So-net無料ブログ作成

教育評論家・石井昌浩 受験生に問われる「学ぶ覚悟」2012/3/4 [◆記事を読んで・・・]


教育評論家・石井昌浩 受験生に問われる「学ぶ覚悟」2012/3/4

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120303/edc12030308000000-n1.htm

の記事を読んで実に驚いた、

 

学校からは随分と遠ざかっているが、これが今の教育界なのか?

たった20年弱でこうもかわるものなのか、

 

と言っても別に教育の専門家でもない、普通の親父だ。

最近の学校では躾、社会常識は教えていないのか?、

学校は単なる学習の場になっているのか、校規に書いていないから法律違反?

 

 普通なら服装の問題は社会常識だろう、民間会社の就職試験を見れば一目瞭然。就職試験は可で入学試験は駄目、東京都教育委員会、が校長を懲戒免職にしたらしい。

 

21人だから親がごねてきたのだろうか、

詳細は書いていないから分らないが、いかにも横暴、そう思われませんか?

これも最近流行の自由、平等、人権、個人尊重なんでしょうか、

教える方の権利はないのか?、私観で言わせて頂くと、もしかして・・・

 

 校長廃除の策謀ではないかの憶測も?

何れにしても、今時の学校、教育目的は何なのか、受験なのか、

高校、大学と進学して何をする、

その意義と将来の目的・方向性教えるのが教育ではないのか、

社会人生活が出来るよう必要な基礎を教えるの学校ではないのか?

今、卒業してどうなのでしょうか、

 

 就職は大会社に集中、就職しても何割かは半年もしない間に退職、

景気の悪いさも有るだろうが就職浪人多数の現状。

しかし、食っていけない人間はどんな仕事でもせざるをえない、

誰が教えるわけでもない、実際昭和40年代は誰もがそうだった、

食べる為に仕事をしなければならなかった。

 

 当時それは社会人としての常識だった、

米国追従、右肩上がりの好景気、拡大、利益、効率、金融投資も絶好調。

給料は倍増、倍増で生活はオール電化、趣味、娯楽も幅広く。

ゆとりと供に流行り始めた自由、平等、人権、個人尊重、こんな事も商売に。

しかし、裏に有るのは格差の拡大、

 

これが欧米資本流の成せる業。

話しが教育とずれ始めたので・・・、

要は教育の目的は何なのか?

どんな法律があるのか良く知らなないが、杓子定規はいかにも変だ、

知恵(応用)をつけるのが教育では無いのでしょうか?

次の防災の教育の件なんですか、これも変、何かおかしい・・そう思われませんか?

 

 個人命を守る為の防災教育、が考えてみて下さい、

その前に守るべきものは有りませんか?

日本の国です、そうでは有りませんか。

戦後の日本の教育に国防が何故かない、

国防とか愛国心、日の丸、君が代、靖国神社とか言うと右翼、戦争好き、軍国主義者と誰かさんがすぐに仰る。

 

 しかし、これは一体誰が宣伝したのか?

何故こんな風潮になったのか、考えたこと、調べたことは有りますか?

流行らせたのは、日本弱体化政策推進の戦後統治のGHQとそれに加担した左翼(当時はアカ)なのです、

Qが反日思想を持つ彼等を利用、行政、教育の重要ポストで仕事をさせた、これが始りのようです。

 

現在の各界に満遍なく流れる左思想はこの影響でしょう、

未だ脈々と引き継がれています。

愛国心の無い日本人TOP層多数の不思議の国ジパングなのです。

 

戦後自民党の政治家が日教組を何故野放しにしたのか疑問。

政治家も国防を語らず、現平和?憲法の影響大、

これも独立憲法をすぐ制定しなかったのか疑問、

米国陰謀説が残るのもこれが理由と推測。

こんな状態で誰も国防教育について語らない、

 

一時愛国心教育も唱えられたが直ぐに潰されたのはご承知の通り。

愛国心、国防を教えないのは日本だけではないだろうか、

国旗、国歌で裁判沙汰、

 

こんな国は・・・世界中探してもないだろう、

それを何の疑問も批判もしないマスコミ、知らん顔の政治家?

これがすぐに裁判になる、

これは明らかに憲法に問題あり、と思われませんか?

 

今、維新ブームですが教育に関しては、国政の教育維新が即必要。

が政府、政治家は大阪ごと知らん顔、これでは日本は救われない



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感