So-net無料ブログ作成
検索選択
教育論評 ブログトップ
前の20件 | -

【手帖】絵本の読み聞かせで子供の頭は良くなる [教育論評]

閉じる

【手帖】絵本の読み聞かせで子供の頭は良くなる

『絵本で子どもの頭は良くなる』

 

 絵本の読み聞かせが子供の感性や想像力を豊かにするといわれている。“絵本の母”と呼ばれる浜島代志子さん(77)が先ごろ、『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』(すばる舎・1400円+税)を出版した。

 親子で絵本を読むことの重要性を訴える浜島さんは、中学の国語教師を経てから約半世紀にわたり、親子への絵本の読み聞かせを全国で行ってきた。

 その活動を通じて得たことを書いたのが本書。豊富な体験から導き出されたのは、幼児のときから絵本の読み聞かせをすれば、頭が良くなるということ。「幼い頃から絵本になじんできた子供は“言葉の貯金箱”ができ、読解力が身につき、国語が得意になります。考える力がつくので、算数の応用問題がすいすい解けるようになります。絵本は偉大な教育ツールです」と、絵本の効用を話す。

 浜島さんは「7分あれば1冊読むことができます」と、1日1冊の読書を推奨する。図書館で借りて、気に入った絵本なら買うことを勧めている。

 「絵本は心の食事」「絵本選びは食材選び」「絵本は知識の宝庫」「絵本で子どもは自由人になるのです」というように、センスの良いキャッチーなフレーズでつづられる。巻末には0歳から6歳までに読み聞かせたい「厳選絵本リスト210冊」を解説付きで紹介。「絵本に酔って生きてきた」という浜島さんの人生が詰まった一冊だ。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【解答乱麻】子供と向き合うのは「負担」なのか 気になるのに早く帰宅して気が休まるか 藤崎育子 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】子供と向き合うのは「負担」なのか 気になるのに早く帰宅して気が休まるか 藤崎育子

 開善塾教育相談研究所所長・藤崎育子

 不登校・ひきこもりの子供たちの家庭訪問や合宿の合間に講演を行っているが、その中には校長や教頭など管理職対象のものもある。講演を聞いて、自分の学校の教職員にもぜひ聞かせたいからと校内での研修を依頼されることがある。

 最近、親しい校長先生たちから、立て続けに同じ心配事を聞かされた。それは「負担軽減」という言葉ばかりが先行してしまうことへの危惧である

 先生方の負担になるから、これもやめましょう、あれもやめておきましょうという話が増えたというのである。ある学校では家庭訪問も先生方の負担になるので控えましょうという雰囲気になっているという。

>>続きを読む

 

 

 


タグ:解答乱麻
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏休みの自由研究 テーマ探し、手助けさまざま [教育論評]

閉じる

夏休みの自由研究 テーマ探し、手助けさまざま

キッザニア東京のNTTドコモのパビリオン。ロボットのプログラミングが体験でき、自由研究の材料になりそう=東京都江東区

 

 夏休みといえば自由研究。知りたいことを時間をかけてじっくり調べるチャンスだ。以前は手探りで決めていた研究テーマも、今ではその“糸口”が数多い。子供向けの職業体験施設や各地の図書館が今年も自由研究の手助けに乗り出しており、悩む親にとってもヒントになりそうだ。(櫛田寿宏)

                   ◇

 世界に国いくつ?

 さまざまな職業を体験できるキッザニア東京(東京都江東区)とキッザニア甲子園(兵庫県西宮市)は31日まで、「夏休み応援企画 わくわく自由研究」を開催している。自由研究センターを設置し、研究のきっかけを見つける方法や研究の進め方などについて学べる。各パビリオンには研究のヒントが書かれたメモを掲示。「どうしてロボットが言葉を話したり、動いたりできるんだろう?」(NTTドコモ)、「世界にはいくつの国があるのだろう」(JTB)など、調べるきっかけになりそうな問いかけがされている。広報グループの大久保陵平さんは「調べたことをどうまとめるかも分かりやすくアドバイスします」と話

>>続きを読む

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【解答乱麻】人生の土台を身につける教育 バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】人生の土台を身につける教育 バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

 バッカーズ寺子屋は、10歳から15歳の子供たちと、バッカーズ少年教育10原則という「プリンシプル」(人として大切な原理・原則)を経営者と共に学ぶ私塾だ。

 (1)ウソごまかしをしない。誰が見ていなくても「お天道様(さま)」が見ている(2)自己責任とは。人のせいにしない。自分の判断力と決断力を持とう(3)よく働き、よく学び、よく遊ぶ。良い競争心を持とう(4)感謝心を持とう(5)人に迷惑をかけない。良いマナーを持とう(6)自分に厳しく、人に寛大に(その逆の、自分に甘く人に厳しい人は本当にカッコ悪いよ)(7)人のためになろう、国のためになろう、世界のためになろう(8)いつもユーモアの心を持つ(9)人をタイトルや外見や名前や住んでいるところで見るのではなく、いつもその本人で見よう。本物とは何のことか考えよう(10)国際人とは何かを考えよう。自分の国を愛し、他の国の人とも本当の友達になれ、他人のことも考えられるのが国際人だ。

 この10原則は、国際社会で実際に活躍し、成果を収めた方々が大切にしている。厳しい現実の中でこそ見失ってはならぬ大切な行動規範だ

>>続きを読む

 

 


タグ:解答乱麻
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『まんげつのよるまでまちなさい』 成長を共に「待つ」 [教育論評]

閉じる

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『まんげつのよるまでまちなさい』 成長を共に「待つ」

『まんげつのよるまでまちなさい』(ペンギン社・1000円+税)

 

 昭和53年にペンギン社から刊行された『まんげつのよるまでまちなさい』(マーガレット・ワイズ・ブラウン作、ガース・ウィリアムズ絵、松岡享子訳)は子供を育てる過程で「待つ」ことの意味を考えさせてくれる一冊です。

 あらいぐまのぼうやはまだ見たことのない夜の世界を見たいと繰り返しお母さんにせがみます。日に日に募るぼうやのまだ見ぬ世界への憧れをお母さんは優しく受け止め、その素晴らしさを言葉と歌で伝えるのですが、最後は決まって「まだよ。まんげつになるまで まちなさい」と応えるのです。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

【解答乱麻】おかしな流行「○○スタンダード」の危うさ…上からの押し付けで教育文化が後退する TOSS代表・向山洋一 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】おかしな流行「○○スタンダード」の危うさ…上からの押し付けで教育文化が後退する TOSS代表・向山洋一

 私のもとには、全国の先生方から日々情報が届く。その中には、「おかしな流行」のようなものもある。

 ここ数年、「○○スタンダード」と称して、授業の進め方を画一的にする動きが、全国各地の都道府県や区市町村の教育委員会で進められている。

 もともとは、若い先生・経験の浅い先生が多くなり、「授業をどのように進めていいかわからない」という「需要」に応えて作られたものだったようだ。

 それが、いつしか「○○スタンダード」として、10年、20年と経験した先生にも強要される動きがでてきた。授業の参考例の一つである「スタンダード」(標準)が、「その方法しか許されない」(統一規格)となっているというのだ

 例えば、「どの先生が教えても、子供たちが迷わないように」との理由から、「授業の始め方」や「板書の仕方」を統一するという。

>>続きを読む

 

 


タグ:解答乱麻
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

育児の常識は時代によって変わる!『祖父母手帳』監修の医師が語る課題 [教育論評]

logo
毎月のように、新しい子育て本、教育本が書店に並ぶ。教育熱心な親、子育てに悩む親がそれだけ多いということなのだろう。教育に関してはさまざまな考え方があり、どのような考え方を選ぶかは各家庭の裁量だ。ただ、一つの考え方に固執するよりも、他種多様な手段・方法・考え方を知って選択肢を持っておきたい。正解はないが、結果はあるのが子育て。あなたは親としてどう子どもと向き合いたいだろうか。この連載では、教育関連本を出版した著者の方たちにインタビューしていく。

 育児の常識は時代によって変わる。たとえば昔は「抱き癖がつく」という理由で乳幼児の抱っこはなるべく控えるべきという風潮があった。今は愛着形成のために、スキンシップは必要という流れになっている。祖父母世代と子育て世代の価値観の違いを埋めつつ、お互いがより良い協力をしていく方法を探る一冊が『祖父母手帳』(日本文芸社)だ。「子どもが夜早く寝ないと成長に問題が出ますか?」「同時に予防接種すると子どもの体に負担がかかるのでしょうか?」などの、何気ないけれど多くの親が育児中にぶつかる疑問にイラストを交えながら答えている。監修を務めた小児科専門医の森戸やすみさんに話を聞いた。

 

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:祖父母手帳
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ [教育論評]

logo

 こんにちは、小川大介です。中学受験生の父母との面談でも、企業のマネージャー向け研修を行っている時でも、最近増えている相談があります。

「叱るのはどうしたらいいでしょうか」
「叱り方が分からないです」

 というご相談です。中には「叱ってもいいものでしょうか」と真顔で聞かれることもあります。

 怒るのはダメというのは分かるけれど、「叱る」と「怒る」の違いがよく分からないと困っている方も多いようです。

(iStock/LittleBee80)

 

 「褒めて育てる」という考え方が広く浸透してきたためか、叱るということ自体への不安感を持ったり、気後れしてしまったりする人が増えているようです。世代が若くなるほどに、叱られ慣れていない人が増えているため、叱る側にとっては難しさも増していますね。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:子育て
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【正論】中韓を侮るな!日本にない危機感「国家的油断」が日本人の学力低下を招く 精神科医・国際医療福祉大学教授、和田秀樹 [教育論評]

閉じる

【正論】中韓を侮るな!日本にない危機感「国家的油断」が日本人の学力低下を招く 精神科医・国際医療福祉大学教授、和田秀樹

国際医療福祉大学教授・和田秀樹

 

 最近になって自民党議員の不祥事が相次ぎ(特に「安倍晋三人気」の追い風に乗って当選した2回生議員が問題になっている)、加計学園問題では発言訂正が繰り返された。野党が頼りなく、与党内部にも敵がいない「安倍1強」と呼ばれる状況での「油断」という指摘があるが、心理学者の立場からも、その可能性は否定できない。

 しかし、私がそれ以上に油断していると思うのは、日本人の科学技術や学力について、国がほとんど危機感を持っていないことである。「ゆとり教育」を撤回したので、それで大丈夫だと思っている節がある。

 中国にかなわない科学の影響力

 この6月、文部科学省所管の科学技術振興機構の調査結果が発表された。

 他の論文に引用された回数から、影響力で上位10%の論文を発表した学者がどこの国に属するかの調査だが、それによると中国がコンピューター科学・数学、化学、材料科学、工学で世界トップに立ち、主要8分野のうち4分野が中国、残りの4分野はアメリカがトップになっているという。日本はほとんどの分野で5~6位に甘んじている。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ハーバード大留学中に100回以上言われたセリフ [教育論評]

JBPress

ハーバード大留学中に100回以上言われたセリフ

本当にやりたいことは何か?挑戦こそがイノベーションを生む

2017.7.6(木) 多田 智裕
ハーバード大学メモリアルホール(資料写真、出所:Wikipedia

?

「それでは、最優秀チームの多田さんから一言お願いします」

「素晴らしい仲間たちとこのような賞をいただくことができて大変嬉しく思います。今後とも頑張っていきますので、引き続きなにとぞよろしくお願い申し上げます」

 6月19日の最終ピッチ大会(事業計画コンテスト)を迎えた「BRAVEアクセラレーションプログラム」で、私の率いた「内視鏡画像人工知能診断プロジェクト」チームは起業前部門で最優秀賞を獲得することができました。

 内視鏡検査に人工知能を組み合わせて、早期診断と、病変見落としの防止を図り、世界の内視鏡医療の精度向上に貢献するというコンセプトが高く評価され、同時に、ビジネスプランも現実的で有望と判断されるところまでブラッシュアップできたからではないかと思っています。

 これで、2カ月間にわたる国内最大のアクセラレーションプログラム「BRAVE 2017 Spring」は終了しました。

 受賞が決まり頭が半ば真っ白になりつつある中、大勢の方から祝福を受けて、続く懇親会に参加している中、自分自身にとってこれからが本番だとの思いを強くしました。また、このプログラムを通じて知り合った数々の医療ベンチャー経営者を思い浮かべ、医療ベンチャーを志す人がもっと増えれば現場から医療は変わるのではないかと考えていました。

>>続きを読む

?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【解答乱麻】教科「道徳」で何を評価するか 武蔵野大教授・貝塚茂樹 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】教科「道徳」で何を評価するか 武蔵野大教授・貝塚茂樹

 子供の道徳性を評価できるのか」「心を数値で測れるのか」。こうしたステレオタイプの批判がどれほど繰り返されたであろうか。もちろん、こうした批判の「本音」は、「だから、道徳の教科化はすべきではない」ということであるいつものパターンである

 しかし、ここには大きな誤解があり、道徳科の評価に対する批判はあまりに幼稚でお粗末である学習評価の目的は、子供たちが自らの成長を実感し、意欲の向上につなげるものであると同時に、教師が指導の計画や指導方法を改善することである。そのため、評価のない学習活動などはあり得ない。

 では、何が誤解なのか。まず、道徳科は子供の「道徳性」や「心」を評価するわけではないし、数値による評価を行うわけではない。では何を評価するのか。学習指導要領は、児童生徒の「よい点や進歩の状況などを積極的に評価し、学習したことの意義や価値を実感できるようにすること」としている。

>>続きを読む

 


タグ:解答乱麻
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

親子で楽しむ読み聞かせ 年齢ごとのポイント押さえて [教育論評]

閉じる

親子で楽しむ読み聞かせ 年齢ごとのポイント押さえて

書店にはたくさんの絵本が並び、本選びに迷う人も少なくない=東京都港区のクレヨンハウス

 

 子供が本に親しみ、世界を広げるきっかけとなるのが「読み聞かせ」だ。ただ、「本の選び方が分からない」「子供が絵本に興味を持ってくれない」など、悩みを持つ親も少なくない。読み聞かせの時間を親子で楽しく過ごすにはどうしたら良いのか。専門家に聞いた。(油原聡子)

 ◆絵本が選べない

 横浜市の主婦、矢葺麻央さん(32)は、長男の煌大(こうだい)くん(3)が生後まもない頃から、赤ちゃん向けの絵本を使って読み聞かせをしてきた。

 煌大くんは、大好きな車や電車が載った絵本がお気に入りだ。最近になって物語にも関心が出てきたようで、「悲しかったのかな」と自分なりに登場キャラクターの気持ちを考えたり、「もう一度読んで」とねだったりする。

 矢葺さんは、もっと物語を読んでやりたいと考えているものの、書店にはロングセラーから新刊までたくさんの絵本が並び、迷ってしまうという。「書店でゆっくり本を探す時間がないし、物語といっても、3歳の心にはどんな本が響くのかつかみかねて、選ぶのは難しい」と話す。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

わが子の“天才”を見つけよう! [教育論評]

logo

 小川大介です。私の子育てセミナーでは、冒頭で「わが子の天才を見つけよう!」というお話をします。

 子どもたちはそれぞれ、その子ならではの“天才”を持っていて、その天才を見つけて伸ばしてあげれば大人の想像を超えたすごい力を発揮してくれる。だから、わが子を育てる時には、「何をやらせるか」「どうやらせるか」といったことの前に、「わが子はどんな子なのか」を観察することが大切なのです、という内容です。

その子の天才を見つけて伸ばす

iStock

 

 子どもたちを見ていると、すごいなと感じることがたくさんありませんか。

 小さい時を思い出すと、教えたわけでもないのにいつの間にか言葉を覚えたり、お兄ちゃんのサッカーの練習を眺めていただけなのに、いつの間にかリフティングの真似事ができたり、初めての場所で知らない子の輪の中に入っていつの間にか友達になってしまう。

>>続きを読む

 

 

 

 


タグ:天才
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

入試前に給付が決定、広がる「予約型奨学金」 家計の事情持つ地方の学生ら進学しやすく [教育論評]

閉じる

入試前に給付が決定、広がる「予約型奨学金」 家計の事情持つ地方の学生ら進学しやすく

入学前に申請する主な奨学金

 

 家計の事情で、東京大阪など都市部の大学への進学をあきらめざるを得ない地方の受験生を対象に、「予約型奨学金」が広がっている。入試前に給付が決まることで、生徒は安心して勉強に打ち込める。早稲田大学の「めざせ!都(みやこ)の西北奨学金」、慶応大学の「学問のすゝめ奨学金」などユニークなネーミングで、「ともに学ぼう」と呼びかけている。(牛田久美)

 ◆諦めずに決意

 「上京してよかった。選びきれないほど授業があって充実している」

 早稲田大学文化構想学部2年の荒井梨花さん(19)は、多くの授業が並んだ一覧に目を輝かせた。

 岐阜県出身。作家を数多く輩出する同大に憧れたが、中学3年の年度末、父が47歳の若さで急死。2週間後に高校へ入学し、「親戚(しんせき)みんなが助けてくれて心強かった」が、早大進学は諦めたほうがよいかもという感情がわき上がってぬぐえなかったという。

 「母は東京へ進学していいよと言ってくれた。でも申し訳なくて、本当にいいのかな、大丈夫かなって」

 迷っていたとき、いとこが予約型奨学金を教えてくれ、早大受験を決意。学級委員や放送部の活動にも励み、3年生の秋、奨学金を申請して採用候補生に認定。昨春、入学を果たした。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

大学の無償化には、厳しい条件を付す必要 [教育論評]

logo

 大学の学費を無償にすべき、という議論が行なわれています。小中学校は無料なのに、大学は有料なのはなぜなのか、考えてみましょう。

小中学校が無料なのは、小中学校教育が必要だから

(iStock)

 小中学校は義務教育です。義務を課しておいて授業料を徴収すると、貧しい子供が困りますから、無料にしているわけです。では、なぜ義務なのでしょうか? それは、小中学校へ行かない国民が多いと、不都合が生じるからです。まずは、読み書きが出来ない大人は「健康で文化的な最低限度の生活」を送ることが難しいでしょう。「進入禁止」の立て札が読めなければ悲劇です。

 それから、日本は民主主義国家ですから、字がよめない人も選挙の投票権があります。でも、日本国の行く末を決める選挙ですから、しっかりと候補者の主張等を理解した上で投票してもらいたいですよね。加えて、最低限の社会の仕組み等々も主権者として理解しておいてもらう必要があるわけです。せめて、小中学校で教えている事は理解した上で投票して下さい、というのが第二の理由です。

>>続きを読む

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

入門書「小学生からはじめるわくわくプログラミング」が人気 創造性発揮、物作りに挑戦 [教育論評]

閉じる

入門書「小学生からはじめるわくわくプログラミング」が人気 創造性発揮、物作りに挑戦

「文系だからと敬遠する必要はない。実際、それほど難しくないです」と話す阿部和広さん

 

 小学生が自発的に楽しくコンピューターのプログラミングを学べる入門書『小学生からはじめるわくわくプログラミング』シリーズ(全5冊、日経BP社刊)が人気を集めている。その背景やメリットは何か。著者でプログラミング教育の第一人者、青山学院大客員教授の阿部和広さんに聞いた。(高橋天地)

親子で一緒に

 そもそも一般的なプログラミングとは何か。「コンピューターに対し、作業してもらいたい内容を前もって定め、必要な順番に並べ、命令すること」。阿部さんはこう定義した。イベントのプログラム(催し物の実行計画)を決める作業と考えれば分かりやすいという。

>>続きを読む

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【解答乱麻】つまずいた時、どう見守るか 開善塾教育相談研究所所長・藤崎育子 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】つまずいた時、どう見守るか 開善塾教育相談研究所所長・藤崎育子

 近所にある商業施設では、平日、週末問わず、親子連れに出会う。広場には時間になると上がる小さな噴水があり、子供に人気だ。水が噴きあがる度に歓声をあげ、はしゃぎまわる子供を見ていると、心が弾む。

 そんな光景の中にも気になることがある。平日に孫を連れた祖父母とおぼしき姿を見かけることが増えた。共働きの夫婦が増え、祖父母に孫の面倒を頼むケースも多いのだろう。時に駄々をこねる孫に手を焼く様子も見られる。祖父母の世代も戦後生まれが多くなり、昔ながらのしつけなどが伝わりにくく、「孫育て」に悩む祖父母は多いのではないかと思う。

 こんなことがあった。中学1年の子供が、連休明けから学校に行けなくなった。親は戸惑い、なだめすかして学校に行かせようとした。しかし、子供は朝、布団から出ることができなかった。

>>続きを読む

 


タグ:解答乱麻
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【日曜講座 少子高齢時代】18歳人口激減 大学の延命より数絞り込め 論説委員・河合雅司 [教育論評]

閉じる

【日曜講座 少子高齢時代】18歳人口激減 大学の延命より数絞り込め 論説委員・河合雅司

 母校が消滅する―。そんな「大学淘汰の時代」がいよいよ現実のものになりそうだ。

 日本の大学進学者の大多数は、高校新卒者もしくは高校卒業間もない受験浪人生で占められる。年間出生数の18年後を見れば、おおよそのパイの大きさは見当が付く。

厳しい地方大学の経営

 18歳人口は2009年以降は120万人前後で推移する“踊り場”にあったが、少子化の影響で来年あたりから再び減り始め、15年後の32年には98万2000人ほどと予測されている。わずか十数年で20万人も減る、いわゆる「2018年問題」だ。

 日本私立学校振興・共済事業団の「入学志願動向」によれば、16年度に「入学定員割れ」した私立大学は、前年度より7校増え、全体の半数に近い44・5%が学生を思うように集められない事態に陥っている。経営悪化で廃校に追い込まれた大学もある。

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【解答乱麻】「志の大切さを学んだ」と実感する教育方法…体験を通し心に深く刻まれる バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志 [教育論評]

閉じる

【解答乱麻】「志の大切さを学んだ」と実感する教育方法…体験を通し心に深く刻まれる バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

 10歳から15歳の子供たちが1年間(月2回程度)企業トップたちに学ぶバッカーズ寺子屋では、既存の考え方とは違う教育方法で成果をあげている。

 まず第1に学校も学年も異なるメンバー20名程度で社会のことやプリンシプルを学ぶ。学校も学年も異なるから、助け合い、刺激し合い、尊重し合い、切磋琢磨(せっさたくま)して学び合うメリットが生まれる。同調圧力が働かないことで楽しく学び合うことができるのだ。小学4年生から中学3年生までの子供たちを見ていると、確かに理解力は上級生の方が上かもしれないが、それも絶対的ではない。人として大切なことを「感じ取る力」に至っては学年は全く関係ない。

 第2に9時から16時までの講座に1コマ何分という制約はなく、区切りの良い所で休憩をとる。当初、今時の小学生にそんな集中力はないと周囲に言われたが、塾生たちは90分でも120分でも平気で集中して講座に参加している。大切なのは、講座の内容と質、そして、伝えたい本気の思いだ。

>>続きを読む

 


タグ:解答乱麻
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

小中の勤務調査 熱血教師を支える職場に [教育論評]

閉じる

【主張】小中の勤務調査 熱血教師を支える職場に

 文部科学省が公立小中学校の教員の勤務実態調査をまとめた。「過労死ライン」にあたる週60時間以上の勤務をしている教諭が、小学校で3割、中学で6割にのぼるという。実態に応じ、改善を図らねばなるまい。

 だが、これほど働いていながら同情や信頼の声がいまひとつ高まらないのはなぜか教育の質を高める職場改善につなげてもらいたい。

 平成28年度の調査で、前回18年度調査と比べた。平日の1日平均で一般の教諭は11時間超、副校長・教頭は12時間を超える。

 1週間の勤務時間は、小学校教諭で平均57時間25分、中学教諭は63時間18分で、前回調査より4~5時間増えている。

 ゆとり教育を見直し、授業時間が増えたことが要因の一つだ。また、中学では土日の部活動にあてる時間が大幅に増えている。副校長・教頭の忙しさを含め、以前から指摘されていたことが数字で裏付けられている。

>続きを読む

 

>文科省のお役所仕事

 頭脳明晰なお歴々が結果の想定をしていない?

 制度だけ変えて運用変えず。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の20件 | - 教育論評 ブログトップ