So-net無料ブログ作成
検索選択

【北ミサイル】北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本のEEZに落下 [●世界の軍事情勢]

閉じる

【北ミサイル】北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本のEEZに落下

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(共同)

 

 ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)方●(パンヒョン)付近から日本海方向に向けて弾道ミサイル1発を発射した。飛行距離は約930キロ。最終確認されれば、今年10回目の弾道ミサイル発射。日本政府は、ミサイルが約40分間飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられると発表した。

 北朝鮮は5月14日に中長距離と称する弾道ミサイル「火星12」を発射。以来、先月8日に東部の元山(ウォンサン)付近から地対艦巡航ミサイルとみられる数発を発射するまで、4週連続でミサイル発射を強行した。

>>続きを読む

 


タグ:北朝鮮
nice!(2)  コメント(0) 

【正論】世界が突き進む「多極化」の時代 もう楽観論は戻らない 京都大学名誉教授・中西輝政 [●世界情勢]

閉じる

【正論】世界が突き進む「多極化」の時代 もう楽観論は戻らない 京都大学名誉教授・中西輝政

京都大学名誉教授・中西輝政氏(村本聡撮影

 

≪「揺り戻し」が始まったのか≫

 いま世界は、一体どちらへ向かおうとしているのか。昨年からの「揺り戻し」が始まったのか-。

 この6月8日から9日にかけて、イギリスアメリカから伝わってきたニュースは多くの人々に、このような疑問と戸惑いを与えたのではないか。

 昨年、人々はイギリスの国民投票で「欧州連合(EU)離脱」が決まったニュースや、アメリカ大統領選挙での「トランプ氏勝利」の報に大いに驚き、「世界は混乱状態に陥るのではないか」との強い懸念にとらわれたものだ。

 ところが6月8日のイギリスの総選挙では、EUからの強硬な離脱を推進してきたメイ首相の保守党が、予測を裏切り過半数を割り込むという惨敗を喫した。この1年で、英国民の「EU離脱」への態度に大きな変化が生じたのか。

>>続きを読む

 


nice!(2)  コメント(0) 

閑古鳥が鳴く自民党 7月4日 [産経抄]

閉じる

【産経抄】閑古鳥が鳴く自民党 7月4日

なかなか当確が出ない状況に、厳しい表情の下村博文都連会長=2日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影

 

 東京都議選の投開票が行われた2日夜、自民党本部は重苦しい雰囲気に包まれていた。午後10時近くになるまで、候補者の名前が書かれたボードには、一つのバラも飾られていない。お客が入らず、閑古鳥が鳴いている飲食店のようだった。

 ▼閑古鳥とは、カッコウの別名である。「これは少しヘンではあるまいか」と歌人の小池光さんは疑問を呈する。カッコウの声は本来、明るくてすがすがしい。誰かが当てた漢字の字面(じづら)に引きずられて、もの寂しいイメージが生じてしまった。これが小池さんの推測である(『うたの動物記』日本経済新聞出版社)。

 ▼都議選では、小池百合子知事が代表を務めた「都民ファーストの会」とは対照的に、自民党には暗いイメージが植え付けられてしまった。張本人は明らかである。「森友、加計学園」問題に加えて、国会議員の暴言、失言が次々に発覚した。昨日の各紙は、「安倍1強」のおごりを指摘していた。

 ▼投開票日の夜、安倍晋三首相の姿は都内のフランス料理店にあった。麻生太郎副総理や菅義偉官房長官らと会談して、都議選の結果について「謙虚に受け止める」との認識で一致したという。

 ▼飲食店の勘定や会計の意味で使われる「お愛想」は、「愛想尽かし」を略したものらしい。客に勘定を請求する際、愛想尽かしなことですが、と店側がへりくだったのが始まりである。逆に客が「お愛想して」などと言えば、「こんな店には愛想が尽きた。二度と来ない」という意味になってしまう。

 ▼安倍首相は昨日の朝、自民党の惨敗について、改めて「深く反省しなければならない」と述べた。その反省がきちんと形になって現れないと、今度こそ、有権者から愛想を尽かされてしまう。

 

 


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0)