So-net無料ブログ作成
検索選択
目を覚ませ日本国民 ブログトップ
前の20件 | -

【ケント・ギルバート氏直言!】「バカに国防を依存する日本人はもっとバカだ!」と言い返そう 日本人よ、トランプ大統領誕生で覚醒を [目を覚ませ日本国民]

閉じる

2016.12.24 01:00

【ケント・ギルバート氏直言!】「バカに国防を依存する日本人はもっとバカだ!」と言い返そう 日本人よ、トランプ大統領誕生で覚醒を

ケント・ギルバートさん  

※この記事は、40年間、日本を観察した米国人が「米国依存症」の重症患者と有害な勉強不足を分析する『トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策』(ケント・ギルバート著、産経新聞出版刊、1300円+税)から抜粋しました。ネットでのご購入はこちらへ。

体制側の最後の悪あがき

 私は、米国カリフォルニア州の弁護士資格法学博士号、経営学修士号を持っているが、日本の弁護士資格は持っていない。また、国際法律事務所に所属して、本格的に法律業務に携わっていたキャリアは10年に満たない。そして、政治評論家を名乗れるほどの知識や経歴もない。もちろん、歴史学者やジャーナリストとしての活動経験もない。

 しかし、専門家ではなく素人という意識があるからこそ、私はそれぞれの問題を論じる際に、最新情報や一次資料をその都度検証し、「ファクト」にこだわって原稿を書いてきた。本書を読めば分かるように、多くの個人や組織、政党など、実名を挙げて批判してきたが、「事実と違う」という抗議を受けたことは一度もない。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

“脅し”と侮るのは危険だイスラム国、日本攻撃を呼び掛け [目を覚ませ日本国民]

“脅し”と侮るのは危険だ
イスラム国、日本攻撃を呼び掛け


タグ:日本防衛
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【「近代日本」を診る 思想家の言葉】北村透谷 近代の毒を最初に吸った詩人 東日本国際大教授・先崎彰容 [目を覚ませ日本国民]

以下抜粋

 この繊細なロマンチストが、今、なぜ重要なのか。それは透谷が、筆者が腰掛けている銀座の情景を、次のように書き記していたからだ。明治26年のある日、銀座の木挽町を歩んでいた自分は、橋の上から街並みをみていた。洋風と和風、和洋折衷の建物が並び、傍らを和服洋服・背広・紋付きを着てせわしなく人びとが通り過ぎてゆく。そのとき突然、透谷は気づいたのだ。「今の時代は物質的の革命によりて、その精神を奪はれつつある」と(『漫罵』)。急速に近代化する銀座は単に豊かさだけの近代化にすぎないと。

 今から120年以上前、すでに透谷は表面だけの西洋化に溺れる日本に警告を発していた。この叫びは残念ながら、今の銀座にもあてはまる-そんなことを思いながら、この夏、ビストロの窓辺に筆者は腰掛けていた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【戦後70年首相談話】60年安保の愚をまた繰り返すのか [目を覚ませ日本国民]

2015.7.21 08:21更新

【戦後70年首相談話】
60年安保の愚をまた繰り返すのか

>日本の最大の敵は国内に有り・・

 「反日、売国、利敵言動堂々闊歩」之を異常に感じない?

 「不思議の島、戦後異常日本」

以下抜粋

 対日工作の責任者としてソ連共産党中央委員会国際部副部長などを務めたイワン・コワレンコ氏はソ連崩壊後に回顧録を残し、民主統一戦線を作るべく政界や労働界を奔走したことを赤裸々に明かしている。

 回顧録では浅沼や石橋政嗣、土井たか子ら歴代社会党委員長を「ともに仕事をして実り多かった愛すべき闘志たち」と称賛。メディア工作も自ら手がけ、朝日新聞幹部らとの深い関係を築いたことを誇示した。

 あれから55年。ソ連は崩壊したが、共産党の一党独裁を維持しつつ世界第2位の経済大国・軍事大国となった中国旧ソ連に代わって日本の政財界やメディアに工作網を張り巡らせている。戦後70年談話や安保法制を対日工作の主要テーマとしても何の不思議もない


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【野口裕之の軍事情勢】「健康のためなら死んでもよい」と同じ? 摩訶不思議な集団的自衛権反対論 [目を覚ませ日本国民]

 >国防妨害、反日民主党、反日マスコミに騙されてはいけない。この連中の狙いは安倍政権潰しのみ、国を国民を守る覚悟などまるで無し。

それはこの記事で一目瞭然

国民は2009年を思い出せ!、反日、左巻き連合、共闘の結果何が起こったのか?・・訪れたのは悪夢の三年半

国民は、安倍叩き!の扇動に再び乗せられるのか?

日本の真の敵は誰なのか?

安倍政権なのか? 「否」 は明確。

国民は2009年の轍を踏まされてはいけない。

現状、世界と渡り合い、日本を守れる政権は安倍政権以外になし。

一寸冷静に成れば直ぐに判る事ではないのか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【酒井充の野党ウオッチ】民主党に「言論統制」を批判する資格があるのか? 政権時の言論封殺の数々… [目を覚ませ日本国民]

2015.7.3 01:00更新

【酒井充の野党ウオッチ】
民主党に「言論統制」を批判する資格があるのか? 政権時の言論封殺の数々…

 記憶を頼りに、少し調べただけでも8例あった繰り返すが、これは全て公開の場の出来事だ。当時の民主党幹部らによる非公式の産経新聞への「圧力」を挙げればきりがなく、現実の圧力にはなっていない今回の問題の比ではなかった。

 8例のうち、産経以外のメディアも大きく取り上げたのは、尖閣映像の公開拒否と松本氏の恫喝ぐらいだった。民主党政権の「言論統制」には比較的寛容だった朝日新聞や毎日新聞、東京新聞が現在、自民党の問題を連日盛んに取り上げることに違和感を覚える。

 そもそも自民党の一議員の発言で本当に萎縮すると思っているなら、報道機関であることを返上した方がいい。(抜粋)

*************************************************

>之は正に反安倍勢力(政官財、学識、マスコミ、害国・・)連帯の安倍政権叩き!2009年自民党政権叩き!と構図は同じ・・国民はその後に来た悪夢を忘れたのか?

 場当たり、ご都合、責任転嫁、無責任、無能・無策の政権担当だった民主党、この政党に言論弾圧を語る資格なし。

今回大騒ぎの言論弾圧?国民の代表たる国会議員の言論封じをしているのは反日マスコミの方ではないのか?マスコミは何時から特権階級になったのか?

この反日横暴マスコミを監視、批判出来るのは誰なのか?国民はこのマスコミの仕掛る言論封殺を看過してはいけない。日の丸国民猛烈抗議!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

違憲指摘の早大長谷部教授が会見「憲法学者95%は同意見」 安保法案の撤回求める [目を覚ませ日本国民]

閉じる

2015.6.15 16:52

違憲指摘の早大長谷部教授が会見「憲法学者95%は同意見」 安保法案の撤回求める

安全保障関連法案について記者会見する、早稲田大の長谷部恭男教授(右)と慶応大の小林節名誉教授=15日午後、東京有楽町の日本外国特派員協会

 衆院憲法審査会で安全保障関連法案を「違憲」と指摘した憲法学者の長谷部恭男早稲田大教授と小林節慶応大名誉教授が15日、日本外国特派員協会でそろって記者会見した。長谷部氏はあらためて「集団的自衛権行使は明らかに違憲」とした上で「政府は法案を撤回すべきだ」と述べた。「95%を超える憲法学者が違憲だと考えているのではないか」との見方も示した。

 長谷部氏は「これまで内閣法制局は集団的自衛権行使が違憲だと何度も言ってきた。ところが今の内閣のプレッシャーに負けて解釈を変えた」と批判した。

 自民党の高村正彦副総裁が「憲法学者の言う通りにしていたら日本の平和と安全は守れない」などと発言していることには「法案は日本の安全を危うくする。確実に安全を守りたいなら、ぜひ学者の意見を聞くべきだ」と語った。

 2015.6.15 22:15

陳述人の多数が「違憲」 憲法審公聴会、安保法案

高知市で開かれた衆院憲法審査会の地方公聴会に出席する陳述人ら=15日午後

 衆院憲法審査会は15日、高知市で地方公聴会を開いた。意見陳述した6人のうち、憲法学者の高知大の岡田健一郎准教授を含む5人が、集団的自衛権行使を容認する安全保障関連法案について「違憲」の立場から見解を示した。法整備の必要性を認める意見もあった。

 岡田氏は「(現行憲法の)平和主義や立憲主義に深刻な影響を与える。政府は撤回すべきで、違憲と言わざるを得ない」と批判した。高知全労連自治労連の筒井敬二執行委員長は「法案には(自衛隊活動に)地理的制約がない。憲法9条の容認する範囲を超えているのではないか」と語った。

 一方、同県の尾崎正直知事だけは合憲の立場から「あくまで自衛が目的だ」とし「法律を作ることは容認されるのではないか」と指摘した。

 残る自営業者、主婦ら3人は違憲との観点から法案に反対した。衆院憲法審による地方公聴会開催は今国会で初めて。陳述人は一般公募の中から職業などを勘案して選ばれた。

>正に憲法守って国滅ぶ・・、違憲に関しては刷り込みが強力、戦後反日マスコミの偏向報道弊害は大きいと云う事らしい。

>以下の動画が戦後法曹界の実態を解説(眼から鱗で納得)

日本の戦後はGHQの公職追放から始まった(H19.1.24)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【政治デスクノート】「大阪」「共産党」…統一選「公明党」が「負けそう」と焦る理由 [目を覚ませ日本国民]

2015.3.25 11:00更新

【政治デスクノート】
「大阪」「共産党」…統一選「公明党」が「負けそう」と焦る理由

>今後の選挙の投票判断は”日本軍 or 反日軍”かの二者択一でお願いします 。

  国政、地方問わず、全てに日本の未来がかかっています。

  「日の丸国民からのお願い」です。


タグ:地方選挙
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - 目を覚ませ日本国民 ブログトップ