされたのだろうか・・・

 

政府でさえも、想定外で逃げを打つ状況だ、

すべて学校側の責任にするには酷な気がする。

結果を見れば誰でも言える、裏山に避難が必要だったと、昨日の記事に書いてあったと思うが、それも結果ならではの発言だろう・・もし、裏山も完全に浸かっていいたらどうなるのだろうか?

 

子供亡くした、心情は察して余りあるものがあると思いますが、果たして一方的に学校側に非があったのかは疑問に感ずる。

非が全面的に学校にあれば、必然的に政府にも責任が掛かってくるだろう。

あまりにも遅い政府の復旧、復興対応は、被災者の悲しみ、憎しみを増長しているに違いない。

 

この民主政権、あまりにも酷い、度を越している

政治家はよく平気な顔で、増税云々と燥げるものだ。

人非人政府と言われても然るべきだろう。

 

が野党の姿勢も余りにもだらしないし、マスコミがそれに輪をかけてお粗末なのだ。

一体、日本はどうなってしまったのか、

政府が無能、無策と判っても手立ては本当にないのだろうか?

不信感は募る一方だ。

 

 ふと、思うのだが、この震災が明治の時代の出来事だったら、どうだったのだろうか?。

時代の進歩?で人の考え方も、気持ちも、すべての方法が変わっている。

日本の共生、協同、慈悲、恩義、「絆」の社会はもう終わっているのかもしれない

元日本駐在の外国人記者の言葉が強く耳に響いてくる。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関電に大阪府市がテロ対策の質問状 2012 [◆記事を読んで・・・]


記事を読んで・・・

関電に大阪府市がテロ対策の質問状 2012

2012.3.18 22:12

 

大阪市役所で開かれたエネルギー戦略会議=18日

 

 大阪府と大阪市の府市統合本部は18日のエネルギー戦略会議で、関西電力に対し、原発の安全評価(ストレステスト)の対象外となるテロや台風への対策を問う質問状を提出する方針を決めた。
  発案した有識者は「ストレステストだけで原発の安全性が断言できるわけはない」と強調。詳細な質問項目を協議した上で提出する。

 

 

日本は既に狙われている。

 この記事を見て思わず笑ってしまった、

その理由はテロ対策を関電に質問することだ。

おかしいと思われませんか?

この識者テロの意味をどう理解しているのか、一民間企業が防衛出来るとでも思っているのだろうか?

 

 当然、国防の何たるかを解していないと思われる

国防が判っていれば、当然質問は政府へ行く筈だ。

大阪でこんな状況だと、他の自治体はどうなんだろう

実際テロの侵攻があれば一たまりもない。

福島の比ではすまないだろう、事故はなくとも占拠でもされれば、政府・国民は彼等の言いなりだろう、ドラマのような話しが現実となる。

今の国民、実際にこの認識を持っているのだろうか?相変わらず無関心なのか。

 

具体例は、既に何十年も前に拉致が起きている現実

この事を、考えれば原発テロなどその気になれば容易いものだろう。

 米国が弱体化すれば危険度は更に上がる、もう一つの懸念は中国の宇宙開発だ、狙いは米国並みのミサイル誘導システムらしい。

 

後は宇宙空間からの攻撃兵器だろう・・・

もし、これらのシステムが完成すれば、中国は更に強行にになる。

逃れる道は内紛、内乱で共産党が倒れることしかないだろう。

 

 それともう一つ、中国の国防動員法と言うのを知っているのだろうか?

危険極まりないこの中国の法律、国民のどれほどが理解しているのだろうか?

在日の中国人が一瞬にして中国軍民兵に早代わりなのだ、

退役軍人も多数いるらしい、

発令と同時に日本国内で破壊工作、テロ、争乱、スパイ活動を開始する。

現状の日本ならやりたい放題だろう、その時はモチロン素手では無いだろう。

 

 既に中国の行動は開始されている・・・

平和的で友好的な近隣諸国は最初からいなかったのだ。

虎視眈々、自力をつけ、機会が来るのを待っていただけの様だ。

極楽トンボ、平和ボケ、瞑想平和主義と言われても仕方のないところだろう。

更に詳しくは以下をご参照下さい。

中国人観光ビザ緩和(国防動員法)の正体

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

*異文化、異宗教民族の共存がいかに困難かの現実 2012 [◆記事を読んで・・・]

記事を読んで思うこと  2012

米軍人2人射殺 タリバン「コーラン焼却の報復」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120225/asi12022522040004-n1.htm

 

*異文化、異宗教民族の共存がいかに困難かの現実

 

 日本は単一民族で

 厳密にはそうでないとか、煩いのはいるが

 2600年国の血筋は同じ。

 

 軽い感覚で移民とか外国人労働者とかいているが

 失礼だが、外国人でもかなりの教養が必要だ

 でないと、日本人が平穏に暮らせない

 

 東京、大阪など一部の地区を見れば一目瞭然

 そこには、遊興以外ではとても踏み込め無い

 町は汚れ、騒然とし・・・文化の違いとはこう言う事なのだ

 これが拡大すると言うのが移民政策。

 

 結局外国人に土地の何時部を提供することになる

 言葉も違う、生活様式も違う

 お人よしの日本人はどんどん片隅に追いやれれて行く

 

 気がついた時には、既に遅し

 今の政権はこんな馬鹿な事をやろうとしている、

 外国人参政権と併用しての票稼ぎ

 日本人からの票は集まらないのは既に承知。

 お分かりでしょうか?


タグ:異文化共生
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★*戦後の教育は国家観と国防と日本の歴史を教えていない。2012 [◆記事を読んで・・・]

自民党改憲原案 国家観を競い合う契機に

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120303/plc12030303260000-n1.htm

 

*戦後の教育は国家観と国防と日本の歴史を教えていない。2012

 

 それは、占領下のGHQの日本弱体化政策による

 それに加担、協力したのが戦後左翼、その前は(アカ)なのだ。

 最近は大人になっても、昭和史を正当に教えないから

 知らない人間が多い

 

 大体、国歌を歌い、日の丸を立てると右翼?

 愛国心があると言えば。戦争好き、軍国主義となる。

 反対する人間は愛国心が無いのか?

 

 では、何故日本にいるのだ?何のために?

 今より良い国・・・戦後左翼が語ったことは無い。

 只、日本を一生懸命壊してきただけなのだ・・・

 

 その戦後左翼の後継者が日本の各界に多数いるのだ。

 政界、財界、法曹界、教育界、出版会、マスコミ、評論・・云々

 それで日本がややこしい事になっているのが実態だろう。

 左翼、右翼も戦後左翼が作った言葉だ

 

 今の日本人、

 売国行為とは何を指すのか分らぬ国民がいるのではないのか?

 領土(竹島、尖閣、北方四島)、侵犯されても気にもしない。

 特に竹島は不法占拠、方四島は略奪されたことを知っているのか?

 学校では教えない、政治家も言わない、言う度胸がないのだ。

 

 最近の日本人、国はあって当然と思っているらしい。

 中国、半島の歴史は知っているのだろうか?

 どれほど王朝が入れ替わっているか?

 王朝の交代は民族の交代なのだ、これも分らぬ国民がいる。

 

 中国四千年と言うがそれは中国大陸の歴史

 現、中華人民共和国の歴史はたかだか150年

 清王朝を滅ぼして、国を樹立した・・・これも知らない国民がいる。

 

 日本は建国2672年なのだ

 これは当然あったのではない。

 先祖が守り抜いて来たからだ。

 想定外の出来事は災害だけではないだろう

 元寇は何年前だったかな?

 1000年に一度の大津波、

 現代の元寇が無いと言い切れるのか?

 

 日本人はこんな事は考えない、無意識の拒絶。

 起こって欲しくない願望だけだ、相手は何時来るか分らない。

 それが、既に瞑想平和に洗脳されていることだろう・・・

 

 歴史の”もし”は禁物だが

 最近の若い人は、

 敗戦時米国の単独占領でなかったら、どうだったかなどと

 考える人は殆どいないだろう

 

 *北海道がソビエトに占領されていた(米国に原爆が無かったら実現)

 *韓国、北朝鮮のように米国・ソビエトで分割統治

 *戦勝国、米・英・仏・ソ・中の分割統治。

 

 全て、米国に原爆が無ければ可能性大だったの知っているのか?

 日本人の伝統、文化、精神を忘れさせ弱体化させる。

 それが、戦後左翼、GHQの日本人洗脳教育だったのだ。

 

 このネット時代、調べれば、隠された事実が幾らでも出てくる。

 国を守らない住民ばかりになれば、それはもう国ではないだろう

 いつ、消えても不思議はない・・

 と思いませんか?

 

 切がないのでこの辺で・・・・・・


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

与野党が維新にすり寄り 「大阪都構想」めぐり*の記事を読んで、 2012 [◆記事を読んで・・・]


与野党が維新にすり寄り 「大阪都構想」めぐり*の記事を読んで、 2012

 

日本の政治家のだらしの無いこと(でない方もあり)票に釣られ動く。また国民のだらしの無いこと。これが戦後社会、教育が生んだ戦後(新)日本人?だろう。判断基準は自己利益打だけなのか、損得勘定だけなのか?

 

 条も信念もなき政治家の増産、これは小選挙区制の弊害だろう、二者択一、両方愚鈍なら選挙民に打つ手なし。それと国会討議、事前に通告?しかも詳細まで?国民はこれを疑問に思わないのだろうか?、これ事態が既に茶番ではないのか?テーマ通告だけで良いではないか。実に怪しい。

 

 この制度何時から始っているのか?疑問に感じませんか?マスコミの指摘も聞いた事がない。推測するにこれこそが知恵の回る頭脳明晰な官僚様のお仕事ではないかと、この制度にすれば、官僚は政治家と同じ、常に政治の表舞台だ、国家答弁原稿は官僚の重要仕事、

 

裏を返せば既得権益の確保ではないのか?国会答弁原稿は官僚が書く、こんなニュースが公然と当たり前のように流れる国はあるのだろうか?これで国民の政治音痴、民度の低さを推測。戦後からの右肩上がりの好景気が政治は政治家に任しておけば大丈夫の神話誕生、裏では着々と政・官・財の利権構造の構築。

 

 国会の事前通告制がノータリの政治家、大臣を生む?、これがなければ、ノータリンは絶対に大臣にはなれない。大臣待ちとか順送りとか昔よく聞いたがその頃は幼すぎた。これが政治家を堕落させた最大の原因だろうと推測、学習の必要なし、緊張感もなし、注意するのは失言のみ

 

 この制度考案の官僚様に脱帽。この制度を改革しない限り政治家の成長はないと思われる。政治主導とか言った口達者な総理が何も見えていない事がよく解る。それともう一つ、逆質問を許していない、これも実に巧妙・・・野党の反発も計算済み、実に素晴らしいでは有りませんか。

 

 くして政治家の仕事は票集め、支援者も我利益、これで政治がよくなる訳がない。おらが町、おらが団体の先生様はせめて地方議員まで、国会議員の皆様には国家の事を考えて頂きたい。その為には小選挙区制と国会答弁制度はいかにも弊害。

結果の見えない道州制に擦寄る議員はノータリン?・・・・これ私見。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【3・11】仮設住宅の高齢者「やることねえ。生き甲斐ない…」 - [◆記事を読んで・・・]


【3・11】仮設住宅の高齢者「やることねえ。生き甲斐ない…」 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120306/dst12030623480013-n1.htm

 

この記事を読んで感じることは、

日本も齢をとると一人淋しく生息をひきとらねばならぬ社会になったのかと言うこと。

田舎育ちだから都会のことは良く分らないが、

経験で言えば、子供は年寄りの所へ集まったものだ、

父母は野良仕事、又は、父仕事、母、子沢山の食事の準備。

 

子供は家にはいられない、今のように遊ぶ道具も無い、当然のように外へ出た。

そこでお爺さんから色々教わる、玩具の作り方、面白い場所、昔話・・云々である。

誰もお爺さんを侮ったりしない。

誰に教わった訳でもない、ただ道徳の時間が多少有ったような気はする。

本も漫画も少ししかない。

が内容は正義、愛、幸福、善、慈悲、闘魂、が多かった様な・・、

それと昔話、おとぎ話は実に多かった記憶がある。

が、大抵は大人の背中を見て育ってきたのだと思う。

 

 先生は両親よりの上位の感覚、

学校では悪さをすれば、今では大騒ぎの体罰の毎日、

にはビンタを何発貰ったか記憶にも出ないほどですが(これは特異な例)、

多少に関わらず、拳骨、正座、起立、便所掃除・・云々の経験は男子には皆あったろう。

遊びの時は必ず集団で大将がいる、山へ海へチャンバラ、鬼ごっこ、陣取り・・云々、必然的に外での上下関係、礼儀、強弱、協調性、下への思いやり、我慢・忍耐が身についてくる。

歴史、道徳、躾は本(子供本)にもあった。

 

考えるに、今の大人でこの経験があるのは何割位いるのだろうか?

PCゲームの流行はいつからだったのかゴルフのブームは何時頃からだったのか?この頃から変わってきたような気がする、文字通りの個人主義だろう。

教えなくとも身についたものが、身につかなくなってしまった。

何故なのだろうか?では父母はどうなのか?、

父は仕事が全て休みはゴルフ、母はカルチャー教室、テレビのワイドショー、テレビドラマ、子供は部屋にこもってゲーム三昧。

 

教育は受験戦争、学習軸は乱立。

教育の目的は何なのだろうか?、

ちなみに私の頃は塾は算盤、習字ぐらいしかなかった。

田舎の学年150人足らずの高校でも2-3年毎に、京大合格者が1名はいた。

さて、こんな今の社会で子供が大人の背中を見るだろうか

否だろう(地区により格差ありと思う)東北の場合見る子供が多かったのではないかと推測。

 

家で遊びで、学校で生活で学べない、大人としての日本人としての有るべき姿、

祖先の残した日本人のあるべき姿。敬老、礼儀、父母・祖先への感謝、躾、道徳心、恩、儀、慈愛

今有るべき姿が消えてゆく・・・日本のトップ層は気にもしていない。

 

消え行く理由は何なのか?

高度成長、拡大、利益、効率。グローバル化、自由化、今空白の20年。

日本はこれで本当に良かったのか?、

成長の代償は余りにも大きかったとは感じないのだろうか、

省みることも無く・・再挑戦の構えらしい。

 

子供の男性の女性の、お年寄りの生甲斐とは何だろう、

地方の生甲斐とは何だろう、国の生甲斐とは何だろう。

今この時に日本のトップ層は考えるべきではないのだろうか、

国の民の明日が損得だけではない幸福を、感じる事が出来るか否か、

全ては貴方方の掌中にあるのです。

 

 祖先の残した日本が消えている、このまま消してしまうのか?。

残した日本を再生するのか?

今列島にいる日本人は「間違いなく」その選択を迫られている。

考えない、気がつかない、知らない間にそうしてしまう日本人、

断固再生を選ぶのか、果たしてあなたはどちらでしょうか?

時は迫っている



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

教育評論家・石井昌浩 受験生に問われる「学ぶ覚悟」2012/3/4 [◆記事を読んで・・・]


教育評論家・石井昌浩 受験生に問われる「学ぶ覚悟」2012/3/4

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120303/edc12030308000000-n1.htm

の記事を読んで実に驚いた、

 

学校からは随分と遠ざかっているが、これが今の教育界なのか?

たった20年弱でこうもかわるものなのか、

 

と言っても別に教育の専門家でもない、普通の親父だ。

最近の学校では躾、社会常識は教えていないのか?、

学校は単なる学習の場になっているのか、校規に書いていないから法律違反?

 

 普通なら服装の問題は社会常識だろう、民間会社の就職試験を見れば一目瞭然。就職試験は可で入学試験は駄目、東京都教育委員会、が校長を懲戒免職にしたらしい。

 

21人だから親がごねてきたのだろうか、

詳細は書いていないから分らないが、いかにも横暴、そう思われませんか?

これも最近流行の自由、平等、人権、個人尊重なんでしょうか、

教える方の権利はないのか?、私観で言わせて頂くと、もしかして・・・

 

 校長廃除の策謀ではないかの憶測も?

何れにしても、今時の学校、教育目的は何なのか、受験なのか、

高校、大学と進学して何をする、

その意義と将来の目的・方向性教えるのが教育ではないのか、

社会人生活が出来るよう必要な基礎を教えるの学校ではないのか?

今、卒業してどうなのでしょうか、

 

 就職は大会社に集中、就職しても何割かは半年もしない間に退職、

景気の悪いさも有るだろうが就職浪人多数の現状。

しかし、食っていけない人間はどんな仕事でもせざるをえない、

誰が教えるわけでもない、実際昭和40年代は誰もがそうだった、

食べる為に仕事をしなければならなかった。

 

 当時それは社会人としての常識だった、

米国追従、右肩上がりの好景気、拡大、利益、効率、金融投資も絶好調。

給料は倍増、倍増で生活はオール電化、趣味、娯楽も幅広く。

ゆとりと供に流行り始めた自由、平等、人権、個人尊重、こんな事も商売に。

しかし、裏に有るのは格差の拡大、

 

これが欧米資本流の成せる業。

話しが教育とずれ始めたので・・・、

要は教育の目的は何なのか?

どんな法律があるのか良く知らなないが、杓子定規はいかにも変だ、

知恵(応用)をつけるのが教育では無いのでしょうか?

次の防災の教育の件なんですか、これも変、何かおかしい・・そう思われませんか?

 

 個人命を守る為の防災教育、が考えてみて下さい、

その前に守るべきものは有りませんか?

日本の国です、そうでは有りませんか。

戦後の日本の教育に国防が何故かない、

国防とか愛国心、日の丸、君が代、靖国神社とか言うと右翼、戦争好き、軍国主義者と誰かさんがすぐに仰る。

 

 しかし、これは一体誰が宣伝したのか?

何故こんな風潮になったのか、考えたこと、調べたことは有りますか?

流行らせたのは、日本弱体化政策推進の戦後統治のGHQとそれに加担した左翼(当時はアカ)なのです、

Qが反日思想を持つ彼等を利用、行政、教育の重要ポストで仕事をさせた、これが始りのようです。

 

現在の各界に満遍なく流れる左思想はこの影響でしょう、

未だ脈々と引き継がれています。

愛国心の無い日本人TOP層多数の不思議の国ジパングなのです。

 

戦後自民党の政治家が日教組を何故野放しにしたのか疑問。

政治家も国防を語らず、現平和?憲法の影響大、

これも独立憲法をすぐ制定しなかったのか疑問、

米国陰謀説が残るのもこれが理由と推測。

こんな状態で誰も国防教育について語らない、

 

一時愛国心教育も唱えられたが直ぐに潰されたのはご承知の通り。

愛国心、国防を教えないのは日本だけではないだろうか、

国旗、国歌で裁判沙汰、

 

こんな国は・・・世界中探してもないだろう、

それを何の疑問も批判もしないマスコミ、知らん顔の政治家?

これがすぐに裁判になる、

これは明らかに憲法に問題あり、と思われませんか?

 

今、維新ブームですが教育に関しては、国政の教育維新が即必要。

が政府、政治家は大阪ごと知らん顔、これでは日本は救われない



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

記事を読んで・・・・2012/3/6 [◆記事を読んで・・・]


記事を読んで・・・・2012/3/6

河村市長の発言でとばっちり、それでも日中「断交」はあり得ない http://goo.gl/6xyb4

 

文化、生活様式の違いは如何ともし難い。

日本たる由縁の一つ。

相手が好き勝手言うのではなく自身の判断基準を持っているのだ。

戦後の日本人は判断基準を喪失、世界相手に堂々主張の時代有り

 

河村発言の記事をみて:ふと考える、

日本人は本当に控えめ、謙遜なのか?、そうではない様な気がしてきた。

確かに内向きにはそうかもしれない。

つい80年前を振り返ると、東洋人で日本ほど自己を主張してきた国はないではないか。そうは思われませんか?外に対して主張をしなくなった日本人、

 

何故?

考えたこともなかったが、これが戦後のGHQの統制成果(日本には弊害)だったのかと思えだした。

日本の精神関連書物の焚書、行政、教育の要職に左翼(アカ)の起用、過去の日本の喪失政策、言い換えれば日本人軟弱化政策だろう。

これが実にみごとにヒットした。

 

しかも、(アカ)を温存して、米国撤退後も心配ない。

これが筋書きではなかろうかと推測する。

持論で言わせて頂くと、日本人の日本的分別を失わせる、

すなわち、日本の判断基準を喪失させる。現に政・官・財・識・報・・・民に至るまで国家のあるべき姿が語れない、共用する判断基準を持たない民

 

これでは一億総控え目(軟弱)も仕方のない事か、現在の政官財の言動がそれを物語る。

歌を忘れたカナリヤならぬ、魂忘れた日本人。

この戦後の67年は日本の歴史上、最も愚かな日本人の歴史になるのではなかろうか・・・の嫌な恥ずかしい予感。

さて、貴方は如何でしょうか?・暴言?失礼

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ◆記事を読んで・・・ ブログトップ