So-net無料ブログ作成
検索選択

【沖縄が危ない!】「慣れれば済む話」と挑発・侵犯繰り返す中国 憲法9条ある限り沖縄は翻弄され続ける [●沖縄が危ない]

閉じる

沖縄が危ない!】「慣れれば済む話」と挑発・侵犯繰り返す中国 憲法9条ある限り沖縄は翻弄され続ける

宮古海峡上空を飛行する中国空軍のH6K爆撃機(左)と戦闘機スホイ30=2016年9月(共同)

 

 「今、なすべきことは改憲ではない。憲法を一つ一つ誠実に守ることである。憲法の精神を沖縄に完全適用することを強く求める」(琉球新報(夕刊フジ)

 「米軍基地をそのままにして憲法9条を改正するなどというのはとんでもない話である」(沖縄タイムス

 憲法記念日の5月3日、沖縄の県紙2紙は社説でこのように訴え、憲法9条の堅持を要求した。

 安倍普三首相は2020年の改憲を打ち出しているが、2紙の主張は果たして妥当だろうか。尖閣諸島を抱える石垣市民である私から見ると、むしろ9条こそ、沖縄を苦しめている元凶に思えてならない。

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

無粋な建造物は昭和の技術者の記念碑 8月10日 [産経抄]

閉じる

【産経抄】無粋な建造物は昭和の技術者の記念碑 8月10日

上空を覆う首都高速道路の地下移設が検討される日本橋東京都中央区

 

 東京都心の首都高速道路は本日、大渋滞が予想される。お盆前でトラックの数が増える上、早めに休みを取った人たちの車が流れ込むからだ。

 ▼1972年に公開された旧ソ連のSF映画「惑星ソラリス」には、首都高の映像が使われている。タルコフスキー監督にとって、未来都市を表現する上で欠かせない素材だった。確かに当時、ビルの間を縫うように走る高速道路は他に存在しなかった。

 ▼戦後の東京は復興が進むにつれて、交通問題が深刻化する。道路用地を買収する資金も時間もない。そこで東京都の都市計画部長だった山田正男さんから出てきたアイデアが、「空中作戦」である。江戸時代から残る堀や運河の上に高架の道路を造る。昭和39(1964)年開催の東京五輪に間に合うよう、突貫工事が続いた。関わった技術者は10万人に及んだ。

 ▼ただ、山田さんには心残りがあった。日本橋の上を通り、周辺の景観を損なってきた道路である。山田さんらは、川の干拓をして橋の下に通そうとしたが、河川管理サイドが認めなかった。地下を掘って高速を通す時間的余裕もなかった(『首都高物語』)。

 ▼道路の撤去は、周辺住民と商店主の長年の念願である。小泉純一郎政権時代に、道路を地下へ移す計画が持ち上がった。国土交通省と東京都によると、ようやく具体的な検討に入った。着手するのは、東京五輪の後になるらしい。実現すれば、成熟都市の再生事業の優れたモデルになるだろう。

 ▼ただ、日本橋の空を奪った「無粋な建造物」として批判されてきた道路は、昭和の技術者の記念碑でもあるあらゆる難題をはねのけ、奇跡的な工事をやり遂げた、彼らの知恵とエネルギーへの敬意だけは、けっして忘れたくない

 


タグ:産経抄
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【ビジネスの裏側】「中国に技術とられたらえらいこと」日本電産の名物経営者・永守氏が大学経営に乗り出すワケ [➊憂国の士]

閉じる

ビジネスの裏側】「中国に技術とられたらえらいこと」日本電産の名物経営者・永守氏が大学経営に乗り出すワケ

京都学園大などを運営する学校法人京都学園の理事長に就任する日本電産の永守重信会長兼社長。基本合意書調印後の記者会見で、100億円以上の個人資金を投入する意向を表明した=3月30日、京都市右京区の京都学園大京都太秦キャンパス

 

 かつて「元日の午前以外は休まない」と言いながら、最近は「モーレツの看板はもうあらへん。2020年には残業ゼロにする」と大転換して世間を驚かせたモーター製造最大手・日本電産(京都市)の創業者、永守重信会長兼社長が、また〝名言〟をぶち上げた。いわく「(財産を)全部使って、あの世やな」。3月、京都学園大などを運営する学校法人京都学園(同市)の運営に100億円以上の個人資金を投入する意向を表明したときの発言だ。翌月には、京都大に2億円以上を寄付して寄付講座を開設したことも発表した。「中国に技術とられたら、えらいことや」。同社をベンチャーから大企業へ育てた名物経営者の脳裏には、台頭する隣国に負けないように、ロボットやドローンなどの動力源となるモーターの技術者を育成するビジョンがあるようだ。(西川博明)

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【プロが指南 就活の極意】普通エピソードを“注目”エピソードに変えるテクニックを伝授 [経営・ビジネス]

閉じる

【プロが指南 就活の極意】普通エピソードを“注目”エピソードに変えるテクニックを伝授

大勢の就活生が集まった合同企業説明会=京都市左京区

 

 学業やアルバイト、ゼミ活動、サークル、部活、留学…。学生が企業にアピールするエピソードは、今や多種多様になっています。

 エピソードの選択はインパクトよりも、自分自身の「強み」や「考え方」がしっかりと伝わるものかどうかで判断してほしいと思います。しかし、ただ単純に過去を振り返り、その内容を伝えるだけでは、差別化を図ることはできません。

 とはいえ、20年余りの人生経験で、他の学生と大きな差別化が図れるエピソードを持つ学生はそういないでしょう。

 ですが、就職活動成功のためには、他の学生に埋もれてしまってはいけません。そこで今回は、企業担当者の目にとまるためのテクニックを紹介しましょう。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【北ミサイル】北朝鮮、グアム沖に4発発射「検討中」 広島など日本上空通過も予告 [●世界の軍事情勢]

閉じる

【北ミサイル】北朝鮮、グアム沖に4発発射「検討中」 広島など日本上空通過も予告

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長

 

 【ソウル支局】米領グアム周辺へのミサイル発射に言及している北朝鮮は9日、戦略軍司令官の談話として、グアム沖30~40キロ沖に新型中距離弾道ミサイル「火星12」を4発同時に発射する作戦案を「検討している」と警告した。

 朝鮮中央通信が10日伝えた。発射された場合、島根、広島、高知3県の日本上空を通過するとしており、日米同盟への挑戦姿勢をあらわにした。

 


タグ:北朝鮮
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】10年前から続く印象操作 憲法改正を目指す保守派はメディアが問題視、ハト派なら目こぼし [●マスコミの実態]

閉じる

阿比留瑠比の極言御免】10年前から続く印象操作 憲法改正を目指す保守派はメディアが問題視、ハト派なら目こぼし

衆院予算委員会で安倍晋三首相の答弁を映すテレビカメラファインダー=国会(酒巻俊介撮影

 

 延々と続く森友・加計学園関連報道などを通じ、メディアが恣意的な切り貼りや「報道しない自由」の行使、レッテル貼りと印象操作などあらゆる報道技法を駆使して、気に食わない安倍晋三政権の倒閣運動を展開してきたことは、これまで何度も指摘してきた。

 ただ、こうしたメディアのやり方は、今に始まったことではない。10年前の第1次安倍政権当時も、社会保険庁(現日本年金機構)の年金記録紛失が明らかになった「消えた年金問題」や、「政治とカネ」の問題をめぐって、メディアは安倍政権たたきに異様な情熱を注いでいた。

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース