So-net無料ブログ作成

★疑問に思うこと・・伝統日本崩落 [◆記事を読んで・・・]


疑問に思うこと・・・・・

181年の歴史で初?! 高島屋がカジュアル入社式

2012.4.1 15:22

式典冒頭のあいさつで鈴木社長は、直面する経営課題として国内百貨店市場が縮小していることに言及し、「新しい感性、若いエネルギーで古い習慣をぶっ壊してもらいたい」と呼びかけた。

 

これは抜粋記事なのだが・・・・

この方の言われる古い習慣とは何なのだろう、仕事に古い習慣があるのだろうか、単なる能力不足か、研究不足だろうと思う。

 

まず感じるのは、儀礼を廃したと言うことだ、日本の精神文化の中ではかなり重要なモノではないだろうか?

181年の伝統をいとも簡単に廃したのだ、躊躇はなかったのだろうか?

私的に言わせて頂ければ、強慢以外のなにものでもない、

社長に成れば何でも出来るのか?

会社の先輩、創業者に申し訳ないと言う気持ちはないのだろうか?、

こんな事で業績を上げようとしているのか?疑問だらけだ。

 

 特に最近の経営者は、こう言う方が目立つ、政治家もそうなのだが、伝統、祖先を考えない、これが戦後の特徴だろう・・・

日本の指導層ほど何故かこの傾向が強いと感じる。

完全に戦後の米国流物質主義の影響だろう。

 

拡大、効率、利益、株主・・・手段は選ばぬ、結果主義、とにかく儲け主義、の個益主義なのだ。政治家も含め人気は2~4年、その間をしのぎ、高額報酬を得る。

後は左団扇の余生なのか?、ここには国家も祖先の恩も伝統も無い。

 

敗戦がここまで民族に影響を及ぼすのか、日本の場合は異常としか言いようがない。

世界に如何に敗戦国とは言えここまでの急転換した国はないだろう、

日本は敗戦国だが、略奪された国家ではないからだ。

 

その理由を考えるに、

未だ国内にGHQの占領政策とスターリンに影響を受けたコミンテルンの後継者がいるからだ。

今この力が見かけ上でも均衡してる国は世界にはない。

あっても、テロかゲリラ勢力でしかない、が日本はそうではないのだ。

見かけ普通の国民のデナゴーグなのだから国民には分からない。

これはGHQとスターリンの影響だ。

 

 もう一つの影響が欧米巨大資本の自由経済主義の影響だ。

戦後からの右肩上がりの高度成長、昭和64年まで戦後44年間持続、これは日本の力だったのか?

バブルが弾け虚構が明確に・・・が、上層部の大半は信じていない、もしくは盲信ののだろう。

この米国流の物質文化のもたらした、豊かさ、理論、思想の影響の大きさ弊害は計り知れない。

日本の精神文化が駆逐されたからだ。

川魚の外来種、ブルーギルとかブラックバスとか同じ問題だろと思う。

ごく自然に・・・気がついたときには手遅れ状態。

 

 日本は今そう言う状態に陥ている、日本人自らが外来種に変容しているのだから、このままでは防ぐ手段は、もうないのかも知れない。

今の国民は、祖先が守り抜いてきた日本を僅か100年足らずで崩壊させるかもしれない。

国民の大半にはその認識もないだろう・・・・・・。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

★ふと考える 日本は今?(8)2011 [◆ふと思う・・]


ふと考える 日本は今?(8)2011

 

2011年3月11日pm21:46

日本が未曾有の大地震に襲われた

未曾有の大津波、福島原発の爆発が起こった。

今日3月18日

死者の数はとうとう阪神大震災を上回ることとなってしまった・・・

亡くなられた方々のご冥福を改めてお祈り致します。

 

未曾有の国難阪神大震災は村山内閣とか、

今年の更なる大災害は菅内閣・・・

不思議な因縁としか言わざるを得ない・・・

 

日本の国、日本の歴史がそれを拒むのか?

左翼政権を拒んだのか?

 

海外にも多数あるが、国内で言えば、

余りにも早い鎌倉幕府の滅亡、足利氏の滅亡、織田信長の死、高杉晋作、龍馬の死、

西郷隆盛、江藤新平の死、伊藤博文の暗殺、・・・・・

歴史の力、時空の力がなせる技としか思えない

 

結果的に視れば

進行速度、行過ぎ、誤りの調整

こんな事は人間にはとうてい出来ない。 と 思う・・・、

 

歴史が再度日本国民に問うている・・・

今の行方で良いのか?と・・

 

もしも国民が判断を誤れば、

日本の国が

歴史の中に消えて行く・・・

歴史の力で消滅してゆく・・・

 

何故か?、そんな予感がしてならない。



タグ:ふと思う
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【お金は知っている】自動車とセメントでみると「マイナス成長」の中国 [■本当の経済解説]

【お金は知っている】自動車とセメントでみると「マイナス成長」の中国

 

 中国政府の発表によると、今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の前年同期比は6・2%増で、2008年のリーマン・ショック後の2009年1~3月期の同6・4%を下回った。メディアは中国の不況ぶりを伝えるが、待てよ、6%台成長で景気が悪いのか。中国の経済成長率は大嘘なのか。

 拙論は、GDP成長率は「大本営発表」そのものであり、実態はマイナスに落ち込んでいるとみる。

 中国の経済データは政治的動機に左右される。各地に配置される党幹部は所管する地方の総生産を北京に報告するが、党中央が決めたその年の目標値をクリアしないと失点になる。地方幹部は鉛筆をなめて中央への報告数値を水増しする。国全体のGDP成長率はそれらを合計すればよいわけだが、原数値が政治加算されているために、実態に比べて過大な数値になりがちだ。

>>続きを読む

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース