So-net無料ブログ作成

【本郷和人の日本史ナナメ読み】実は謎だらけ、川中島の戦い(上) 上杉謙信「車がかりの陣」は兵種別編成? [歴史]

閉じる

【本郷和人の日本史ナナメ読み】実は謎だらけ、川中島の戦い(上) 上杉謙信「車がかりの陣」は兵種別編成?

春日山城跡にある上杉謙信の像=新潟県上越市

 

 前回、永禄4(1561)年の第4次川中島の戦いに言及しました。さて、今回はその詳細に迫りますということで、戦いの様子をペペンペンペン! 調子よく講談調で書き進めていたら「あーっ!」なぜかパソコンが突然の再起動モードに入り、文章が消えてしまいました。ぼくの拙いスキルでは復元はムリ。もう1回書くのはしゃくだし、合戦の経緯の説明はなしでいきます。あまりにも有名な戦いですから、いいですよね。

 でね、武田家の軍師とされる山本勘助は果たして実在したのだろうかとか、そもそも日本に軍師なんてものはいたのかとか、啄木鳥(きつつき)の戦法ってなにそれおいしいのとか、上杉謙信の一騎がけって、いまさら平安時代の戦いじゃないんだから総大将が一人で突撃してどうするよとか、ツッコミどころは盛りだくさんなのですが、今回問題にするのはそこじゃあない。ずばり、「車がかりの陣」です。上杉謙信は「車がかりの陣」をもって「鶴翼の陣」を布(し)いた武田信玄の軍勢に猛攻をかけた、とされていますが、これはいったい何だ?

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 

【維新150年 高知編(2)】鏡川(高知市)浮かぶ悪童の残像 [歴史]

閉じる

2017.2.20 10:00

【維新150年 高知編(2)】鏡川(高知市)浮かぶ悪童の残像

天神大橋から眺めた鏡川。江戸末期、板垣退助や後藤象二郎、坂本龍馬らの遊び場だった  

 吹きつける雨のために、茶褐色に濁った鏡川の川面はうねるように流れていた。天神大橋から眺めたが、対岸の筆(ひつ)山(ざん)の稜(りょう)線(せん)は灰褐色の大気に溶けこみ、かすんでいた。藩主・山内家の代々の墓所があり、高知の市街地も見おろせるというので、登ってみようかと思ったが、雨がきつくなったのでやめた。

 母方の実家が左岸沿いにあった作家・安岡章太郎はあたりの風景を、中編『鏡川』のなかで、「眼の下一面、桑畑が青い葉を繁らせてひろがっており、その向うに鏡川の流れが桑の葉ごしにチカチカと光って見え」た、と書いている。一幅の絵のような眺めだったのであろうが、眼前の眺めからは想像することもできない。

 江戸期、鏡川の河川敷は子供たちの遊び場だった。水泳や相撲などに興じた。天神橋のあたりは、もっぱら「上(じょう)士(し)」の子供たちの遊び場で、坂本龍馬ら「下(か)士(し)」や町人の子供たちは上流の月の瀬橋あたりで遊んだらしい。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0)