So-net無料ブログ作成
検索選択

科学者の団体が、自国の安全保障に寄与する研究を禁止するとは 3月9日 [産経抄]

閉じる

2017.3.9 05:03

【産経抄】科学者の団体が、自国の安全保障に寄与する研究を禁止するとは 3月9日

日本学術会議が開いたシンポジウム。「軍事研究を行わない」とする過去の声明の見直しについて反対意見が大勢を占めた=4日午後、東京都港区

 科学者の代表機関である日本学術会議では、能天気な議論が続いていると、2日前のコラムで書いた。昨日の各紙を見ると、新しい声明案がまとまったようだ。「軍事研究を行わない」。なんと昭和25年に発表した声明を、「継承」するというから驚きである。

 ▼当時はまだ占領下、日本の弱体化を進めていたGHQの意向に沿った内容だった。67年たって、独立国家である日本は、近隣諸国の軍事的脅威にさらされている。時代遅れの声明を見直すのは当然ではないか。

 ▼あくまで軍事研究を忌避する人たちは、「民生研究の充実」を訴える。インターネットやGPSを挙げるまでもない。軍事研究から始まった多くの技術が、われわれの生活になくてはならない存在になっているではないか。

 ▼それにしても、科学者の団体が、自国の安全保障に寄与する研究を禁止するとは。同じような声明が出されている国が日本以外にあるのか、後学のためにぜひ、教えてもらいたい。どうやら公的機関でありながら、特定のイデオロギーに染め上げられてしまっている。そんな学術会議のあり方に批判的な科学者も少なくないはずだ。

 ▼曽野綾子さんは、日本ペンクラブを脱退している理由の一つとして、団体が出してきた、反戦や反核のアピールを挙げた。作家というものは個人的情熱を持って書く。何で衆を頼むのか、と小紙のコラムに書いていた。最近では、「組織犯罪処罰法改正案」をめぐり、一部の弁護士が、日本弁護士連合会に反発している。法案に反対する日弁連に対して国民をテロから守るための必要な法案だと、主張する。

 ▼良識ある科学者に訴えたい。日本の安全と学問の自由を守るために、今こそ声を上げる時ではないか


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【プロが指南 就活の極意】心理学から考える〝ジェスチャー〟の効果 [ライフ]

閉じる

2017.3.9 09:00

【プロが指南 就活の極意】心理学から考える〝ジェスチャー〟の効果

企業の採用担当者の話に熱心に耳を傾ける学生たち=3日、長野

 3月を迎え、ついに世間一般的に就活解禁といった時期になりましたね。もうすでに、選考を経験している方も増えてきていると思います。

 就活をする上で、必ず必要なことは「人とコミュニケーションをとること」ですね。説明会や面接、OB訪問など企業の方と接する機会はもちろん、対策するために練習会へ参加したり、セミナーに参加したりと企業以外の方と接する機会も多いでしょう。

 就活生の皆さんは、これまでの自身の生い立ちを振り返り、さまざまな経験の深掘りをすることで自己分析し、「個性」というものを見いだしていますよね。さまざまな性格や考え方などがあり、それは人によっても大きく異なっているということは言うまでもありません。それは皆さんが人間なので当然のことですね。 もちろん企業の方々も人間なので、それぞれ異なる個性があり、性格や考え方も当然違います。企業の方が、採用活動として就活生の皆さんと関わりを持ち、選考という形で合否を決めます。中でも、面接ではさまざまな質問を就活生に投げかけ、その人の能力や人柄をチェックしているわけです。先ほど述べた、合否を決める判断方法ですが、それは「一緒に働きたいと思うかどうか」これに尽きます。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【主張】北の核戦力 「日本標的」に備えあるか [国防論評]

閉じる

2017.3.9 05:02

【主張】北の核戦力 「日本標的」に備えあるか

 4発の弾道ミサイル日本海に向けて発射した北朝鮮が、あれは在日米軍基地を攻撃する訓練だったと主張している。

 つまり、本番では日本領土を標的にすると公言したようなものであり、看過できない。

 露骨な挑発に屈することなく、核・ミサイルの脅威から国民の生命をどう守るか。政府与党にはもっと切迫感を持った対応を求めたい。

 国連安全保障理事会がミサイル発射後、迅速に北朝鮮を非難する報道声明を発表したのは、適切だった。「さらなる重大な措置」に言及して北朝鮮を牽制(けんせい)した。

 今後、制裁強化などどれだけ実効性のある措置をとれるか。「抜け穴」を作ってきた中国をどう動かすかも課題である。

 問われているのは、直接的にミサイルの脅威にさらされている日本が、どれだけ自らの問題として考えぬくかである

>>続きを読む


タグ:北の核戦力
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】「森友学園」と「北朝鮮」をめぐる朝日・毎日のご都合主義が、読者のメディア不信を加速化させる [●マスコミの実態]

閉じる

2017.3.9 01:00

【阿比留瑠比の極言御免】「森友学園」と「北朝鮮」をめぐる朝日・毎日のご都合主義が、読者のメディア不信を加速化させる

森友学園の小学校建設予定地の視察を行い、取材に応じる民進党の辻元清美衆院議員ら=2月28日午前、大阪府豊中市(永田直也撮影

 ただでさえ「マスゴミ」といわれて久しいメディアは、いよいよ読者から底意を見透かされ、軽侮の対象とされていくのだろうと悲しくなった。最近の新聞各紙やテレビニュースの扱いに関してである。

 北朝鮮が、在日米軍基地攻撃を想定した弾道ミサイル4発を発射した翌日の7日付朝日新聞の社説には、目を疑った。2本の社説のうち、ミサイル関連は下の第2社説とし、より重視していることを示す上側の第1社説では、安倍晋三首相の昭恵夫人は公人か私人かの論争を取り上げていた。

 社説は、昭恵氏が学校法人「森友学園」で講演した際に政府職員が同行していた点を問題視し、「国民が納得できる説明をする責任がある」と結んでいた。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

東京大学の処分で見えた最高学府の凋落 [教育論評]

JBPress

東京大学の処分で見えた最高学府の凋落

臭いものには蓋、正直者は徹底懲罰・・・

2017.3.8(水) 上 昌広
モルヒネに代わる「副作用のない」鎮痛薬を開発か、研究

仏パリで撮影された錠剤〔AFPBB News

3月3日、東京大学は研究不正に対する処分として分子細胞生物学研究所(分生研)の加藤茂明・元教授ら4人を懲戒解雇相当、1人を諭旨解雇相当とすることを発表した。

東大は2014年に発表された調査委員会の報告書の中で、「学生らへの強圧的な態度や指導」が不正の背景と糾弾している。

懲戒解雇は6段階ある懲戒処分で最も重い。加藤元教授は退職金の一部を返還したという。

「相当」とつくのは、加藤元教授たちが既に引責辞任しており、東大が処分を下す立場にないからだ。

東大の処分に世間の違和感

読売新聞の取材に対し、加藤元教授は「到底承服できるものではありませんが、不服申し立ての手段はありません。道義的責任は痛感しており、その責任は果たしたつもりです」とコメントしている。

このコメントを読めば、「加藤元教授は反省が不十分のようだ」と感じる方が多いだろう。ところが、実態は異なる。マスコミは報じないが、医師医学研究者の中には、東大の処分に違和感を抱く人が少なくない。実は私もそうだ。

私は、東大が今回のような処分をすれば、研究不正に対する隠蔽体質を助長しかねないと思う。その理由は東京大学の不正を働いた研究者への処分がダブルスタンダードになるからである。

確かに、加藤元教授の研究室は組織ぐるみで研究不正を行っていた。その意味で加藤元教授の責任は甚大だ。

ただ、彼がどの程度不正に関与したかは不明である。調査委員会も、加藤元教授が直接指示したとは認定していない。強制捜査権がない調査委員会でやれることには限界がある。

>>続きを読む


タグ:東京大学
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

慰安婦像に傷つけられる米国在住の日本人たち [慰安婦問題]

JBPress

慰安婦像に傷つけられる米国在住の日本人たち

ロサンゼルスで痛感した在米日本人の大きな懸念

2017.3.8(水) 古森 義久
米国・ロサンゼルスの街並み。講演に集まった日本人の聴衆は慰安婦問題の行方を懸念していた(資料写真

韓国ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の存在が、日韓関係の改善を阻む大きな要因となっている。その慰安婦像の存在が米国在住の日本人たちにも実害を及ぼし、懸念の対象となっている実態を、現地で改めて痛感した。

3月3日から4日にかけて米国・ロサンゼルスを訪れた。地元の日本人、日系米人の組織「日系と友人たち」に招かれ、講演するためである。

「日系と友人たち」はロサンゼルスの日本出身の長期居住者たちが主体となり、日本の政治や歴史を勉強しながら相互の友好を深める団体だ。2年ほど前に結成され、半世紀前よりハワイカリフォルニアに在住する実業家の片山隆夫氏が代表を務めている。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース