So-net無料ブログ作成
●世界情勢 ブログトップ
前の20件 | -

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】木造船漂着急増に新型ICBM…不穏な権力闘争も表面化した金正恩政権 [●世界情勢]

閉じる

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】木造船漂着急増に新型ICBM…不穏な権力闘争も表面化した金正恩政権

 北朝鮮では新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射成功で「核武力の完成」のお祭り騒ぎが続くが、一方で不穏な兆候も相次いでいる。日本に漂着する北朝鮮籍の木造船の急増、休戦ラインを突破する兵士亡命といった末端の異常事態に加え、朝鮮人民軍の事実上トップなどの処罰も確認されており、軍部の権力闘争で恐怖政治がさらに先鋭化しているようだ。北朝鮮権力中枢、北朝鮮軍の内部では何が起きているのか。

「国連の制裁破りは横行している」

 日本海沿岸に押し寄せる北朝鮮籍とみられる木造船。日本の領海に何なく入って無人島にも上陸している。見せかけは漂流漁船だが、漁民にみせかけて工作員が入っていてもおかしくない。目的は? なぜいまなのか?

 事態を理解するカギとなるのは、北朝鮮の「燃料事情」だ。極東の闇市場に詳しい関係者によると「このところ軽油が大量に北朝鮮に入っている」という。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【国際情勢分析】「投資は自分が仕切る!」王族・資産家200人超大量拘束に乗り出したサウジ皇太子の野望 [●世界情勢]

閉じる

【国際情勢分析】「投資は自分が仕切る!」王族・資産家200人超大量拘束に乗り出したサウジ皇太子の野望

サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(AP)

 

 サウジアラビアの首都リヤドにある豪奢な造りのリッツ・カールトンホテルは11月4日、宿泊を受け付けなかった。「予期せぬ予約が入り、セキュリティーレベルを上げるよう求められた」からだ。

 このときすでに、大量拘束劇が進行中だったとロイター通信は伝えている。数時間のうちに、国内屈指の有力者たちが治安部隊に次々に捕まった。五つ星のこのホテルは「一時的な監獄」(同通信)として使われた。拘束された者たちはたった一度、短時間の電話をかけることが許された。電話を受けることはできず、だれも接触できなかったといわれる。「周到に準備されていたことは明らかだ」。事情をよく知る人物が後にロイターに語っている。

>>続きを読む

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

相棒同士の日米首脳、アジア政策も一心同体 [●世界情勢]

JBPress

相棒同士の日米首脳、アジア政策も一心同体

トランプ大統領のアジア歴訪で判明したこと

2017.11.15(水) 古森 義久
来日中のトランプ大統領、安倍首相とワーキングランチ

東京・元赤坂の迎賓館で、ワーキングランチに臨むドナルド・トランプ米大統領(右から3番目)と安倍晋三首相(左から3番目、2017年11月6日撮影)。(c)AFP/Toru Kawata〔AFPBB News

 米国のトランプ大統領は延べ12日、5カ国に及ぶ初めてのアジア歴訪を11月14日に終えて、ワシントンに戻った。この米国大統領のアジア訪問は何を残したのか。

 これまでトランプ大統領の対外政策、特にアジアに対する姿勢は不明確な部分が多かった。だが今回のアジア訪問でかなりの部分が明らかとなり、予想外の特徴も浮かび上がらせたといえそうだ。

「意外」なほど歓迎されたトランプ大統領

 トランプ大統領は11月4日にワシントンを発ち、ハワイを経て、まず日本、そして韓国、中国を訪れた。その後、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会談に参加するためベトナムに飛び、さらにフィリピンを訪問した。

 その間、最も熱くトランプ大統領を歓迎したのが日本だった。日本では官民ともに意外なほどの歓迎ぶりをみせたといえる

>>続きを読む

?


タグ:日米関係
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」韓国メディア大騒ぎ [●世界情勢]

閉じる

米WSJ紙、文在寅大統領を激烈批判「信頼できる友人ではない」韓国メディア大騒ぎ

トランプ米大統領(左)との会談を終え、記者会見する韓国の文在寅大統領(共同)

 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、米有力紙の「ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)」が激烈な批判を見舞った。北朝鮮に融和的かつ、中国に擦り寄る文氏の行動について、「文氏が信頼できる友人だとは思えない」などと社説で指摘したのだ。同紙の記事を、韓国メディアは相次いで取り上げ、狂乱状態となっている。(夕刊フジ)

 ドナルド・トランプ米大統領の訪韓(7~8日)について、韓国紙は社説で好意的な評価を示していた。

 《トランプ大統領初来韓、韓米同盟の新たな契機に》(朝鮮日報)

 《深い共感を得たトランプ訪韓…「力を通じて平和を守る」》(中央日報)

 だが、トランプ氏の訪韓成功との見方は、韓国側の一方的な思い込みに過ぎなかったようだ。米保守層に支持されるWSJは7日付の社説でこんな見出しを掲げた。

 《South Korea’s Bow to Beijing(韓国、中国にひざまずく)》

>>続きを読む

 


タグ:韓国
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【あめりかノート】トランプ氏のアジア政策は安倍晋三首相の構想を堂々と採用したものだった 保守本流に近づく米外交 古森義久 [●世界情勢]

閉じる

【あめりかノート】トランプ氏のアジア政策は安倍晋三首相の構想を堂々と採用したものだった 保守本流に近づく米外交 古森義久

6日夜、夕食会で安倍首相(右)と乾杯したトランプ米大統領=東京・元赤坂の迎賓館(AP)

 

 米国のトランプ大統領の訪日に日本側官民は意外なほどの歓迎をみせた。「意外な」というのは日本側の一部の識者やメディアは同大統領を酷評していたからだ。国民の知恵と識者の独断とのギャップなのか、韓国での米大統領訪問への抗議デモのような反発は日本ではまったくみられなかった。

 トランプ大統領が日本から始めたアジア歴訪は彼の当選からちょうど1年の時期だった。日本の一部の識者やメディアの言に従えば、トランプ氏はもう大統領ではないはずである。識者らは同大統領の辞任や弾劾という予測を切迫した語調で述べていたからだ。

 だがトランプ大統領は退陣どころか、このアジア歴訪では活力を発揮し、対外政策の骨格を提示してみせた。その集約は日韓中3国への訪問後のベトナムのダナンでの大統領演説だった。アジア太平洋経済協力会議(APEC)での演説である。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

すべては「新時代」のため、19大後の中国共産党が向かう先 [●世界情勢]

logo

 2017年10月24日、中国共産党第19回全国代表大会(19大)が閉幕し、翌25日に19期1中全会が開催された。19期1中全会とは、19大で選出された中国共産党中央委員会の委員による第1回の全体会議のことを言う。

第19期中央委員会第1回全体会議の様子(写真:UPI/アフロ)

 

 中央委員とは、約200名の中国共産党の指導幹部であり、その中から25名が政治局員に選ばれる。一般的に、この中央委員会を「党中央」と言う。さらに、政治局員から選ばれた7名が政治局常務委員として最高権力を握る。

 ただし、人数は7名に固定されている訳ではない。胡錦涛前総書記の時代には、政治局常務委員は9名であった。胡錦涛氏から習近平氏に権力の委譲が行われた2012年の18大において、江沢民氏は自らの勢力を拡大するため、政治局常務委員の人数を13名にしようとしたと言われる。

 これに対して、胡錦涛氏は自ら完全引退するとともに、政治局常務委員の人数を増加させるどころか7名に削減し、習近平氏の権力掌握をサポートしたのだ。中国の指導者たちは、日本でよく言われるような、江沢民派(上海幇)、胡錦涛派(共青団派)と習近平派(太子党あるいは紅二代)の三つ巴の権力闘争よりも、少し複雑なゲームをプレイしている。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:中国
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「徴兵制を段階的に廃止」プーチンの狙いとは [●世界情勢]

logo

 今年10月、ロシアのプーチン大統領が徴兵制を「段階的に廃止する」と発言して話題を呼んだ。徴兵制廃止論はこれまでにも存在したが、現役大統領が廃止の方針に言及したのはこれが初めてとなる。

 だが、依然として欧米との軍事的緊張状態にある中で、プーチン大統領がこのようなことを言いだしたのはどうした理由によるものだろうか。また、それは本当に可能なのだろうか。

 徴兵制を巡るロシアの事情を探ってみた。

毎年5月7日モスクワ赤の広場で行われる戦勝記念パレード(AP/aflo)

ロシアの徴兵制

 まずはロシアにおける徴兵制の現状を簡単に把握しておこう。

 ロシアにおいて徴兵義務を有するのは18歳から27歳までのロシア国民男子で、この間に12カ月の兵役に服する義務がある。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:ロシア
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

トランプ大統領はなぜ格別に安倍首相を信頼するのか [●世界情勢]

JBPress

トランプ大統領はなぜ格別に安倍首相を信頼するのか

安倍首相はトランプ政権にとって「模範的」な存在?

2017.11.1(水) 古森 義久
日米首脳が電話会談、「北朝鮮の脅威」で緊密な連携を確認

都内で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて行われたトランプ米大統領と安倍首相の電話会談のニュースを伝える街頭ディスプレー(2017年8月29日撮影、資料写真)。(c)AFP/Kazuhiro NOGI〔AFPBB News

 ドナルド・トランプ大統領の初の訪日が近づくにつれて、同大統領と安倍晋三首相との密接な関係が改めて日米両国で注視されるようになった。

 両首脳が個人の次元でも政策の次元でも、通常の日米両国首脳の友好や親交の域を越えて異例なほど親密であることは周知の事実である。米国の大手メディアの間で「トランプ大統領と安倍首相は相棒だ」という論評まで出てきたことは、この連載コラムでも紹介した(「米国でも注目、トランプ・安倍の親密すぎる相棒関係」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51099)。

 この論評記事では、トランプ、安倍両首脳が単に個人として波長が合うだけでなく、安倍首相の側からトランプ大統領に働きかけて親密な絆を築いたという米側専門家たちの見解が紹介されていた。中国の挑戦や北朝鮮の脅威に直面する日本が、日米同盟に基づいた米国の強大な抑止力をかつてないほど必要としている、という分析だった。

>>続きを読む

?

?

?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

皇帝になった習近平:内に統制強化、外に覇権的拡大 [●世界情勢]

JBPress

皇帝になった習近平:内に統制強化、外に覇権的拡大

在中国日本企業は中国共産党の統制監督下に

2017.11.1(水) 樋口 譲次
習主席「客観的な報道を歓迎」も一部の外国メディアは締め出し

中国・北京の人民大会堂で会見する習近平国家主席(2017年10月25日撮影)。(c)AFP/WANG ZHAO〔AFPBB News

在中国日本企業は中国共産党の統制監督下に

 衝撃的なニュースが飛び込んできた。何と中国共産党組織が外資企業の7割に設置されたというのである。伝えたのは、米ニューヨークに本部を置く中国語非営利衛星放送局の新唐人テレビだ。

 それによると、中国共産党機関紙「人民網」は、次のように報じた。

 10月19日、中国共産党中央組織部の斉玉副部長は、中国共産党大会の記者会見で、2016年末までに国営企業14万7000社のうち93.2%に党組織が設立され、民間企業273万社のうち67.9%、さらに外国企業10万6000社のうち70%に上る7万5000社に党組織を設立した旨を明らかにした。(ゴシックは筆者付記)

 帝国データバンクの調べによると、昨年(2016年)8月末時点で、中国に進出している日本企業は1万3934社。

 単純に計算すると、進出企業の70%は約9800社に上り、実際の数字は明らかではないが、それほど多くの日本企業が中国共産党の統制監督下に置かれているという、驚くべき事実が中国側から公表されたのである。

>>続きを読む

?


タグ:中国
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】トランプ氏歴訪目前…「米韓同盟」より金正恩氏のご機嫌を気にする文在寅政権 [●世界情勢]

閉じる

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】トランプ氏歴訪目前…「米韓同盟」より金正恩氏のご機嫌を気にする文在寅政権

9月21日、米ニューヨークで会談に臨む(左から)トランプ米大統領、文在寅韓国大統領、安倍首相(共同)

 

 トランプ米大統領のアジア歴訪に韓国がピリピリしている。米韓同盟の「最前線」である南北軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)訪問が見送られる公算が大きくなっており、そこには文在寅政権の強い意向が働いているもようだ。韓国へは国賓訪問で日本への実務訪問より“格上”なのだが、日米蜜月を背景に充実している訪日に比べ、訪韓は日程も短く内容も地味。米韓軍による合同軍事演習は行われているものの、米韓両国の不協和音はどの程度、深刻なのかが今回の訪韓で見えてきそうだ。

トランプ大統領のDMZを電撃訪問はあるのか

 DMZにある板門店はまさに朝鮮半島停戦のシンボルで米韓同盟の原点ともいえる場所。訪韓した米歴代大統領のほとんどが訪れてきた。ところが、今回のトランプ氏のDMZ訪問は未定で、現状では在韓米軍司令部のある平沢米軍基地を訪問する予定だ。米ホワイトハウスは「文在寅大統領がわれわれをキャンプ・ハンフリーズ(平沢米軍基地)に招待した」と述べるにとどめ、DMZ訪問を明言していない。

>>続きを読む

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「究極の偽ニュース」、恐怖のシナリオ [●世界情勢]

JBPress

「究極の偽ニュース」、恐怖のシナリオ

トランプ大統領が宣戦布告? 人の表情を自由に変える恐るべき技術

2017.10.17(火) Financial Times

(英フィナンシャル・タイムズ紙 2017年10月13日付)

トランプ大統領がぞろぞろ…お面かぶって行進、米ニューヨーク

米ニューヨークで、ドナルド・トランプ米大統領のお面をかぶって街を練り歩く人たち。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY〔AFPBB News

 ちょっと想像してみてほしい。鏡をのぞき込むと、そこには自分ではなくドナルド・トランプ氏の顔が映っている。

 あなたが顔を歪めれば、鏡の中のトランプ氏も同時に顔を歪める。あなたがにっこりすればトランプ氏もにっこりし、あなたがしかめ面をすればトランプ氏もしかめ面をする。米国大統領の表情をリアルタイムでコントロールしているのだ。

 「フェース2フェース」という技術を使えば、こんな不気味なことができるようになる。米カリフォルニア州のスタンフォード大学で研究者らが開発した、自分の顔の動きを動画に映っている他人の顔に移し替える技術だ。

 次は、この「顔面再演」の技術と、トランプ大統領が過去に公の場で語ったことを巧みに編集した音声ファイルとを合体させると、どんなことになるか想像してみてほしい。

 ずばり、トランプ氏が北朝鮮に核戦争を布告する、説得力のある動画を合成することが可能になる

 熱に侵されたような今の環境で、そんな動画が表に出れば、ホワイトハウスが慌てて否定しても間に合わないほどのスピードで、あっという間に拡散するかもしれない

>>続きを読む

?

?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった [●世界情勢]

閉じる

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった

 米国の軍事オプションも視野に朝鮮半島にかつてない緊張が張り詰めるなか、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は7日の党中央委全体会議で実妹の金与正(ヨジョン)氏(30)を党政治局員候補に引き上げて権力中枢に据えた。金正日(ジョンイル)も実妹の金敬姫(キョンヒ)を頼り42歳で党軽工業部長として生涯、一族の金庫番を任せた。金与正氏は父、金正日が「与正が男だったら…」と惜しんだという大胆不敵な性格とされるが、いよいよ始動の兄妹政権で実妹は暴走政権のアクセルになるのか、それともブレーキなのか?

叔父の粛清後、表舞台に登場

 党中央委員会政治局は意思決定機関で委員は候補を含め35人だが、高齢者も多いため実際に発言権を持つのは10人前後とされる。若干30歳で、最高権力者の実妹とはいえ女性の政治局入りだ。表舞台に本格デビューした与正氏は、政治局委員、常務委員への道を歩み始めたわけで、今後の“兄妹政権”へのお墨付きともいえそうだ。

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

EU、中国による企業買収対策に本腰 安保への影響を懸念 [●世界情勢]

閉じる

EU、中国による企業買収対策に本腰 安保への影響を懸念

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)が中国を念頭に戦略的に重要な欧州企業の買収対策に本腰を入れ始めた。欧州委員会と加盟国が連携し、域外からの買収の審査を強化する。中国は近年、ハイテクやインフラ分野などの企業買収を増やしており、技術流出などで欧州全体の安全保障に影響が出るのを防ぐ狙いがある。

 欧州委員会が30日までに発表した買収対策案によるとインフラやエネルギー、先端技術などEUの安全保障や公的秩序にかかわる分野の企業買収に関し、共通の審査基準を導入。買収を仕掛ける企業に対する国家の関与も吟味される。審査には欧州委に加え他の加盟国も関わり、意見を表明することも可能。

>>続きを読む

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【環球異見】日印首脳会談の「評価」 中国・環球時報 「日本はもはや中国に対抗できる存在ではない」 [●世界情勢]

閉じる

【環球異見】日印首脳会談の「評価」 中国・環球時報 「日本はもはや中国に対抗できる存在ではない」

日本とインド間の経済協力協定を交わす安倍晋三首相とインドのナレンドラ・モディ首相=14日、インド・アーメダバード(AP)

 

 安倍晋三首相は14日、訪問先のインドで、モディ首相と日印首脳会談を行い、航空会社が路線を自由に設定できる航空自由化などで合意した。インドメディアは「多くの先駆的な計画を生んだ」と高く評価。欧米メディアは「アジアで覇権を目指す中国を強く意識したものだ」と分析。これに対し中国メディアは「中国の国家安全に挑戦できるアジアの国はひとつもない」と両国を牽制(けんせい)した。

                  ◇

 環球時報(中国)

 中国に挑戦できる国はない

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は14日の安倍晋三首相とインドのモディ首相との会談を前に「インドメディアは『印日が団結し中国に対抗する』という麻薬を使った」と題した社説を掲載した。

>>続きを読む

 


タグ:中国
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

吉と出るか凶と出るか?バノン氏をまさかの解任 [●世界情勢]

JBPress

吉と出るか凶と出るか?バノン氏をまさかの解任

トランプ政権に与えるプラス効果とマイナス効果

2017.8.23(水) 古森 義久
トランプ氏、バノン氏を解任 「白人主義者」と批判の首席戦略官

スティーブ・バノン氏(2016年12月10日撮影)。(c)AFP/Eduardo Munoz Alvarez〔AFPBB News

 米国トランプ政権の大統領首席戦略官、スティーブ・バノン氏が8月18日、解任された。トランプ大統領がニュージャージー州で「ワーキングバケーション(働きながらの休暇)」を過ごし、ワシントンを離れている間にバノン氏はホワイトハウスを去った。トランプ政権発足以来、人事面での最大級の出来事だったと言ってよい。

 昨年の大統領選ではトランプ氏の選対本部長を務め、政権発足後も基本政策の立案に関わったとされるバノン氏の離脱は、今後トランプ政権にどのような影響を与えるのだろうか。プラス面とマイナス面を整理してみよう。

【プラス効果 その1】政権内部の混乱や対立を解消

 バノン氏がトランプ政権を離れることによる第1のプラス面は、政権内部の混乱や対立の解消に寄与することだ。

 バノン氏は保守派の論客である。とくにオバマ前大統領に体現されたリベラル派の政策や思想を論破する雄弁をふるってきた。だが、その自由な言動は、ときに政権内部の混乱を浮かび上がらせた。

>>続きを読む

?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

中国の「パクリ」征伐に乗り出したトランプ政権 [●世界情勢]

JBPress

中国の「パクリ」征伐に乗り出したトランプ政権

本格的「米中経済戦争」の始まりか

2017.8.21(月) 古森 義久
相次ぐ「コピー建築」に疑問の声、中国

中国にはコピー製品だけでなく「コピー建築」も数多くある。重慶の公園にある、米サウスダコタのラシュモア山を模倣した像(2014年2月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mark RALSTON〔AFPBB News

 米中両国間で本格的な「経済戦争」が始まる気配が濃厚になってきた。最初の主戦場は日本にも関係の深い知的所有権の分野となりそうだ――。

 米国のトランプ大統領は8月14日、中国による米側の知的所有権の侵害や窃取の実態を本格調査するよう米通商代表部(USTR)に命じた。同大統領が選挙キャンペーン中から主張していた「中国の不正な貿易慣行の是正」を実行に移したのである。

 トランプ政権は、一連の経済問題に関する中国への抗議を、北朝鮮核問題で中国からの協力を得るためしばらく棚上げにしてきた。だが、中国からの協力は十分には得られないことが明らかになった。そこでトランプ政権は、中国に対する経済や貿易面での年来の不満や苦情をいよいよ容赦なくぶつける姿勢を明らかにしてきたというわけだ。

>>続きを読む

?

?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

独立から70年!いよいよ始まるインドの時代 [●世界情勢]

JBPress

独立から70年!いよいよ始まるインドの時代

舞台はインド、日英米はさらに密接な関係に

2017.8.15(火) 佐藤 けんいち
独立して70年。インドの存在感がどんどん大きくなってきた(資料写真)

?

 本日8月15日は「終戦記念日」。72年目になる。日本人にとってはきわめて重要な1日だ。「終戦の詔勅」が出された日であり、「玉音放送」をめぐる政府中枢の緊迫した24時間を描いた映画のタイトルにもなった「日本のいちばん長い日」である。

 だが、目を国外に向けてみれば異なる意味合いがあることに気づく。日本が「ポツダム宣言」を受諾して連合国に対して「無条件降伏」したことが、日本による植民地支配の終わりにつながった。だから、韓国では同じ8月15日を「光復節」と言って祝う。光が戻ったという意味だ。北朝鮮でも同様だ。歴史を裏返しに見ればそういうことになる。

「植民地からの独立」ということで言えば、奇しくも日本の「敗戦」からちょうど2年後の1947年8月15日、インドが英国から独立した。今年2017年はインド独立から70年目の節目となる。インドは、英国支配の182年の歴史から脱したのである。

 今回は、そんなインドと英国の関係について考えてみたい。

インド独立から70年、香港返還から20年


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

マクロン仏大統領、人気失速…支持率36%、不支持49%に 選出から3カ月「蜜月は終了」 [●世界情勢]

閉じる

マクロン仏大統領、人気失速…支持率36%、不支持49%に 選出から3カ月「蜜月は終了」

フランスのマクロン大統領=3日、モワッソン(ロイター)

 

 【ベルリン=宮下日出男】フランスのマクロン大統領の支持率低下が目立ってきた。財政立て直しのための歳出削減のほか、権威主義的と批判された振る舞いが人気失速の背景にあるとされる。大統領選出から7日で3カ月。「ハネムーン期間は終了」(仏メディア)し、国内改革の実行に向け、試練はこれからだ。

 3日に仏メディアが伝えた世論調査では、マクロン氏の支持率は36%と7月から7ポイント減り、不支持が49%で上回った。7月下旬に公表された大手調査会社の支持率も6月から10ポイント減の54%。就任から同時期の比較では人気低迷に悩んだオランド前大統領を下回った。

>>続きを読む

 


タグ:フランス
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

一瞬の蜜月関係が終わった米国と中国 [●世界情勢]

JBPress

一瞬の蜜月関係が終わった米国と中国

北朝鮮を制裁しない中国に米国は「失望」

2017.8.5(土) 古森 義久
「とてつもない進展」 反中発言封印、和やかムードの米中首脳会談

米フロリダ州にトランプ氏が所有するリゾート施設「マーアーラゴ」で、中国の習近平国家主席(左)を歓迎する米国のドナルド・トランプ大統領(右、2017年4月6日撮影)。(c)AFP/JIM WATSON〔AFPBB News

 米中関係の“ミニ蜜月”は終わった――米国のトランプ政権の最近の対中姿勢と、中国側の反応をみていると、北朝鮮問題に共同で対応しようという一時の協調関係は完全に終了し、本来の対立状態へと戻ったようである。新たな米中対立は、日本にも当然、大きな影響を及ぼしそうだ。

中国への失望が鮮明に

 トランプ大統領は4月上旬の習近平国家主席との米中首脳会談で、北朝鮮の核兵器開発阻止のための協力を中国に要請した。北朝鮮経済の生殺与奪も可能な中国に、石油の輸出停止など北朝鮮に対するこれまでにない強硬で大規模な経済制裁措置をとることを頼んだのである。それと引き換えに、トランプ政権は経済面や軍事面での中国の荒っぽい行動への抗議は当面みあわせるという態度をとった。

 トランプ政権はこの対中要請に、米中貿易不均衡問題での中国側の善処策とからめ、100日間という期限をつけた。その間、トランプ大統領は中国への批判を一切行わず、逆に「習近平氏は好ましい人物だ」などいうコメントを発し、米中協調の構えをみせた。

>>続きを読む

?


タグ:米中関係
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - ●世界情勢 ブログトップ