So-net無料ブログ作成
検索選択
日本が危ない ブログトップ
前の20件 | -

★【北海道が危ない 第5部(下)】中国大使の釧路訪問がきっかけか トマム、スイス牧場、豊糠…何かが一斉に動き出した [日本が危ない]

閉じる

北海道が危ない 第5部(下)】中国大使の釧路訪問がきっかけか トマム、スイス牧場、豊糠…何かが一斉に動き出した

急速に拡張が進む星野リゾートトマム。まるで大きな集落のようだ

?

 本連載を始めて1年余り。中国資本の影が見え隠れする地域の現状を報告してきた。1年がたち、どうなっているのか? 4月下旬、何カ所かを訪ねた。

 一昨年、中国の商業施設運営会社「上海豫園旅游商城」に買収された「星野リゾートトマム」(北海道占冠村)。名前はそのままだが、代表者は上海豫園旅游商城に変わり、星野リゾート長野県軽井沢町)は運営管理だけだ。

 上海豫園旅游商城の大株主の中国民営投資会社「復星集団」(フォースン・グループ)は隣のリゾート地「サホロリゾートエリア」(北海道新得町)で宿泊施設を所有するフランスのリゾート施設運営会社「クラブメッド」も買収しており、星野リゾートトマムもサホロリゾートも完全に中国資本の傘下に入っている

 そのトマムの西エリア地区を訪ねると瀟洒(しょうしゃ)なホテルやコンドミニアムが建ち、新しいホテルの建設も始まっている。一つの集落だ。

>>続きを読む

?

>何もしない政官財・既に籠絡されて中国の支援者多数なのか?

 おまけに、国会では森加計で絶叫の大騒ぎ

 民進党筆頭の四野党は国防妨害、利敵言動に命懸けの異常

 国民は之を看過、放任できるのか?

 このままでは日本に未来は訪れず!!

 反日政党の一層なくして伝統日本は守れず!!

 NHK筆頭の反日[TV]、の撲滅なくして伝統日本は守れず

 


タグ:間接侵略
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【北海道が危ない 第5部(上)】苫小牧駒沢大が中国化する 譲渡先法人理事「中国共産党員」系列高は田中将大投手ら卒業の名門 [日本が危ない]

閉じる

北海道が危ない 第5部(上)】苫小牧駒沢大が中国化する 譲渡先法人理事「中国共産党員」系列高は田中将大投手ら卒業の名門

学校法人京都育英館に無償で移管譲渡される苫小牧駒澤大学 =苫小牧市錦岡

 大リーグ・ヤンキースで活躍する田中将大投手やスピードスケートなどでオリンピックに7回出場した橋本聖子参院議員らを輩出した名門、駒澤大付属苫小牧高校を擁する学校法人駒澤大学(須川法昭理事長)が今年1月、傘下の苫小牧駒澤大学(以下苫駒大)を中国と関係が深い京都市の学校法人に無償で移管譲渡することを決めたすでに協定書を交わし、文部科学省に設置者変更を申請、認可されれば、来年4月1日から、苫駒大の名前が消える。一部大学関係者や寄付行為者である曹洞宗の関係者の間では、移管譲渡までの経緯が不透明なうえ、苫駒大が“中国人大学”になり、駒大グループが“中国化”するのではないかという不安が広がっている。一体、何が起きているのか?

 ×   × 

 移管譲渡を受けるのは「学校法人京都育英館」(松尾英孝理事長)。平成25年4月に設立され、京都看護大学や苫小牧市に隣接する白老町で北海道栄高校(生徒数371人)の運営を手がけている。同法人を設立した「学校法人育英館」(同理事長)は、京都ピアノ技術専門学校や関西語言学院(京都市)、四万十看護学院(高知県四万十市)を運営、中国・瀋陽市では、東北育才外国語学校を設立、経営している

>>続きを読む

 

日本への間接侵略は戦後から始まっていた・・・・・

 ここだけなのか?学校だけなのか?

 国防認識なき国会議員、官僚は何もしてこずの驚異

 

 

 


タグ:間接侵略
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【異聞 北の大地・第4部(中)】中国資本の影が忍び寄る「北海道人口1000万人戦略」のワナ “素性”不明の発電所が多数存在…跡地は誰も把握せず [日本が危ない]

閉じる

2017.2.25 12:00

【異聞 北の大地・第4部(中)】中国資本の影が忍び寄る北海道人口1000万人戦略」のワナ “素性”不明の発電所が多数存在…跡地は誰も把握せず

買収されたゴルフ場のクラブハウスには日の丸と中国の国旗が立てられていた (宮本雅史撮影)

 平成17年5月9日、JR札幌駅近くの札幌第1合同庁舎で、国土交通省と北海道開発局の主催で「夢未来懇談会」なる会合が開かれた。懇談会では通訳や中国語教室などを手がける北海道チャイナワーク(札幌市)の張相律社長、「北海道人口1000万人戦略」と題して基調講演し、参加者を驚かせた。

 北海道開発局によると、張氏は、今後、世界は「資源無限から資源限界に」「自由競争社会から計画競争社会に」「国家競争から地域競争に」なると分析。北海道は世界の先進地域のモデルになる可能性が高いとし、「北海道の人口を1千万人に増やせる」と提言した。そのための戦略として(1)農林水産業や建築業を中心に海外から安い労働力を受け入れる(2)北海道独自の入国管理法を制定し、海外から人を呼び込む(3)授業料の安いさまざまな大学を設立し、世界から学生を募集する-などの持論を展開した。

>>続きを読む

>之は間接侵略ではないのか?能天気にも程がある?それともお仲間?

 1000万?そうなれば日本人は必ず北海道からたたき出される

 其れが中国共産党のやり方チベット、ウィグルが其れを物語る


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【中国軍機】空自機スクランブル… 百田尚樹氏ツイッターで警鐘乱打「中国の挑発、もはや戦争一歩手前」「自衛隊見殺しにするな」 [日本が危ない]

閉じる

2016.12.12 11:47

中国軍機】空自機スクランブル… 百田尚樹氏ツイッターで警鐘乱打「中国の挑発、もはや戦争一歩手前」「自衛隊見殺しにするな」

作家の百田尚樹氏(桐山弘太撮影

 中国軍機6機が沖縄本島と宮古島の間の公海上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した問題で、作家の百田尚樹氏は12日までに自身の短文投稿サイト「ツイッター」を更新し、緊張感もあらわに、「これは大事件だ!中国の挑発は度を超えた。もはや戦争一歩手前」と警鐘ツイートを発信した。

 投稿は11日付で、百田氏は同じツイートの中で、「(この問題を)なぜマスコミは大ニュースにしないのか! 後の歴史家たちに、『あの時、日本が毅然とした対応をしていたら、大戦争は起こらなかっただろう…』と言われるほど」と強い語調で論じた。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【異聞 北の大地】「エゾ富士」水源地に中国人専用ゴルフ場、洞爺湖畔に謎のリゾート計画…中国資本、国土を侵食 [日本が危ない]

閉じる

2016.11.24 06:39

【異聞 北の大地】「エゾ富士」水源地に中国人専用ゴルフ場、洞爺湖畔に謎のリゾート計画…中国資本、国土を侵食

羊蹄山の麓、北海道喜茂別町にあるゴルフ場。中国・北京の投資会社が買収したが、事業内容は不明だ =10月28日

 「エゾ富士」羊蹄山(ようていざん)の麓に広がる北海道喜茂別町は、町の77%を森林が占め、喜茂別川などを源にした清流が流れる水源地でもある。その丘陵地に、広さ約210ヘクタールの中国人専用のゴルフ場が広がっている。

 上空から見ると、紅葉した山間に緑の芝生が鮮やかなホールが連なる。日本企業が経営するゴルフ場を買収したのは、中国・北京の投資会社。ゴルフ場の従業員らによると、100%中国人オーナーのプライベートゴルフ場で、プレーするのはオーナーの知り合いの富裕層中国人だけ。実態は、オーナーと現地法人社長以外は分からないという

 買収当初は、会員制別荘地を造成し、アジアの富裕層に分譲するとしていた。町によると、開発行為の許可申請の準備をしているというが、事業内容は不明。町の担当者は「基本的には一般には開放していない。今は一般にもオープンしていると聞いているが、現状は詳しくは分からない」と話している。

 産経新聞が3部にわたり指摘してきた中国資本やその影響が見え隠れする日本企業による不動産買収。その実態を上空から検証した。(宮本雅史)

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「女性宮家創設」も議論を 民進党・皇位検討委が初会合 [日本が危ない]

閉じる

2016.10.26 23:18

「女性宮家創設」も議論を 民進党・皇位検討委が初会合

 民進党は26日、国会内で天皇陛下が意向を示された「生前退位」などについて議論する「皇位検討委員会」(委員長・長浜博行副代表)の初会合を開き、年明けをめどに党の見解をまとめる方針を確認した。同委は野田佳彦幹事長の直属機関。会合には野田氏を含め6人が出席したが、平成24年に野田内閣の有識者会議が検討した「女性宮家の創設」も検討委で議論するよう求める声が相次いだ。

 民進党内には「政府が特別措置法で性急に対応しようとしている」(党幹部)ことへの懸念がある。検討委事務局長の馬淵澄夫選対委員長は会合後、記者団に「われわれとしても考え方の論点を整理する。政府の有識者会議が示した8項目は限定的だと受け止めている。時間も限られるので現実感をもって取り組む」と述べた。

>またぞろ、女性宮家を持ち出して、皇室解体=日本解体画策再始動か

以下動画

❶【大道無門】谷田川惣、女系論の誤魔化しを暴く![桜H24/5/4]  

❷【直言極言】「生前退位」報道に隠された日本解体策動と正体[桜H28/7/15]  

❸【緊急特番】皇位継承の危機?渡部昇一、小堀桂一郎、加瀬英明[桜H28/9/1]  

❹【直言極言】政体よりも国体、有識者会議よりも皇族会議が先だ[桜H28/9/30]  

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は絶滅? [日本が危ない]

JBPress

米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は絶滅

日中戦争に備えて米国は日本の核武装容認も

2016.10.11(火) 古森 義久
習主席、連合作戦指揮センター「総指揮」に就任 迷彩服で視察

中国・北京の天安門広場で行われた抗日70年行事の軍事パレードで閲兵する習近平国家主席(2015年9月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/GREG BAKER 〔AFPBB News

日本は中国に死者3000万人の被害をもたらす核ミサイルを10年以内に開発することができる。一方、中国は日本に対して3400万人の死者を出す核攻撃をかけることが可能だ――。

まるで恐怖をあおるサイエンスフィクションのような物騒な推定が米国防総省委託の研究報告で明らかにされた。

米国同盟国の間で徐々に高まっている核武装論

米国・ワシントンのインターネット新聞「ワシントン・フリー・ビーコン」は10月7日、「ペンタゴン(米国防総省)が将来の日本の核兵器と対中戦争について研究」という見出しの記事を掲載した。

この報道をスクープしたのは、米国の軍事戦略を専門とするビル・ガーツ記者である。ガーツ記者は、国防総省の「相対評価局(ONA)」が今年6月にワシントンで開催した「核作戦とその意味」と題する研究集会の報告書の主な内容を伝えていた。

ONAは国防長官に直結する研究調査機関で、米国にとって10年以上の単位で長期的な脅威となりうる諸外国の軍事動向や、同盟国を含めた米国側陣営に対する脅威への対応策について研究することを主任務としている

同新聞の報道によると、ONAがこの種の研究に取り組んだ背景には以下のような要因がある。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【北海道が危ない 第3部(下)】永住権狙い不動産物色 危機感なく「買ってくれるなら中国でも…」 [日本が危ない]

閉じる

2016.10.7 03:30

北海道が危ない 第3部(下)】永住権狙い不動産物色 危機感なく「買ってくれるなら中国でも…」

日本国内の不動産情報が満載されている中国語新聞  

 札幌市中心街にある札幌市資料館近くのビルの合間に、中国人専用のゲストハウスの建設工事が進んでいる。

 土地を買ったのは上海出身の中国人男性。約3千万円で購入したとされる。

 札幌市内の不動産会社関係者によると、この中国人男性は、北海道への移住の下準備のため観光ビザで来日。滞在中に札幌市内の大手中国系不動産会社を通して、同市内の雑居ビルの一室に資本金約1千万円で法人を設立した。同時に、法人名義で土地を購入しゲストハウスの建設手続きを済ませたという。

 「契約書は本人が交わしたようだが、売買手続きなどは不動産会社のトップが代わって署名した。銀行口座も、実力がある中国人が仲介すると簡単に開設できる」と関係者は話す。このように不動産を購入する中国人は多いという。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【北海道が危ない 第3部(上)】小樽を見下ろす中国系の“要塞”は高台の元国有地 米軍の重要港が丸見えだった [日本が危ない]

閉じる

2016.10.6 05:00

北海道が危ない 第3部(上)】小樽を見下ろす中国系の“要塞”は高台の元国有地 米軍の重要港が丸見えだった

買収された元国有地。高台は森林と崖に囲まれ一見、”要塞”のようだ。右側の建物がレストラン

 JR函館線小樽築港駅にほど近い高台にある「平磯公園」は小樽市内でも観光名所の一つだ。標高約70メートルの公園からは、小樽港や小樽市の中心街が一望でき、「重要眺望地点」にも指定されている。

 この平磯公園から1段下がった高台に6月上旬、日本料理専門のレストランがオープンした。高台は、草木に覆われた高さ3メートルほどの土砂の壁を背に、3方を崖と森林に囲まれ、外から様子を知ることはできない。崖の一部は城壁のように石垣が組まれ“要塞”のように見える。

 レストラン入り口のインターホンを押したが、故障しているようで反応がない。屋根には防犯カメラが不気味に見据えている。裏庭にまわると、バーベキュー用の施設があり、その先は急勾配の傾斜地で眼下に小樽湾が広がっていた。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【にっぽん再構築・インフラが危ない(3)】遅れた耐震化 熊本地震、潰れた司令塔 「なぜ役人にカネ」庁舎建て替えに市民反発 [日本が危ない]

閉じる

2016.9.17 07:00

【にっぽん再構築・インフラが危ない(3)】遅れた耐震化 熊本地震、潰れた司令塔 「なぜ役人にカネ」庁舎建て替えに市民反発

 
 

 8月25日、4階部分が押しつぶされた庁舎にクレーン車がアームを伸ばした。 4月の熊本地震で損壊し使用不能となった熊本県宇土市役所本庁舎の解体作業。まずはクレーンの先端に取り付けた強力磁石を使い、金属製の書架や棚を次々につり上げる。庁舎には上下水道網や市道に関する重要書類が残されたままで、復旧の障害になっていた。慎重に壁を崩しながら、作業が進められた。

>>続きを読む


タグ:インフラ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

黒門市場のブランド守れ! 中国投資家らが〝侵蝕〟空き店舗を購入し貸し出し…商店街も〝自衛策〟!外国人客向け無料休憩所に [日本が危ない]

閉じる

2016.9.16 12:49

黒門市場のブランド守れ! 中国投資家らが〝侵蝕〟空き店舗を購入し貸し出し…商店街も〝自衛策〟!外国人客向け無料休憩所に

外国人観光客のために黒門市場内に開かれた観光案内所兼休憩所=16日、大阪市中央区(村本聡撮影)

 「大阪の台所」として知られ、訪日外国人客(インバウンド)でにぎわう大阪市中央区の黒門市場で、中国など海外の投資家が空き店舗物件を購入し、テナントとして貸し出すケースが増えている。こうした店舗は商店主らの組合に加入しないことが多く、トラブルも懸念されるという。危機感を募らせる黒門市場商店街振興組合は空き店舗を購入し、外国人向けの無料休憩所として9月にオープンさせるなど、“自衛策”に乗り出した。(井上浩平)

中国人女性店員が呼び込み

 「ハイ、神戸牛。おいしいよー」。16日午前10時すぎ、食べ歩きを楽しむ中国や韓国などからの観光客でごった返す黒門市場。牛肉専門店を思わせる看板を掲げた店では、中国人の女性店員が流暢(りゅうちょう)な日本語で呼び込んでいた。この店では、くし焼きやどんぶりなど数千円から高いものでは5000円以上で販売。一方、周辺の鮮魚店や総菜店は数百円程度の商品が中心だ。この店以外にも1玉1000円近いモモや数千円のブドウなどを販売する青果店もある。

>>続きを読む

>之は日本社会、文化、撹乱の間接侵略ではないのか?

 日本商店街衰退で何れは中華街の憂き目なのかも


タグ:間接侵略
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

天皇処刑と日本の共産革命に動き始めた中国 [日本が危ない]

JBPress

天皇処刑と日本の共産革命に動き始めた中国

国防動員法施行で急拡大する中国人による土地買収

2016.9.16(金) 森 清勇
G20で指導力演出狙う=「南シナ海」不安材料に-中国主席

中国・北京で会談に臨む習近平国家主席(2016年8月31日撮影)〔AFPBB News

日中首脳会談などで安倍晋三首相が主張する法の支配・対話路線とは裏腹に、中国は「力の支配による既成事実化」としか思えない行動をとり続けている。

南シナ海の人工島構築が発覚した時点での米中首脳会談では、軍事基地化は考えていないと発言していた。しかし、いまの実体は、軍事基地化以外の何物でもない。

スカボロー礁でも、米国のやや強腰な警告に対し、同じ屁理屈を述べていた。しかし、浚渫船などが確認されている。

東シナ海でも同様で、話し合いの合意を無視して一方的に中間線付近ではガス田の施設を拡充しているし、尖閣諸島では接続水域への入域や領海侵入を繰り返している。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本の甘い対応に増長する中国、危うし東シナ海 [日本が危ない]

JBPress

日本の甘い対応に増長する中国、危うし東シナ海

自民党は「一触即発」事案を検証し、法改正につなげ

2016.8.19(金) 森 清勇
外相抗議後も挑発やまず=中国、「管轄権」行使を誇示-尖閣接続水域に公船10隻

東シナ海の我が国接続海域を航行する中国公船〔AFPBB News

元自衛官として、争いごとを誰よりも嫌う。現役の自衛官も家族ともども同様だと思う

しかし、先の参院選に次いで東京都知事選で日本国民の関心が内政に集中し、続いて平和の祭典と言われるリオ・オリンピックを堪能している間に、中国は一方的に東シナ海の日中中間線や尖閣諸島周辺で日本を翻弄している。

尖閣諸島周辺では領海侵犯を繰り返し、東シナ海上空では攻撃動作を仕かける中国の大胆不敵な行動に対し、日本は十分な対処ができていない。先の安保法制はこうした事態に対処する最小限の法制でしかなかったが、野党などは今でも廃案を目指している。

「廃案」という的外れの行動は、先の法案審議が違憲論争に終始し、現実に起きている国際情勢をはじめ、尖閣諸島周辺の状況などにほとんど質疑が及ばなかったからである。

その後の状況は安保法制の有用性に加え、自衛隊の行動を律している自衛隊法にも大きな欠陥があることが判明してきた。

尖閣諸島周辺の状況は緊迫しており、海上保安庁や自衛隊が対処している実相を検証し、また厳しい現実を国民に知らせ、法改正につなげる必要があるのではないだろうか。

>>続きを読む


タグ:尖閣諸島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【主張】尖閣奪取に海上民兵 中国は本気だ!「軍事力」への警戒強めよ [日本が危ない]

閉じる

2016.8.18 05:03

【主張】尖閣奪取に海上民兵 中国は本気だ!「軍事力」への警戒強めよ

 尖閣奪取への飽くなき意図が明白になった。

 尖閣諸島の周辺海域へ今月、中国公船とともに押し寄せた中国漁船に、100人以上の海上民兵が乗り組んでいたことが産経新聞社の調べで分かった。

 海上民兵とは、一般の漁民に紛れ込み、漁船団を利用する海のゲリラ戦部隊だ。そうした特殊な軍事力を中国は投入してきた。

 尖閣奪取の事前演習をしているつもりなのか。このような敵対的行動を、放置しておくことは許されない。

 中国の民兵組織は、共産党中央軍事委員会の傘下にある。つまり、軍の構成単位であることを中国国防法が定めている。

 これは、極めて深刻な事態である。現在、尖閣周辺で警戒にあたる海上保安庁は警察機関の一種であり、外国の軍事組織を取り締まる権限や能力はないからだ。

>>続きを読む


タグ:侵略の危機
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【動画】尖閣諸島周辺海域にひしめく中国漁船や公船 海上保安庁が動画を公開 [日本が危ない]

閉じる

2016.8.15 23:39

動画】尖閣諸島周辺海域にひしめく中国漁船や公船 海上保安庁が動画を公開

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に侵入した中国公船(左)に退去を促す海上保安庁の巡視船(同庁提供)

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域で中国海警局の公船と漁船が活動を活発化させている問題で、海上保安庁は15日、同海域の様子を撮影した動画を公式ホームページに公開した。同庁の巡視船や航空機で5~9日に撮影したもの。動画は7つあり、いずれも無音声。撮影時間は計約4分になる。

 同海域では当時、200隻を超える漁船が操業。8日には、過去最多の計15隻の公船が同時に接続水域や領海を航行していた。

 動画では、魚釣島を背景に、狭い水域内にひしめき合う漁船や公船、対応する巡視船が映し出される。また、巡視船が多数の漁船を監視したり、領海に進入した公船と漁船に退去を要求する様子も見ることができる。

>>続きを読む


タグ:尖閣諸島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【緊迫・ガス田】「日本、あれこれいう権利ない」 中国、レーダー設置への抗議に反発 [日本が危ない]

閉じる

2016.8.9 17:51

【緊迫・ガス田】「日本、あれこれいう権利ない」 中国、レーダー設置への抗議に反発

向かい合う岸田外相(左)と中国の程永華駐日大使=9日午前、外務省  

 東シナ海の日中中間線付近に中国が建造したガス田掘削施設の1基に船舶を察知する小型レーダーが設置され、日本政府が中国に抗議したことに対し、中国外務省は9日「(設置場所は)中国が管轄する海域であり、日本側にあれこれ言う権利はない」と反発した

 同省は設置した設備について「よく使われる赤外線撮影設備」とし、目的は「掘削施設周辺の状況を観測して、本体の安全を守るためだ」と説明した。

 その上で「取るに足りないことを大げさに取り上げている。その下心が分からない」と日本を批判した。(共同)

 


タグ:東シナ海
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

中国、日中中間線の海洋プラットフォームにレーダー、監視カメラ設置 中国に抗議 [日本が危ない]

閉じる

2016.8.7 21:19

中国、日中中間線の海洋プラットフォームにレーダー、監視カメラ設置 中国に抗議

  

 中国が東シナ海の日中中間線付近で拡張するガス田開発の海洋プラットホームに、水上船舶を探知する水上レーダーと監視カメラが新たに設置されていることが7日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。日本政府は5日に外交ルートで中国側に抗議した。中国側が今後、航空機の動きを監視する対空レーダーを設置するなど東シナ海の軍事拠点として利用する可能性もあり、日本政府は警戒を強めている。

>>続きを読む


タグ:東シナ海
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【北ミサイル】内閣改造に合わせて発射か 「日本威嚇が目的」 [日本が危ない]

閉じる

2016.8.3 20:01

【北ミサイル】内閣改造に合わせて発射か 「日本威嚇が目的」

北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイルについて、声明を発表する韓国外務省の報道官=3日、ソウル(共同)

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮が3日発射したノドンの弾頭部分が初めて、日本のEEZ内に落下した。何度も失敗した後、初めて成功を収めたとされる6月22日の新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000キロ)の発射に続く衝撃となった。

 ムスダンは米領グアムの米軍基地を標的に開発されたのに対し、ノドンは日本のほぼ全土を射程に収める弾道ミサイルで、日本や在日米軍基地への攻撃能力を誇示したものとみられる。

>>続きを読む


タグ:北ミサイル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【続北海道が危ない(下)】不動産買いあさる中国資本「日本が日本でなくなる」危機 「ウイグル化」する北海道が中国の自治区になる?  [日本が危ない]

閉じる

2016.7.31 01:00

【続北海道が危ない(下)】不動産買いあさる中国資本「日本が日本でなくなる」危機 「ウイグル化」する北海道が中国の自治区になる?     

 北海道の日高山脈・十勝幌尻岳の山麓にあるポロシリ自然公園の隣の山間に「帯広南の丘 スイス牧場」という看板が森林に隠れるように立てられている。看板には小さく「Shouwa 95nen beginnen」とある。

 森林に覆われ、牧場には見えないが、建物が数軒、木々に埋もれるように建っている。入り口とおぼしき林道には車が出入りした形跡はあるが、柵が設置され、「私有地につき立ち入り禁止」の看板が立っている。約2年前に看板に気づいたという地元住民は「ほとんどの住民は存在すら知らない。所有者も全く分からない」と話す。帯広市農政課と管轄の川西農協も「名前を聞いたことはないし、全く把握していない」という。

 一体、だれが何をしているのか。全てがベールに包まれているが、小さく看板に書かれた「Shouwa 95nen beginnen」はこんな推測を広げている。「昭和95年は2020年。この年は中国共産党にとって近代化目標年で、ターニングポイント。このメッセージに何か意味があるのでは…」(地元の地方議員経験者)

 「場所は分からないが、中国人が牧場を丸々買ったという話を聞いた」。こんな証言をする住民は1人や2人ではない。スイス牧場に中国資本が関与しているか否かの確証はないが、そんな証言が地方議員経験者の推測に現実味を帯びさせている。

>>続きを読む


タグ:間接侵略
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【続北海道が危ない(中)】札幌の高級住宅地に中国マンション 「民泊利用」消えぬ住民不安 [日本が危ない]

閉じる

2016.7.30 01:00

【続北海道が危ない(中)】札幌の高級住宅地に中国マンション 「民泊利用」消えぬ住民不安

中国系不動産会社のマンション建設計画をめぐり、住民からは「民泊に使うのでは」と不安の声が出ている=札幌市中央区宮の森(宮本雅史撮影

 大倉山ジャンプ競技場や円山公園などで知られる札幌市中央区の宮の森地区。この札幌有数の高級住宅街で、ちょっとした騒動が持ち上がっている。宮の森2条11丁目の角地。騒動を象徴する「民泊反対」の立て看板が目を引く。何が起きているのか。

 住民らの話を総合すると、騒動は中国系不動産会社「海潤(ハイルン)」(札幌市)が2月、宮の森の高級住宅街に3階建てマンション(5戸)2棟とコンセプトハウス、管理事務所を建設することを公にしたことに始まった。工事は一部で始まっており、マンションの1棟は9月にも完成する予定だ。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - 日本が危ない ブログトップ