So-net無料ブログ作成

【新元号】安定的な皇位継承の確保を検討 男系継承を慎重に模索 [皇室(ニュース)]

【新元号】安定的な皇位継承の確保を検討 男系継承を慎重に模索

「早く実施、国民喜ぶ」
平成最後の一般参賀に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇族方=1月2日、宮殿・長和殿
 新元号が「令和(れいわ)」と決まり、皇太子さまが5月1日に新天皇に即位されることで、政府は「そんなに時間を待たないで」(菅義偉(すがよしひで)官房長官)安定的な皇位継承を確保する検討に入る。これまで125代にわたり一度の例外もなく受け継がれてきた皇室の伝統にのっとり、父方の系統に天皇を持つ男系の男子による皇位継承維持を慎重に模索する。
 「(旧11宮家の皇籍離脱は)70年以上前の出来事で、皇籍を離脱された方々は民間人として生活を営んでいる。私自身が(連合国軍総司令部=GHQの)決定を覆していくことは全く考えていない」
 安倍晋三首相は、3月20日の参院財政金融委員会でこう述べた。これが首相が旧宮家の皇族復帰に否定的な見解を示したと報じられたが、首相は周囲に本意をこう漏らす。
 「それは違う。私が言ったのは『旧宮家全部の復帰はない』ということだ」
 また、首相が女性宮家創設に傾いたのではないかとの見方に関しても「意味がない」と否定している。
>>続きを読む

タグ:皇統
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0