So-net無料ブログ作成

「トロフィー踏みつけ事件」で露呈した韓国の「現状」 [②世界の実態]

logo
問題となったシーン(Osports Photos/AFLO)

 

 中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ2019での韓国選手の行為が物議を醸し、韓-日-中で大きな話題となった。大会に参加した韓国代表U-18(18歳以下)チームが決勝戦で中国を3-0で下し優勝を果たしたところまではよかったのだが、その後韓国選手一人が、優勝カップの上に足を載せ、トロフィーを踏みつけるかのようなポーズで記念撮影を撮ったのだ。

 この写真がマスコミに報じられると、中国内から大きな批判と反発が起き、反韓感情が拡大化する事態に発展した。事の深刻さに気づいた韓国選手団と韓国サッカー協会は慌てて謝罪、同時に問題を起こした選手を懲戒処分とすると発表したが、中国側の怒りは収まらず主催側は優勝を剥奪、トロフィーを回収するという厳しい処分を下した。

 この事件については韓国内でも選手たちの愚行を叱咤する声がほとんどで、

 「国際的に恥をかいた」
 「マナーやスポーツマンシップの教育が欠如している」

 という批判が相次いだ。韓国人の目にもマナーとリスペクトが欠けている行動に映ったのだ。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:韓国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「終身雇用」はなぜ、日本社会に定着したのか? [①経営・ビジネス]

logo

 5月、経団連の中西宏明会長やトヨタ自動車の豊田章男社長が相次いで日本における終身雇用制度の継続が難しいとの認識を示し、雇用慣行の見直しを呼びかけた。これはもはや、日本産業界の終身雇用に対する「終末期宣告」と認識すべきだろう。

「善悪の二極化」は危険

 終身雇用の継続が難しい。これは何も今になって分かった話ではない。数年ないし十数年前から状況に気付いた経営者や従業員は大勢いただろう。ただタブー化された話を誰もが堂々と言い出せなかった。それだけのことだ。今回は財界の大物がそろって明言したことで、やっと事実が確定したという感じだった。

 これを受けて、終身雇用を悪者扱いするような論調も出始めた。終身雇用があたかも日本企業や日本経済の成長を妨害する元凶であるかのように表現すれば、それを切り捨てることへの納得感も得られてよいのかもしれないが、単純な善悪の二極化ほど危険なものはない。まずは失敗の本質を突き止めてから、次の一歩を踏み出すべきではないだろうか。

>>続きを読む

 

 

 


タグ:終身雇用
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース