So-net無料ブログ作成

★伝統とはどう言うものなのか?日本人は既に忘れている。 [◆記事を読んで・・・]


*伝統とはどう言うものなのか?日本人は既に忘れている。

  (2012y)

 

滋賀県の湖国三大祭の一つで、主要行事が12日から始まる日吉大社(大津市)の「山王祭(さんのうさい)」で、神輿(みこし)行列を馬に乗って参加し、「お供」役を越直美・大津市長(36)が務める。山王祭は男性中心の祭りで、1200年の歴史の中でも成人女性の参加は初めて。当初、「女性が参加していいのか」と反対意見も出たが、全国一若い女性市長が参加すれば祭りのPRにつながると実現にこぎつけた

 

 これが書き出しの記事なのだが・・・男女平等が何の関係があるのか、

正に戦後流行りの左派の論理だ。

伝統に風穴をあける事がそんなに素晴らしいことなのか?

何かおかしいとは感じないのだろうか?

若い市長が出ればPRになる・・・

 

果たして伝統の意味を理解しているのだろうか?

伝統とは行いだけなのか?、

男だけの祭り、それにはそれなりの謂れがあるはずだろう、

伝統とは型式と精神、儀式の継承ではないのか?

 

 祭りのPRになる?宣伝なら別の方法がいくらでもあるだろう

大津市民と、このお若い市長は1200年続いた伝統を断絶させたと言う自覚はあるのだろうか?

祖先に申し訳ないとは思わないのだろうか・・・

 

こう言う状態だから女性宮家の創設に何の疑問も感じない、

皇室の存在意義も正統性もわかっていない。

学校で教育しないと言えばそれまでだが、知っている国民も少なくはない。

 

 これは明らかに戦後の左傾教育の弊害だろう、

日本の正当歴史を教えていないのだから、それと、右肩上がりの好景気と並行して入ってきた米国流の物質文化、総てを損得勘定(ビジネス)で判断する思想、理論。これらが戦後67年で浸透した結果なのだろう・・・

 

 国民は気がつかない、知らない間に、当然の如く、日本の精神文化を消してゆく・・      

 

 皇統2670年の歴史、

今正に、この歴史を断絶させ新自由主義の歴史を作るのか?

伝統日本を継承するのか?

現国民はその判断の分水嶺にいる。

私的にはそう思っているのだが、国民に認識はあるのだろうか?

 

 祖先が築き、守り抜いてきた2670年の日本の歴史、伝統、精神文化を僅か100年足らずで断絶させてしまうかも知れないのだ

惜しげもなく、しかも悪気もなくなのだ。

断絶させた場合、後世の歴史で昭和平成の民は何と表現されるのだろうか、

・・・・・・知るすべもない。

伝統とは何なのか、日本人の心から既その精神はなくなっているのだろうか。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感