So-net無料ブログ作成
検索選択

【維新150年 高知編(2)】鏡川(高知市)浮かぶ悪童の残像 [歴史]

閉じる

2017.2.20 10:00

【維新150年 高知編(2)】鏡川(高知市)浮かぶ悪童の残像

天神大橋から眺めた鏡川。江戸末期、板垣退助や後藤象二郎、坂本龍馬らの遊び場だった  

 吹きつける雨のために、茶褐色に濁った鏡川の川面はうねるように流れていた。天神大橋から眺めたが、対岸の筆(ひつ)山(ざん)の稜(りょう)線(せん)は灰褐色の大気に溶けこみ、かすんでいた。藩主・山内家の代々の墓所があり、高知の市街地も見おろせるというので、登ってみようかと思ったが、雨がきつくなったのでやめた。

 母方の実家が左岸沿いにあった作家・安岡章太郎はあたりの風景を、中編『鏡川』のなかで、「眼の下一面、桑畑が青い葉を繁らせてひろがっており、その向うに鏡川の流れが桑の葉ごしにチカチカと光って見え」た、と書いている。一幅の絵のような眺めだったのであろうが、眼前の眺めからは想像することもできない。

 江戸期、鏡川の河川敷は子供たちの遊び場だった。水泳や相撲などに興じた。天神橋のあたりは、もっぱら「上(じょう)士(し)」の子供たちの遊び場で、坂本龍馬ら「下(か)士(し)」や町人の子供たちは上流の月の瀬橋あたりで遊んだらしい。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

暗殺5日前に書いた「龍馬」の書状ぜよ!「新国家」へ思い熱く綴る…越前藩に人材派遣要求 高知県発表 [歴史]

閉じる

2017.1.13 13:01

暗殺5日前に書いた「龍馬」の書状ぜよ!「新国家」へ思い熱く綴る…越前藩に人材派遣要求 高知県発表

新たに見つかった坂本龍馬の書状の一部。右から3行目に「新国家」の文字が確認できる(isana提供)

 慶応3(1867)年11月15日に暗殺された坂本龍馬が亡くなる5日前に書いた手紙が見つかり、高知県が13日、発表した。越前藩の重臣宛てで、新政府設立に向けた人材派遣を求める内容。「新国家」という言葉を使って説得するなど、龍馬が新政府設立の根回しに奔走した姿がうかがえる貴重な史料という。

 幕末関連の歴史史料を探していた県が見つけ、京都国立博物館などが筆跡や内容などから龍馬のものと断定した。

 「一筆啓上仕候」で始まる手紙(縦16センチ、横92センチ)は11月10日の日付でその下に「龍馬」の署名もあり、大政奉還後の新政府の財政担当者として、越前藩士、三岡八郎(後の由利公正)を差し出してほしいと、同藩の重臣・中根雪江に懇願する内容。三岡の派遣について「急を要すること」とし「三岡の上京が一日先になったら新国家の家計(財政)の成立が一日先になってしまう」と訴えていた。

>>続きを読む


タグ:坂本龍馬
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大坂の陣と後藤又兵衛(下)古文書精査で報道との相違点が…又兵衛の首はどこへ? 2人の小姓はいたのか? [歴史]

閉じる

2016.12.8 11:30

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大坂の陣と後藤又兵衛(下)古文書精査で報道との相違点が…又兵衛の首はどこへ? 2人の小姓はいたのか?

後藤又兵衛の討ち死にを豊臣秀頼に報告している場面を示した「書付『後藤又兵衛討死之時』」

 すいません! 最近、あやまってばかりいるようだけれど、もう一度。ごめんなさい!

 何のことかというとですね、先週の後藤又兵衛の最期を伝える古文書です。ぼくは現物を確認することをしないで、各紙の報道を参考にコラムの記事を書いたのです。まあ、さすがに誤りはないだろう、と。…甘かった。今回、古文書の写真を入手して読んでみたら、「ええっ!」。各紙の報道と異なることが出てきたんですね。

 というわけで、まずは古文書を読み下します。脇指し、脇差し、のように字が異なるのは、原文書に忠実に書いているためです。

 一、後藤又兵衛討ち死の時、秀頼公より拝領の脇指し-行光-、是(これ)にて又兵衛首を討ち、秀頼公御前にて、かくの如く討ち死つかまつる次第申し上げ候へ、と申し候、長四郎と申す児姓(こしょう)に脇指し相渡し、申され候、長四郎脇指し請け取り候へども、又兵衛印(首級(しるし)のあて字だろう)をあげ候(そうろう)義(ぎ)は罷(まか)りならず、脇差しばかり、秀頼公へ差し上げ申し候事、

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大坂の陣と後藤又兵衛(上) 最期の描写、実は講談が正しかった [歴史]

閉じる

2016.12.1 07:46

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大坂の陣と後藤又兵衛(上) 最期の描写、実は講談が正しかった

  

 11月18日の本紙(東京版)が報じるところによると、大坂の陣で奮戦した後藤又兵衛の最期の様子を詳細に報告する、新しい史料が見つかったそうです。史料の発見者は岡山県立博物館。又兵衛の配下として戦った金万平右衛門という武士の子孫が所有していた「一、後藤又兵衛討死之時」と書き出すメモ書きを解読したところ、腰に銃撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負った又兵衛は、部下に命じて、秀頼から拝領した行光の短刀で首を打たせたことがわかりました。ちなみに行光は、名刀の代名詞である、あの正宗の父と伝えられる名工です。

 又兵衛の最期について、『難波戦記』シリーズは、腰を撃たれ歩行不能になったために部下に命じて首を打たせた、という。一方で『武功雑記』は、松平忠明(家康の長女・亀姫の子)配下の山田十郎兵衛という武士が又兵衛を討ち取ったとしている。『難波戦記』シリーズは、庶民に大好評を博した講談のタネ本です。『武功雑記』は肥前・平戸藩の4代藩主、松浦鎮信(まつら・しげのぶ)が記した伝記で、元禄9(1696)年に成立している。史料的には後者の方が信頼できそうな気がしていたのですが、なんと実は、前者が正しいことが今回の発見で判明したわけですね。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】再びオランダ史料の謎を追う(下) 豊臣政権の「大名」は江戸期と違っていた? [歴史]

閉じる

2016.11.10 07:12

【本郷和人の日本史ナナメ読み】再びオランダ史料の謎を追う(下) 豊臣政権の「大名」は江戸期と違っていた?

細川忠興像(模本、東大史料編纂所蔵)

 オランダ人が聞いた話。(1)「大坂夏の陣の最終局面で」(2)「豊臣陣営に属する大名が」(3)「裏切り行為を働いて」(4)「逆に大坂方によって殺害された」。ぼくは(2)を中心に考察を展開してきたのですが、とんでもない間違いを犯していたのに、数日前に気がつきました。何でこんな初歩的なミスをしたのだろう

 それは何かというと、江戸時代の「大名」概念を、(1)の段階において、無批判に用いてしまったこと。「1万石以上を領している(あるいは、領していた)武士が大名である」という定義に安易に寄りかかってしまった。いや、これは大失敗ですね。(1)の時期(則(すなわ)ち、江戸時代初期)に、そうした定義が既に定着していたかどうか、今のところ、不明と言わざるを得ない。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【関西の議論】平和な江戸の世は仕事がなかった?甲賀忍者の厳しい“実情”、普段は農民とは…大量の古文書から判明 [歴史]

閉じる

2016.11.30 12:00

関西の議論】平和な江戸の世は仕事がなかった?甲賀忍者の厳しい“実情”、普段は農民とは…大量の古文書から判明

自宅の蔵から見つかった古文書を見る渡辺さん=甲賀市  

 年に一度、雇い主の大名の城に出向いて鉄砲の撃ち方を武士に指南するが、普段は地元で農民として暮らす。しかし大名に一大事があれば、すぐに駆けつけて特殊任務にあたり、そのための火術や居合術、忍術を会得している-。「甲賀忍者」で知られる滋賀県甲賀市で見つかった大量の古文書の解読作業を通して、江戸時代にこの地域の地侍が、「御忍役人」としての“裏の顔”を持ちながら生活していた様子などが分かってきた。江戸の平和な世にあって忍びの仕事はほとんどなくなったが、“有事”を見据えて鍛錬を怠らないなど、興味深い暮らしぶりがうかがえる。

>>続きを読む


タグ:甲賀忍者
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(5)太刀を手に 尾張へ北上 [歴史]

閉じる

2016.11.18 16:00

ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(5)太刀を手に 尾張へ北上

朝熊ケ岳(朝熊山)から北方向に見る伊勢湾。この海をヤマトタケルは北上した=三重県伊勢市(恵守乾撮影

 「是(こ)の神風の伊勢国は、則(すなわ)ち常世(とこよ)の浪の重(しき)浪帰(よ)する国なり。傍国(かたくに)の可怜(うまし)国なり。是の国に居(を)らむと欲(おも)ふ」

 東征する倭建命(やまとたけるのみこと)に草那芸釼(くさなぎのたち)を授けた叔母の倭比売命(やまとひめのみこと)が、天照大御神の鎮座地を伊勢に定めた理由を、日本書紀はそう書く。巡幸するヤマトヒメに言葉を述べているのは、鏡を御霊代にする天照大御神自身である。言葉を要約すると、次のようになる。

 〈伊勢国は、はるか海の彼方の常世から波が寄せる美しい国で、大和の端の国ではあるが、私はこの国に居たいと思う〉

 伊勢神宮の神道書『皇太神宮儀式帳』(804年)などによると、伊勢神宮の地に着く前にヤマトヒメは、伊勢湾西岸の古代港・藤潟の藤方片樋宮(かたひのみや)で、現れた阿佐鹿(あざか)悪神を平定し、阿坂山(三重県松阪市)に鎮め祭っている。

 「悪神とは在地の豪族で、平定は伊勢湾の航行ルートの掌握を意味する」

 皇学館大の岡田登教授はそう指摘する。

>>続きを読む


タグ:神話
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(4)王権の象徴 草那芸釼 [歴史]

閉じる

2016.11.17 16:00

ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(4)王権の象徴 草那芸釼

草那芸釼をご神体とする熱田神宮。ヤマトタケルの東征で重要な場となる=名古屋市熱田区(恵守乾撮影

 〈患(うれ)へ泣き罷(まか)りたまふ時に、倭比売命(やまとひめのみこと)、草那芸釼(くさなぎのたち)を賜ひ〉

 父である12代景行天皇への不満を泣きながら訴えた倭建命(やまとたけるのみこと)に、叔母のヤマトヒメは剣を与えた、と古事記は記す。須佐之男命が退治したヤマタノオロチの体内から見つけ、姉の天照大御神に献上した剣である。天照大御神は地上界に降臨する孫ニニギノミコトに、鏡や勾●(まがたま。●=王に公、その下に心)とともに与えた、と古事記は書く。

 剣がヤマトヒメの元にある経緯を推測させるのは日本書紀である。

 〈天照大神を豊耜入姫命(とよすきいりびめのみこと)より離(はな)ちまつり、倭姫命(やまとひめのみこと)に託(つ)けたまふ〉

 11代垂仁天皇が、宮中に祭っていた天照大御神をヤマトヒメに託し、鎮め坐すところを求めさせたという記述だ。古事記では天照大御神は降臨するニニギに、鏡をわが魂として祭れと命じたと書かれているので、託されたのは鏡と考えられるが、冒頭の記述は、その際に剣も一緒だったと推測させるものなのだ。

>>続きを読む


タグ:神話
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(2)料理人も随従 文化誇示 [歴史]

閉じる

2016.11.15 16:00

ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(2)料理人も随従 文化誇示

膳夫だったナナツカハギをしのばせる新沢千塚古墳群(右奥は畝傍山)=奈良県橿原市(恵守乾撮影

 御●友耳建日子(みすきともみみたけひこ。●=金へんに組のつくり)という名の副将と、比々羅木(ひひらぎ)の八尋矛(やひろぼこ)(柊で作った呪力がある長い矛)。東征に旅立つ倭建命(やまとたけるのみこと)に、父の12代景行天皇が与えたものを、古事記はそう記す。日本書紀はさらに2人の名を挙げる。

 〈天皇、則ち吉備武彦と大伴武日連(おおとものたけひのむらじ)とに命(みことおほ)せて、日本武尊に従はしめ、亦七掬脛(ななつかはぎ)を以(も)ちて膳夫(かしはて)としたまふ〉

 吉備武彦は古事記が書く御●友耳建日子で、他にタケヒノムラジとナナツカハギが付き従ったというのである。2人は、神武天皇の東征で忠臣として活躍した道臣命(みちのおみのみこと)(大伴氏の祖)大来目命(久米氏の祖)の子孫。神武天皇の大和での即位後、道臣命が与えられた「築坂邑(つきさかのむら)」、大来目命が与えられた「来目邑」はいずれも、畝傍山の南方一帯が伝承地。大来目命を祭る久米御縣(くめのみあがた)神社(奈良県橿原市久米町)も鎮座する。

>>続きを読む


タグ:神話
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(1)東征 命じられた難業 [歴史]

閉じる

2016.11.14 16:00

ヤマトタケルのまほろば 第4部】父と叔母(1)東征 命じられた難業

景行天皇の宮とされる纒向(まきむく)日代宮跡近くから見た奈良盆地。ヤマトタケルはこの地から東征に出発した =奈良県桜井市(恵守乾撮影  

 「東の方十(とをあまり)二道(ふたみち)の荒ぶる神とまつろはぬ人等を、言向け和平(やは)せ」

 西征して熊曽建(くまそたける)と出雲建を討った倭建命(やまとたけるのみこと)に対して、父の12代景行天皇はそう命じた、と古事記は記す。東の方十二道とは、大和から見た東方諸国のことで一般に、尾張の東から陸奥までを指すといわれる。その広大な地域の荒れて従わない神、服従しない民を従わせ、平定せよというのである。

 〈吉備臣等(きびのおみら)が祖(おや)、名は御●友耳建日子(みすきともみみたけひこ。●=金へんに組のつくり)を副(そ)へて遣はす時に、比々羅木(ひひらぎ)の八尋矛(やひろぼこ)を給ふ〉

 天皇は、ヤマトタケルの義兄を副将とし、呪力があるとされる王権の象徴、柊の長い矛を与えた、と古事記は書く。

>>続きを読む


タグ:神話
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】再びオランダ史料の謎を追う(上)大坂落城後、誰が得をした? [歴史]

閉じる

2016.11.3 10:50

【本郷和人の日本史ナナメ読み】再びオランダ史料の謎を追う(上)大坂落城後、誰が得をした?

中村一氏像(模本、東大史料編纂所蔵)

 まだしつこく、オランダ人が聞いた「噂話」です。大坂落城当時、上方に滞在していたオランダ人は、次のような話を聞いた。(1)「落城に際して、すなわち大坂夏の陣の最終局面で」(2)「豊臣陣営に属する大名が」(3)「裏切り行為を働いて」(4)「逆に大坂方によって殺害された」。

 オランダ人がわざわざウソをつく必要はないので、彼がこうした話を聞いたことは間違いではないと思われるけれども、それはあくまでも「噂話」=風聞であって、史実とはかぎらない。実際に(1)から(4)まで、すべてを満足させるような人物は、今のところ見当たらないのです。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース