So-net無料ブログ作成

【語り継ぎたい天皇の和歌】先人の美意識と風土に託す [皇室(ニュース)]

【語り継ぎたい天皇の和歌】先人の美意識と風土に託す

 

 わが国では古来、天皇陛下の和歌を「御製(ぎょせい)」、皇后陛下の和歌を「御歌(みうた)」と称してきました。初代神武天皇から新たに「令和」天皇となる皇太子殿下まで、百二十六代の天皇は和歌を詠まれているのです。折しも新時代の元号が初めて国書である『万葉集』からの出典となりました。実は今、和歌を世界文化遺産に登録しようという動きも始まっています。

 こうした時代背景の中、本稿では歴代の天皇の和歌を紹介していきます。『小倉百人一首』にもおさめられた有名な和歌もあれば、新元号の典拠となった『万葉集』にも天皇の和歌は存在しています。名高いものから隠れた名歌まで、「令和」時代に生きる人々の必修ともいえる和歌をここでは取り上げます。

>>続きを読む

 

 

 

 

 


タグ:皇室
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0