So-net無料ブログ作成
検索選択

【山本一力の人生相談】34歳独身の長男がカナダ留学を計画…早く結婚して落ち着いてほしい [ライフ]

閉じる

【山本一力の人生相談】34歳独身の長男がカナダ留学を計画…早く結婚して落ち着いてほしい

イラスト・千葉

相談

 34歳で独身の長男のことで悩んでいます。昨年暮れに、都内のアパートを引き払って実家から通勤すると言い出しました。浮いたお金を1年間かけてため、カナダに留学する、という計画なのだそうです。留学するため今勤めている会社は辞め、その後のことは帰国後に考えると説明しています。20代のころに一度留学を考えましたが、コーディネートする業者とのトラブルで断念しています。独身のうちの今が最後のチャンスと考え、自分を試してみたいというのです。

 小学校から大学まで順調に進み、大きく道を踏み外したことはありません。現在は外資系の会社に勤め、仕事ぶりが評価され表彰されました。その際の金一封で私たち夫婦を食事に誘ってくれたりと、自慢の息子です。快活な性格で友達もたくさんいます。ただ、年齢も年齢なので、早く結婚して落ち着いてほしい。どうしたらいいのでしょうか。埼玉県、60代女性)

>>続きをを読む

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【高橋昌之のとっておき】朝日新聞への反論 自衛隊の存在を明記する憲法改正さえ完全否定する「的外れ」の論理にはあきれる [●マスコミの実態]

閉じる

【高橋昌之のとっておき】朝日新聞への反論 自衛隊の存在を明記する憲法改正さえ完全否定する「的外れ」の論理にはあきれる

朝日新聞東京本社の外観=2017年2月17日、東京都中央区(本社チャーターヘリから、桐原正道撮影

 

 憲法改正がついに現実味を帯びて議論が始まりました。そのきっかけになったのは、安倍晋三首相が5月3日、憲法改正を求める集会にビデオメッセージを寄せ、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と表明したうえで、9条1項、2項を残しつつ、自衛隊の存在を明記するという案を示したことです。(※6月30日にアップされた記事を再掲載しています)

 これを受けて、自民党では6月6日に憲法改正推進本部(保岡興治本部長)がメンバーを補強して、具体的な検討に入りました。同党は年内に改憲案をまとめ、秋の臨時国会中に憲法審査会で示す方針です。公明党や日本維新の会など改憲勢力の動向にもよりますが、早ければ来年1月召集の通常国会で憲法改正が発議され、同年中に国民投票が実施されることになります。

>>続きを読む

 

 

 


タグ:憲法改正
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

三隈川に〝濁り〟は似合わない 7月9日 [産経抄]

閉じる

【産経抄】三隈川に〝濁り〟は似合わない 7月9日

 「ユーセンはなさいましたか」。土地の女性に聞かれ、司馬遼太郎は答えに詰まった。『街道をゆく』の取材で、大分県日田市を訪ねた折のひとコマという。しばしの思案でピンときた。日田はかつて、漢学書生であふれ返った町ではないか-と。

 ▼江戸後期の儒学者、広瀬淡窓が私塾「咸宜園(かんぎえん)」を開いたのはこの地だった。言葉を漢語読みする遺風は、至る所にある。「昨夜、舟の上で晩ご飯を食べた。あの舟がユーセン(遊船)か」。司馬の問いに「さようでございます」と返ってきた。のどかな会話である。

 ▼町を東西に縫う三隈川は、名産の杉を諸方に運び町を富ませた。富は各地から人を吸い寄せ、豊かな文化の土壌をなした。日田が「小京都」とも「水郷」とも呼ばれるゆえんである。当地では水郷を「すいきょう」と読むらしい。なるほど濁音はこの町に合わない。

 ▼ここ数日の写真や映像は、濁った空や河川と呼べぬ荒れ狂った濁流を伝えていた。暮らしを潤す「緑のダム」も表情穏やかな清流もそこにはない。多くの命を奪った福岡、大分の豪雨である。安否不明の人も多く、孤立した集落もある。いまはただ無事を祈りたい。

 ▼杉かヒノキか。日田市小野地区では、土砂崩れによる流木が集落を押しつぶした。消防団員の男性が犠牲になったという。本来は保水の役目を果たす植林でもあったろう。温暖化の余波なのか、人知の無力さに言葉を失う。空の動きも地球の行き着く先も読めない。

 ▼淡窓に三隈川を詠んだ漢詩がある。〈十里の清江 藍も如(し)かず/人家 往往 流れに架して居(す)む…〉。流れは藍も及ばぬほど青く、川沿いの家々は流れの上に床を出して暮らしを営んでいる、と。豪雨。濁流。線状降水帯。濁りをもたらす天が憎い。

 


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース