So-net無料ブログ作成
➊憂国の士 ブログトップ
前の20件 | -

【ビジネスの裏側】「中国に技術とられたらえらいこと」日本電産の名物経営者・永守氏が大学経営に乗り出すワケ [➊憂国の士]

閉じる

【ビジネスの裏側】「中国に技術とられたらえらいこと」日本電産の名物経営者・永守氏が大学経営に乗り出すワケ

京都学園大などを運営する学校法人京都学園の理事長に就任する日本電産の永守重信会長兼社長。基本合意書調印後の記者会見で、100億円以上の個人資金を投入する意向を表明した=3月30日、京都市右京区の京都学園大京都太秦キャンパス

 

 かつて「元日の午前以外は休まない」と言いながら、最近は「モーレツの看板はもうあらへん。2020年には残業ゼロにする」と大転換して世間を驚かせたモーター製造最大手・日本電産(京都市)の創業者、永守重信会長兼社長が、また〝名言〟をぶち上げた。いわく「(財産を)全部使って、あの世やな」。3月、京都学園大などを運営する学校法人京都学園(同市)の運営に100億円以上の個人資金を投入する意向を表明したときの発言だ。翌月には、京都大に2億円以上を寄付して寄付講座を開設したことも発表した。「中国に技術とられたら、えらいことや」。同社をベンチャーから大企業へ育てた名物経営者の脳裏には、台頭する隣国に負けないように、ロボットやドローンなどの動力源となるモーターの技術者を育成するビジョンがあるようだ。(西川博明)

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した『男は何のためになら死ねるか』とは [➊憂国の士]

閉じる

2016.12.19 07:13

【石原慎太郎 日本よ】三島由紀夫氏と一致した『男は何のためになら死ねるか』とは

三島由紀夫

 敬愛していた今は亡き三島由紀夫氏とは何度か火花の散るような対談をしたことがある。しかし最後の、氏があの市ケ谷台で割腹自決するわずか前に行った最後の対談は二人にとっても極めて重要かつ印象的なものだった。

 対談の主題は『男は何のためになら死ねるか』なるもので、副題は『男の最高の美徳とは何か』と言うことだった。話を始める前に三島さんが「それを口にする前にお互いに入れ札しよう」と言いだし、ならばと二人して手元の紙に書き記して差し出して開いてみたら二人とも同じ『自己犠牲』だった。

 それを見せ合って三島さんは莞爾(かんじ)として頷(うなず)きその後次の間で持参していた真剣を抜いて習いたての居合いを披瀝(ひれき)してくれたものだった。

>>続きを読む


タグ:大和魂
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日いづる国より】西部邁、「公」が迷走した戦後日本[桜H28/9/9] [➊憂国の士]

【日いづる国より】西部邁、「公」が迷走した戦後日本[桜H28/9/9]                                                                                                                                                                    


タグ:西部邁
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:動画
前の20件 | - ➊憂国の士 ブログトップ