So-net無料ブログ作成

記事を読んで・・・・2012/3/6 [◆記事を読んで・・・]


記事を読んで・・・・2012/3/6

河村市長の発言でとばっちり、それでも日中「断交」はあり得ない http://goo.gl/6xyb4

 

文化、生活様式の違いは如何ともし難い。

日本たる由縁の一つ。

相手が好き勝手言うのではなく自身の判断基準を持っているのだ。

戦後の日本人は判断基準を喪失、世界相手に堂々主張の時代有り

 

河村発言の記事をみて:ふと考える、

日本人は本当に控えめ、謙遜なのか?、そうではない様な気がしてきた。

確かに内向きにはそうかもしれない。

つい80年前を振り返ると、東洋人で日本ほど自己を主張してきた国はないではないか。そうは思われませんか?外に対して主張をしなくなった日本人、

 

何故?

考えたこともなかったが、これが戦後のGHQの統制成果(日本には弊害)だったのかと思えだした。

日本の精神関連書物の焚書、行政、教育の要職に左翼(アカ)の起用、過去の日本の喪失政策、言い換えれば日本人軟弱化政策だろう。

これが実にみごとにヒットした。

 

しかも、(アカ)を温存して、米国撤退後も心配ない。

これが筋書きではなかろうかと推測する。

持論で言わせて頂くと、日本人の日本的分別を失わせる、

すなわち、日本の判断基準を喪失させる。現に政・官・財・識・報・・・民に至るまで国家のあるべき姿が語れない、共用する判断基準を持たない民

 

これでは一億総控え目(軟弱)も仕方のない事か、現在の政官財の言動がそれを物語る。

歌を忘れたカナリヤならぬ、魂忘れた日本人。

この戦後の67年は日本の歴史上、最も愚かな日本人の歴史になるのではなかろうか・・・の嫌な恥ずかしい予感。

さて、貴方は如何でしょうか?・暴言?失礼

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛知「芸術祭」問題、百田尚樹氏参戦で白熱! 「大村知事は『表現の自由』理解していない」「人種差別も名誉毀損も可能に」 [◆之が言いたい]

愛知「芸術祭」問題、百田尚樹氏参戦で白熱! 「大村知事は『表現の自由』理解していない」「人種差別も名誉毀損も可能に」

百田尚樹氏
百田尚樹氏

 

 愛知県の大村秀章知事に批判が殺到している。同県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真を焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などが展示された企画展が開幕3日で中止になったが、「表現の自由」を掲げて自身の責任を認めないのだ。作家の百田尚樹氏は「大村氏はまったく『表現の自由』を理解していない」と言い切った。

 芸術祭の主催は、愛知県や名古屋市などでつくる実行委員会で、文化庁の補助事業である。税金が投入された公共施設でのイベントで、皇室や日本を貶めるような、政治色の強い展示が行われていたのだ。

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【有本香の以読制毒】昭和天皇と英霊を貶め、慰安婦像を展示する…「あいちトリエンナーレ」本当の“戦犯” [◆之が言いたい]

【有本香の以読制毒】昭和天皇と英霊を貶め、慰安婦像を展示する…「あいちトリエンナーレ」本当の“戦犯”

展示中止となった、あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」(共同)
展示中止となった、あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」(共同)

 

 先週、愛知県で開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」がとんでもない事態となっている。筆者も月曜に急遽(きゅうきょ)、名古屋市へ飛び、河村たかし市長に面会してきた。

 簡単に経緯を整理すると、8月1日にオープンした「あいちトリエンナーレ」は、3年に1度、愛知県と名古屋市などの自治体が中心となって開催される現代美術の祭典だ。今回で3度目となる。

 過去2回は美術専門家の監督によって大過なく終了したが、今回はどういう経緯か、美術監督にジャーナリストの津田大介氏を迎える異色の体制で臨むこととなった

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏休み明けに「転職を考えたことがある」は4割 実家に帰る人に強い傾向 [①経営・ビジネス]

夏休み明けに「転職を考えたことがある」は4割 実家に帰る人に強い傾向

夏休みやお盆休み明けに転職を考えたことがある人は……
夏休みやお盆休み明けに転職を考えたことがある人は……

 

 夏季休暇やお盆休み明けに転職を考えたことがある人は約4割--。人材総合サービスを手掛けるスタッフサービス・ホールディングスが8月9日に発表した「夏休みと転職に関する調査」結果によると、38.4%の人が夏休み明けに転職や退職を検討したことがあると回答した。

 回答の内訳は「何度もある」が14.3%、「何度かある」が24.1%。「一度もない」が61.6%だった。また、「3年に1回以上、夏休みに実家に帰る」という人に限ると、「何度もある」「何度かある」が合わせて47.0%に上り、「実家住まいである」人の27.5%を大きく上回った。定期的に帰省する人の方が、夏休みを経て転職を検討しやすい傾向があることが分かった。

>>続きを読む

 

 


タグ:転職
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース