So-net無料ブログ作成
検索選択

【月刊正論3月号】中韓接近!済州島に中国基地ができる日 沖縄・反米基地闘争には… 江崎道朗(評論家) [国防論評]

閉じる

2017.3.20 16:00

【月刊正論3月号】中韓接近!済州島に中国基地ができる日 沖縄・反米基地闘争には… 江崎道朗(評論家)

※この記事は、月刊「正論3月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

 「慰安婦」合意とオバマ政権の失敗 

 慰安婦問題に関する安倍政権の毅然とした対応に溜飲を下げた人も多かっただろう。私もその一人だが、同時にこれから訪れる東アジア情勢の危機についても考えておきたい。歴史戦と軍事と外交は連動しているからだ。

(※3月4日にアップされた記事を再掲載しています)

 実は一昨年(平成二十七年十二月二十八日)の日韓両国外相による「慰安婦」合意当時、私がまず思ったことは、「日米両国政府は、韓国の反日怨念を甘く見すぎだ」ということであった。

>>続きを読む


タグ:中國侵略
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

豊洲市場の移転へ 3種類のリスクの大きさ 3月21日 [産経抄]

閉じる

2017.3.21 05:03

【産経抄】豊洲市場の移転へ 3種類のリスクの大きさ 3月21日

 米カリフォルニア大のエイムズ教授は、野菜に自然由来の発がん性物質が多く含まれている事実を示した。その教授が、サラダをもりもり食べている。制がん性のある物質や他の栄養素もあり、食べないわけにはいかない。

 ▼『環境リスク学』(日本評論社)の中に出てくるエピソードである。著者の中西準子さんの名前は、昨日の東京都議会百条委員会で、石原慎太郎元都知事の証言の中にも出てきた。野菜が安全か危険か、決めつけるのは難しい。環境問題はそんな目に見えないリスクに満ちている。リスク評価を専門とする中西さんによると、リスクには3種の大きさがある。

 ▼第1が科学的に得られたリスクの大きさ、第2が意思決定のリスクの大きさ、第3が国民の抱く不安としてのリスクの大きさだという。築地市場の豊洲への移転問題では、第1のリスクの大きさは、すでにはっきりしている。

 ▼豊洲市場の地下水から、環境基準の100倍のベンゼンが検出された。ただこの基準値が伝えるのは、人が2リットルの水を70年間飲み続け10万人に1人ががんになるという、ほんのわずかなリスクである市場で地下水を利用することもない。専門家会議は、「科学的には安全」との評価を下した。

 ▼小池百合子都知事は、第3のリスクの大きさと向き合いながら、第2のリスクの大きさを選びとらなければならない。そろそろ移転について、判断を示す時期である。

 ▼豊洲に決まった経緯は、まったく別の問題だ。とりわけ78億円と858億円、元の所有者の東京ガスと東京都が土壌汚染対策に費やした金額の違いの理由を知りたい。もっとも、百条委員会の証人の話を聞いていると、「科学的」な解明から遠ざかるばかりのように思える。


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【産経・FNN合同世論調査】主な質問と回答(3月)「敵基地攻撃能力の保有」75%が肯定的 保有すべきだ29・1% 保有を検討すべきだ46・0% [政治論評]

閉じる

2017.3.20 20:02

【産経・FNN合同世論調査】主な質問と回答(3月)「敵基地攻撃能力の保有」75%が肯定的 保有すべきだ29・1% 保有を検討すべきだ46・0%

情報通信機器展示会の開会行事であいさつする安倍晋三首相=19日、ハノーバー(ロイター)

【問】安倍晋三内閣を支持するか

支持する57.4(58.8) 支持しない30.9(30.1) 他11.7(11.1)

【問】どの政党を支持するか

自民党38.0(36.9)  民進党8.4(10.8) 公明党4.5(2.5)

共産党3.8(6.1)  日本維新の会3.6(3.2) 

社民党0.4(0.7)  自由党1.1(0.6) 

日本のこころ0.2(0.2) その他の政党1.6(1.3) 

支持する政党はない37.9(37.4) 他0.5(0.3) 

【問】安倍政権で次に挙げるものを評価するか

《首相の人柄》

評価する65.0(67.1) 評価しない28.1(26.3) 他6.9(6.6)

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画