So-net無料ブログ作成
経営・ビジネス ブログトップ
前の20件 | -

正しい「飲みニケーション」は企業業績を向上させる [経営・ビジネス]

JBPress

正しい「飲みニケーション」は企業業績を向上させる

シリーズ「商いの原点」~公認会計士/AGAVERIAオーナー・中村友香氏(前編)

2017.11.13(月) 嶋田 淑之
アガベスピリッツ専門店「AGAVERIA」

?

 弱冠34歳ながら、すでに10年以上にわたり中小・ベンチャー企業の業績向上に貢献してきた女性がいる。大手監査法人勤務を経て独立。独創的な経営哲学にもとづく支援で、倒産寸前企業に“V字回復”をもたらすなど、彼女に感謝する経営者は少なくない。

 また、彼女は、ヨガインストラクター、ファッションデザイナーとしても活動し、さらに今年(2017年)9月にはアジア初となるアガベスピリッツ(メキシコの植物「アガベ」を原料としたお酒)専門店「AGAVERIA」を都内にオープンした。多彩な活躍を見せるその女性は、中村友香氏。

 公認会計士による経営支援と聞くと、圧倒的な知識量を背景にしたデータ重視のコンサルティングを想像するが、彼女はあっさり否定する。

これは断言できますが、経営支援では知識の99%はムダです1980~90年代くらいから欧米の経営論が本格的に日本に入り、知識偏重、“目に見えるデータ”偏重へとシフトしたことで多くの日本企業が低迷するようになったと私は見ています。

 知識/データはいずれAIに取って換わられるでしょう。その一方、どんなに時代が変わっても経営のエンジンになり得るのは“智慧”だと私は思います」

 日本は世界でも他に類例を見ないほど老舗企業の多い国だが彼らが数百年あるいはそれ以上にわたって厳しい環境変化を乗り越えてこられたのは、“智慧”を生みだす力があったからだと中村氏は語る。

>>続きを読む

?

?


nice!(0)  コメント(0) 

【就活リサーチ】第1志望に入社できる学生は3割 [経営・ビジネス]

閉じる

【就活リサーチ】第1志望に入社できる学生は3割

 近年、就職活動シーズンを前にインターンシップへの参加が盛り上がっています。就活スケジュールの短期化を受け、3年ほど前から一気に実施企業、参加学生が増えました。一方で、最近の売り手市場の影響か、就活を楽観する学生も増えています。「先輩から就活は楽勝だった、と聞いた。あの先輩でも有名な会社に決まったから、自分も大丈夫だろう」と思っている学生も多いようです。

 ただ、第1志望の企業に入社できるかというと、売り手市場とはいえ、そう簡単ではありません。当社の調査によると、第1志望だった企業に就職を決定できたのは32・6%。選びに選んで志望企業を決めた過程を考えると、決して高い数字ではありません。実際、いざ応募しても書類選考すら通過しないケースも多く、最終的に内定まで勝ち取るのは、容易ではありません。また、その年によって企業の採用人数は上下します。あの会社で働きたいと思っても、その年の新卒採用は中止という場合もあるのです。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 

出来事の捉え方が180度変わる、アドラーの目的論 [経営・ビジネス]

JBPress

出来事の捉え方が180度変わる、アドラーの目的論

第97回 問題を引き起こす目的を考える

2017.11.3(金) 藤田 耕司
中国・大型連休の海外旅行先、「意外な」国が観光客に人気

モロッコの夜景(2017年9月19日撮影、資料写真)。(c)CNS/陳紅絶〔AFPBB News

 私は公認会計士であるとともに、経営心理士として企業の経営を数字と心理的側面から分析して経営改善を行うコンサルティングを行っている。

 この経営改善を行ううえで、経営者が自らの感情やエネルギーを適切に管理することは極めて重要な要素となる。

 特に中小企業においては、経営者のエネルギーの低下はそのまま企業のエネルギーの低下につながりかねないため、より重要になる。

 この感情やエネルギーをうまく管理していくためには、起きている事象を前向きに、建設的に捉えるスキルがあるかないかが大きなカギを握る。

感情を制御するための原因論と目的論

 このスキルとして原因論、目的論という考え方をご紹介したい。

 起きた事象をどのように捉えるかという点に関して、心理学の世界では原因論と目的論という考え方がある。

 原因論はそういう事象が起きた原因となる過去の事実に着目するのに対し、目的論はそういう事実を引き起こすことによって達成しようとする目的は何かということに着目する。

>>続きを読む

?

?

?


nice!(0)  コメント(0) 

【プロが指南 就活の極意】企業が重視する学業成績…「やりたいこと」だけでなく「やるべきこと」を学んでいるか [経営・ビジネス]

閉じる

【プロが指南 就活の極意】企業が重視する学業成績…「やりたいこと」だけでなく「やるべきこと」を学んでいるか

合同企業説明会に参加した大学生=3月、千葉市の幕張メッセ

 

 近年、採用の選考基準として学業成績を考慮する企業が増えています。企業における学業成績の選考基準は、文系と理系で方法が異なるようですが、採用段階で学生の「素」の姿を見極める一つの方法になっています。

 欧米では各科目の成績から算出された学生のGPA(大学の成績表を数値化した学力を測る指標)が採用基準になっています。しかし、日本ではこれまでGPAを導入する企業はほとんどありませんでした。背景には採用方針の違いがあります。欧米の新卒採用は、大学の専攻と業務内容がある程度一致した職種別採用が中心ですが、日本では長期雇用を前提とした採用のため、大学の専攻と業務内容が一致しないことが多く存在していました。そのため、大学によってGPAで評価する大学と独自の評価をしている大学とで分かれていました。しかし、平成26年ごろからGPAを評価する企業が出始めたことで、大学もGPA評価を導入し始めるようになりました。

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 

次世代コンビニで店員は消えるのか? [経営・ビジネス]

テクノロジー
2017.11.01

次世代コンビニで店員は消えるのか?
「Amazon Go」や「ファミマミライ」から見るコンビニの未来

BY

米・オクスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士が2014年秋に発表した論文『未来の雇用』では、米国の雇用者の47%が10年後に職をなくすと記されており、日本でも話題となった。

なくなる職業の中には「レジ店員」が含まれており、ツイッターなどで「コンビニ店員は必要なくなるのか……」という書き込みを目にすることがある。

Web通販サービスのアマゾンが、無人のコンビニを出店

そんな中Web通販サービスのアマゾンが、2016年の12月にAmazon本社内で「Amazon Go」をオープンした。「Amazon Go」はノンオペレーションのコンビニで、これまでのスーパーやコンビニとは違い店員が存在しない。客は商品を手にとって店から出るだけで購入が完了してしまうという、次世代のコンビニとなっている。すでにその存在を知っている人も多いかもしれないが、先ずはアマゾンが公開している動画を見てみよう。

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

【就活リサーチ】優秀な学生の辞退多く…今年の採用、担当者の8割「厳しい」 [経営・ビジネス]

閉じる

【就活リサーチ】優秀な学生の辞退多く…今年の採用、担当者の8割「厳しい」

 当社「ディスコ」では、10月の正式内定日を迎えたタイミングでの採用活動の進捗(しんちょく)状況を調査しました。採用活動を終了した企業は5割強(57・1%)。選考解禁1カ月後に実施した前回調査(今年6月下旬~7月初旬)では約2割(23・8%)だったので、この3カ月間で30ポイントあまり増加しました。

 採用予定数に対する内定者の割合、いわゆる「充足率」は約8割(77・9%)。採用継続企業に限ると、59・5%と6割に届いていません。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 

作れば作るほど地球が良くなる商品を作る! [経営・ビジネス]

logo

CSRは儲からないと思いつつ

 2020年オリンピックが近づいていている中で、ここ数カ月ほど前から、見聞きするようになってきた「SDGs(持続可能な開発目標)」。2030年までの残り10年と少し、そこを見据えて、国も動き出しています。他方で、多くの大手企業が行っている、CSR活動、私もサラリーマン時代、都心のゴミ拾い、海岸での清掃活動に駆り出された記憶があります。その行為そのものには意味意義を感じつつも、「企業として」事業と遠い、収益をもたらさないことに、本業との相関性のなさに疑問をもったものでした。

 ここ数年CSRからCSV(Creating Shared Value)へと企業も考え方を変えようとチャレンジを始めた会社も出だしましたが、まだまだな感じ、そもそも何をやれば良いのか? と行動を起こせていない企業も多いと思います。

 今回は、CSVの観点で、事業モデルが確立し、その概要が2015年にパリで開催されたCOP21にて経産省が発表していたり、また大手企業がノミネートされている中、国内初「SDGsビジネスアワード2017」で大賞を受賞したりと、この分野で注目を浴びつつあるフロムファーイースト代表の阪口竜也氏に話をうかがいました。

森本さん(左)と阪口さん

100年後を見据えて事業を大転換、決意させたものとは

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

なぜ「フーターズ」の集客力はスゴいのか [経営・ビジネス]

閉じる

なぜ「フーターズ」の集客力はスゴいのか

チアリーダーをイメージした「フーターズガール」が働く、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「HOOTERS」

 

《奇抜なコンセプトで一時的にブームになるエンターテインメントレストランは珍しくないが、継続するのは困難だ。今回はフーターズが手堅く集客力をアップさせている理由を考察していきたい。

[長浜淳之介,ITmedia]》

 「HOOTERS」(フーターズ)はチアリーダーをイメージした「フーターズガール」が顧客をもてなす、世界的に人気の高いカジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー。

 2010年10月、東京都・赤坂見附の「東急プラザ赤坂」に国内1号店がオープンした時は、「果たしてこのような店が日本で定着するのか」と危惧する声もあったが、連日のように行列ができる店となり、同年12月には赤坂店が単店で売り上げ世界1位(同社グループ内)に躍り出た。

>>続きを読む

 

 

 


タグ:フーターズ
nice!(0)  コメント(0) 

【就活リサーチ】苦労したこと トップ5は? [経営・ビジネス]

閉じる

【就活リサーチ】苦労したこと トップ5は?

就活で大変だったこと

 

 新卒市場はここ数年、売り手市場と呼ばれています。就職氷河期に就職活動をした人からは「今の学生はうらやましい」という声も聞こえてきますが、苦労なく就職先を決めているわけではありません。どんな点に苦労したのかを、今年就職活動をした学生に聞いてみました。

 グラフは、この10月に実施した調査の結果です。「就職活動で大変だったこと」を選んでもらいました。トップ5を紹介します。

 一番多くの学生が選んだのが「エントリーシート(ES)」。ESによる書類選考に合格しないと面接試験を受けられない企業も多く、真剣に取り組まざるを得ません。「何回も見直して大変だった」「提出時期が重なり、深夜までESを書く日々が2週間ほど続いた」。あえて手書きを課す企業もあり、たくさんの悲鳴が上がりました。ちなみにESの平均提出社数は約17社(10月時点)でした。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 

愚かな部下の話も最後まで聞いた徳川家康 [経営・ビジネス]

JBPress

愚かな部下の話も最後まで聞いた徳川家康

リーダーシップのM機能から考える「聞く」ことの意味

2017.10.20(金) 藤田 耕司
徳川家康(狩野探幽画、大阪城天守閣蔵、ウィキペディアより)

?

 私は公認会計士であるとともに、経営心理士として企業の経営を数字と心理的側面から分析して経営改善を行うコンサルティングを行っている。

 その中で、従業員のモチベーションが低い、従業員が自発的に動かない、離職率が高い、といったご相談は頻繁にお受けする。このようなご相談が寄せられる企業には多くの場合、次のような共通点がある。

良くない企業の共通点

 まず、上司が部下の話をまともに聞かない、聞く姿勢を持っていない。

 部下が意見を言ってもその意見を否定し、自らの意見を押しつける。

 部下に対してダメ出しは頻繁にするが、褒めることはない。

 先のようなご相談を受けた場合には、現場がこういった状況になっていないかを確認するが、ほとんどの場合、相談者は「確かに言われてみれば・・・」と現状を振り返り反省される。

 そのため、そういった悩みを解消するためには、まず部下の話を聞き、部下の意見で採用できるものがあれば採用し、少しでも良いところが見つかれば部下を褒めることを実践するところから始めるようにお伝えする。

>>続きを読む

?

?


タグ:徳川家康
nice!(1)  コメント(0) 

無責任なサラリーマン社長は超サイコー [経営・ビジネス]

logo

 今回は、都内下町・浅草のかっぱ橋通りで3代続く料理道具販売店・藤田道具株式会社社長の藤田雅博さんを取材した。30歳のとき、2代目の父の後を継いで店を引き継いだ。

 業務用の料理道具や外食店の厨房などを販売するビジネスモデルは維持しつつも、ネットを使い、新たな販売ルートを構築し、店を発展させようとする。社員をチームとしてまとめることにも奮闘している。

 藤田社長にとって、「使えない上司・使えない部下」とは…。

(moodboard/iStock)

今の時代は、親父のやり方ではヤバイと思う

 親父は、「使えない上司」だったのかもしれませんね。あれほどに厳しいと、今の時代は店の経営はできないと思います。社員が、みんな辞めていきますよ。

 僕は、2代目社長であった親父の後を継いで藤田道具を経営しているのですが、11年前までは親父のもとで経営見習いのような形で働いていたのです。親父は戦争に行っていたくらいだから、古い人でした。ものすごく頑固で、仕事熱心。死ぬ寸前まで働き続けていました。1年で休むのは、わずか数日。社員たちにも厳しかった。頻繁に叱ったり、怒鳴ったりしていました。

 僕は、18歳で働き始めた。親父は、息子だからといって甘やかすなんてありえない仕事の結果を出さないと、絶対に認めない。20代の頃で、僕も血気盛んだった。結果を出して、なんとか見返してやりたいと思っていた。さんざんけなされるから、それこそ倍返しですよ。

>>続きを読む

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(0) 

トヨタ主導“EV開発企業”設立の巨大な衝撃 [経営・ビジネス]

JBPress

トヨタ主導“EV開発企業”設立の巨大な衝撃

自動車メーカーの個性は消滅、サプライヤーは10分の1に?

2017.10.16(月) 桃田 健史
プリウス誕生20年目となる2017年、トヨタは「EVの壁」にぶちあたった(資料写真、筆者撮影)

?

 まさか、こういった形で自動車産業の大変革が始まるとは──。

 2017年8月4日、トヨタとマツダが資本提携に関する記者会見を開き、連携する事業の1つとして電気自動車(EV)の共通プラットフォーム開発を挙げた。

 この事業連携を具現化したのが、9月末にトヨタ、マツダ、さらにトヨタの子会社であるデンソーの3社が共同で設立したEV開発企業「EV C.A. スピリット(Spirit)」だ。

 同社には、トヨタとの関係が深いダイハツ、スバル、さらにスズキが参画する可能性が高いとの情報が世の中を駆け巡っている。EVプラットフォームについては、フォルクスワーゲンやダイムラーなども量産計画を発表している。

 仮に、日系自動車メーカー各社が共同でEVを開発するとなると、これまでの自動車開発のあり方が大きく変わることになる。

 簡潔に表現すれば、『自動車の中身はどれも一緒で、違うのは外観だけ』になるということだ

 EV C.A.スピリットの設立当初の株式構成は、9割をトヨタが占めている。その結果、「マツダ、ダイハツ、スバル、スズキのEVは、どれも中身はトヨタ」ということになるかもしれない。

>>続きを読む

?


nice!(0)  コメント(0) 

姥捨て山の対極、生きる希望が湧く「介護旅行」 [経営・ビジネス]

JBPress

姥捨て山の対極、生きる希望が湧く「介護旅行」

シリーズ「商いの原点」~SPI あ・える倶楽部(東京都)前編

2017.10.16(月) 嶋田 淑之
アイスランドのオーロラを見に行く旅で訪れた間欠泉(写真提供:SPI あ・える倶楽部、以下同)

?

 日本人の平均寿命は、男性が80.98歳、女性が87.14歳(2016年)。日本が世界を代表する長寿大国であることは言うまでもない。

「最近は元気な高齢者が多い」ともよく言われる。しかし、実は日本人の健康寿命は短く、男性は最後の約9年間、女性は約13年間を、自立した生活の困難な「要介護者」として過ごしているのが現実だ。その数、約630万人で年々増加している。

 日本社会は古来、「姥捨山伝説」に象徴されるように、生産活動に従事できなくなった高齢者を排除する傾向が強い。現代においても、いったん要介護者になったら、家族が強引に施設に入れたり、家族間で介護の押し付け合いをしたりするなど、“厄介者扱い”は常態化している。

 高齢者本人は、人生のすべてをあきらめ肩身の狭い思いをしながら“消化試合”のような日々を送り、そして死んでいく。

 しかし、そういうことで本当に良いのだろうか?

「13年とか9年といった長い晩年期をイキイキと過ごせるようにしてあげるべきではないのか?」

 そんな義憤に駆られ立ちあがった男性がいる。「介護旅行」という、それまで世の中に存在しなかった事業分野を創出し1つの「業界」にまで育て上げた「SPI あ・える倶楽部」代表取締役・篠塚恭一氏(56)だ。

>>続きを読む

?


タグ:介護旅行
nice!(0)  コメント(0) 

成長するおもちゃ業界、トイザラスはなぜ倒産したか [経営・ビジネス]

JBPress

成長するおもちゃ業界、トイザラスはなぜ倒産したか

5兆5000億円、4.9%成長を引っ張るアナログ型のおもちゃ

2017.10.16(月) 堀田 佳男
トイザらス、フランスの店舗でおもちゃの銃を撤去へ

米ニューヨークにある玩具販売大手「トイザラス」の店舗。(c)AFP/Getty Images/Michael Nagle 〔AFPBB News

 米国の玩具小売大手トイザラスが破産申請をしてから1カ月ほどが経つ。

 創業69年のおもちゃ店が破産した理由は、すでに多くのメディアで報じられているが、業界の内情を探ると興味深いことが見えてくる。

 アナログ企業がネット社会で生き延びられなかったという現実がある一方で、昔ながらのアナログ的なおもちゃの需要は今でも強いということだ。

トイザラスの歴史と破産に至った経緯

 当欄では、一企業の破産を機にデジタルとアナログのせめぎ合いの実情を記したい。その前にトイザラスの歴史と破産に至った流れを簡単に述べることにする。

 トイザラスは1948年、米東部ニュージャージー州で子供用の家具メーカーとして創業された。創業者はすぐに、家具だけでなくおもちゃを販売し始め、チェーン展開して事業を拡大していく。

>>続きを読む

?


タグ:おもちゃ
nice!(0)  コメント(0) 

【就活リサーチ】エントリーシートに何を書く? [経営・ビジネス]

閉じる

【就活リサーチ】エントリーシートに何を書く?

 就職活動の書類で、よく似ているのは履歴書とエントリーシート(ES)でしょう。

 履歴書は新卒の就活だけでなく、アルバイトや転職と幅広い場面で利用されています。氏名・連絡先住所、学歴・職歴以外に資格・免許、志望動機などの記入項目があります。大学オリジナルの履歴書を作成している学校もあります。就活用なので職歴や資格欄の項目が小さく、志望動機や自己PR、学生時代に取り組んだことなどのスペースが広めに設けられています。

 履歴書が主に、これまでの経歴など実績について書くのに対して、ESはこれまでの経験を踏まえて将来についての思い、入社してから何をしたいのかなどを書きます。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 

【プロが指南 就活の極意】「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト [経営・ビジネス]

閉じる

【プロが指南 就活の極意】「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト

りそなホールディングスが開いた内定式=10月1日、東京都港区(春名中撮影)

 

 2日には多くの企業が内定式を開きました。例年なら1日に開催されますが、今年は1日が日曜日だったこともあり2日にずらす企業が多かったのです。

 内定式は、選考で内々定となった学生に対して、倫理憲章で定められた「10月1日以降」に正式に内定を通知するイベントです。

 ただ、内定式に対する企業と学生のそれぞれの思惑は異なります。企業は「入社意欲の維持・醸成」「学生から社会人への意識変革」などを目的とします。一部では、入社後必要な社内資格などをテストしたり、入社後の配属先を決める面談をしたりするケースもあります。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 

この時代に60人に1人の狭き門、学生は地方を目指す [経営・ビジネス]

JBPress

この時代に60人に1人の狭き門、学生は地方を目指す

社員を大切にして50期増収増益、伊那食品工業・強さの秘密

2017.10.3(火) 川嶋 諭
伊那食品工業の本社。自然と調和し働きやすい環境が整えられている。

?

 「こんなに山深い田舎町の企業に、北は北海道から南は沖縄まで優秀な学生さんがいっぱい来てくれるのは本当に有り難いことです」

 瞳の奥に優しさをたたえた笑顔でこう語るのは伊那食品工業(長野県伊那市)の塚越英弘副社長である。10月3日に80歳の誕生日を迎えた創業者の塚越寛会長の長男で、いずれ同社を引き継ぐのは間違いない。

 日本はここ1~2年で人余りから人手不足へ大きく変わった。就職戦線はかつてない売り手市場となっている。東京の大企業にはそれほど問題ではないことでも地方の中堅・中小企業にとっては死活問題となる。

 しかし、伊那食品工業にとってこうした世の中の変化は全く関係ないという。

>>続きを読む

?


nice!(3)  コメント(0) 

【プロが指南 就活の極意】まずは「自己分析」と「他己分析」から…就活を成功させるための3ステップ [経営・ビジネス]

閉じる

【プロが指南 就活の極意】まずは「自己分析」と「他己分析」から…就活を成功させるための3ステップ

リクルートスーツ姿で就職活動する女性たち=6月、大阪市中央区(永田直也撮影)

 10月を過ぎると外資系企業で平成31年卒の就職活動が動き出します。しかし、動き出す学生は一握りで多くの学生は30年3月からスタートすると思っています。インターンシップが活況なため、既に動き始めている学生は多いと思いますが、就活を成功させるための準備方法について紹介します。

 【ステップ(1):自己分析と他己分析】

 就活頻出質問である「学生時代がんばったこと」「自己PR」「志望動機」。これらを文章にするにも、面接で答えられるようにするためにも、自分自身を理解する必要があります。エントリーシートで誰かの文章をコピーして使用しても、結局面接では通用しないことが多いです。なぜなら、面接官は学生の本当の姿を見極めようとするため「深掘り」を重ねるからです。表面的なことだけ答えることができても、深掘りに対応できなければ評価されません。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 

【就活リサーチ】リクルーター面談の実態は? [経営・ビジネス]

閉じる

【就活リサーチ】リクルーター面談の実態は?

リクルーターと接触して良かったこと

 

 就職活動を進めていくと、突然エントリーした企業から連絡がくることがあります。4月、今年活動をしていたAさんに、大学の先輩を名乗る人物から「就職活動の件で少しお話ししませんか」と電話がありました。リクルーター面談のスタートです。

 リクルーターとは、人事から要請を受けて採用活動の手伝いをする社員のことです。主に採用の初期段階に、自分の出身大学の就活生に対して面談を行います。

 喫茶店などでお茶やランチを食べながら、就活の状況や大学での勉強、部活について聞かれます。就活の相談に乗ってくれることもあります。いきなり自己PRや志望動機を聞かせてほしいと言われる場合もあります。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 

【プロが指南 就活の極意】面接はあなたの“地頭”が判断される!? [経営・ビジネス]

閉じる

【プロが指南 就活の極意】面接はあなたの“地頭”が判断される!?

大勢の就活生が集まった合同企業説明会=京都市左京区

 

 「学生時代頑張ったことは何ですか」「自己PRをしてください」。インターンシップの選考で良く聞かれた質問ではないでしょうか。これらは今後何度も面接で質問され、学生の“地頭”の良さを判断しようとしてきます。準備さえしっかりとできていれば対策は可能ですので今から対策を進めましょう。さて上記質問に加え、本選考で多く質問されるのが「学業」についてです。

 「学生の本分は勉強である」とあるように、選考ではどのくらい学業に力を入れているかを確かめられます。事実、多くの企業は選考内で学生に成績表を提出させています。少し古いデータですが、文部科学省の調査によると2016年卒の学生向け新卒採用活動で成績表の提出を求めた企業は全体の約70%あったそうです。学生からのヒアリングでも年々増加している印象がありますので今後の本選考を見据えると対策をしておく必要があります。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | - 経営・ビジネス ブログトップ