So-net無料ブログ作成

【正論・年頭にあたり】皇位継承儀礼は伝統に則して 東京大学名誉教授・小堀桂一郎 [皇室]

閉じる

【正論・年頭にあたり】皇位継承儀礼は伝統に則して 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

東京大学の小堀桂一郎・名誉教授=2004年11月24日、東京本社14階役員応接室(小松洋撮影)

 

 平成28年8月8日に今上陛下が譲位の御意向を直接国民に向けて表明された時には、我が国の立憲政治確立以降前例のない難問が出来したとの印象があつた。それが昨年12月1日の皇室会議での決議を8日の閣議で正式の決定に漕ぎ着け、陛下の御意向に添ふ形で難題の決着がついた次第は先づは祝着の至りである。

 政教分離への小心な配慮無用

 これは天皇の国事行為について助言と承認の全責任を負ふ内閣が立派にその任務を果たしたわけであり、さすがに歴史的見識と政治的力量十分な現総理の率ゐる内閣にふさはしい事蹟と評価できる。

 但、予告された31年4月30日の御譲位、翌5月1日の改元といふ段取りには、その間になほ解決しておくべき幾つかの課題がある。それを摘記して、妥当な落着への推進を政府にお願ひしたいといふのが年頭に当つての感想である。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【天皇陛下譲位】待ったなしの男系継承 困難な課題、長期政権で道筋 [皇室]

閉じる

【天皇陛下譲位】待ったなしの男系継承 困難な課題、長期政権で道筋

皇室会議を終え記者会見する安倍晋三首相=1日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 

 天皇陛下の譲位の日程が固まり、次に政府が待ったなしで取り組まなければならないことは、皇族数が減少する中で今後、どう皇位継承を安定的に継続するかという重大な課題である。

 「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行っていく」

 安倍晋三首相は11月22日の参院本会議で、改めてこう述べた。皇位は、これまで125代の現天皇陛下に至るまで、一度の例外もなく父方の系統に天皇を持つ男系で受け継がれてきたのだから当然だろう。

>>続きを読む

 

之が学校で教えない、教師も政治家も新聞記者も知らない人間が多い

 日本の歴史、皇紀2677年の皇統の真実

 

 

>①【大道無門】谷田川惣、女系論の誤魔化しを暴く![桜H24/5/4]

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【皇室会議】譲位は平成31年4月30日 5月1日から新元号 [皇室]

閉じる

【皇室会議】譲位は平成31年4月30日 5月1日から新元号

宮内庁の特別会議室で、天皇陛下の退位日について意見聴取する皇室会議に臨むメンバー。2019年4月30日退位の日程が決まった=1日午前(代表撮影)

 

 天皇陛下の譲位の日程を決める皇室会議が1日、宮内庁で開かれ、平成31年4月30日に譲位し、皇太子さまが5月1日に即位され、改元することが決まった。政府は、5日の閣議で会議の結果を報告し、8日の閣議で譲位日を定める政令を決定する方針だ。天皇の譲位は、1817年の119代光格天皇(1771~1840年)以来、約200年ぶりとなる。

 皇室会議は議長(安倍晋三首相)が招集し、衆参両院正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成。皇族議員の秋篠宮さまは、譲位に伴い皇位継承順位1位の皇嗣となられるため、常陸宮さまが代わりに出席された。各議員が意見を表明した後、首相が「平成31年4月30日譲位」案を提示、会議の意見として決定した。

>>続きを読む

 


タグ:皇室会議
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

★★たいまつの明かりに照らされ、天皇陛下「別のお姿」…きょう新嘗祭 過酷な儀式どのように執り行われるのか [皇室]

閉じる

たいまつの明かりに照らされ、天皇陛下「別のお姿」…きょう新嘗祭 過酷な儀式どのように執り行われるのか

新嘗祭に臨まれる天皇陛下。陛下が80歳の傘寿を迎えられたことを機に新嘗祭の様子が公開された=平成25年11月23日(宮内庁提供)

 

 23日は国民の祝日「勤労感謝の日」だがその年の収穫を神々に感謝する戦前の大祭日「新嘗祭(にいなめさい)」から引き継がれたことは意外と知られていない。連合国軍総司令部(GHQ)が神道の神話や祭礼、儀式を起源とする祝日の廃止方針を示し、昭和23年に施行された祝日法で「新嘗祭」の名が消えたためだ。一方、皇居の神嘉殿(しんかでん)では、今年も天皇陛下が新嘗祭に臨まれた。「宮中祭祀(さいし)の中でも最も重要で、かつ過酷な儀式の一つ」(宮内庁幹部)である新嘗祭とは、どのように執り行われるのか。

 新嘗祭の「夕(よい)の儀」が始まるのは23日午後6時。白の絹でできた伝統の「御祭服(ごさいふく)」を身にまとった陛下が、綾綺殿(りょうきでん)から儀式が行われる神嘉殿に移られる。御祭服は新嘗祭でのみ陛下が身につけられる装束。その重さから、着替えられるのに数十分かかるという。

>>続きを読む

 

①【今週の御皇室】歴代天皇が引き継いできた大事なこと[桜H28/12/22]

②【今週の御皇室】宮中祭祀と「天岩戸」の物語[桜H28/12/15]

❸【村田春樹】天皇陛下のご公務を考える[桜H24/5/28]

 

 


タグ:皇室と祭祀
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画