So-net無料ブログ作成
検索選択

【国会議員に読ませたい敗戦秘話】朝日新聞の「従軍慰安婦」報道を鵜呑みにし、謝罪を繰り返した政治家たちよ 歴史から目をそむけまい [慰安婦問題]

閉じる

2016.5.10 14:10

【国会議員に読ませたい敗戦秘話】朝日新聞の「従軍慰安婦」報道を鵜呑みにし、謝罪を繰り返した政治家たちよ 歴史から目をそむけまい

特集「慰安婦問題を考える」を2014年8月5、6両日付の朝刊に掲載した朝日新聞

歴史から目をそむけまい」

 朝日新聞は1992年1月12日付でこう題する社説を掲載し、「従軍慰安婦」について「挺身隊の名で勧誘または強制連行され、各地で兵士などの相手をさせられた」と断じ、軍や政府の関与を否定する日本政府を非難した上で大上段にこう説いた。

 「恥ずかしい体験はだれでも思い出したくないものだ。しかし、戦争という特異な状況のもととはいえ、植民地下の朝鮮から多数の人々を駆り出し、男性には労務や兵役を、女性には兵士の慰安をという役割を強要したのは、たかだか半世紀前のわが国であった。この事実の重みは私たちが負い続けなければならない。歴史から目をそむけることはできない

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【内戦の韓国(上)】必然の朴氏弾劾は代理戦争、工作員暗躍、親北VS.反北 [●世界の実態]

閉じる

2017.3.7 09:15

【内戦の韓国(上)】必然の朴氏弾劾は代理戦争、工作員暗躍、親北VS.反北

李相哲・龍谷大学教授

 3月1日のソウル。日本からの独立運動を記念する式典が行われたこの日、韓国警察当局は202中隊、1万6千人の警察官を投入して朴(パク)槿恵(クネ)大統領弾劾の無効を叫ぶデモ隊と朴氏の即時退陣を求めるデモ隊の衝突を遮断するため両陣営の真ん中に壁を作っていた。

 くしくも「壁」の北側はろうそくを手にもつ親北朝鮮団体や政党などの左派勢力。南側は韓国の国旗を手にもつ親米・反北朝鮮勢力だった。

 南北朝鮮の代理戦争の様相を呈す一触即発のこの日のデモは、局所的な衝突で済んだが、前大韓弁護士協会長、金(キム)平祐(ピョンウ)は「弾劾の結果によっては内乱に発展するかもしれない」と話す。韓国は内戦中なのだ。

 日本にとっても対岸の火事ではない。左派勢力が勝てば、対韓国政策を全面的に見直す必要に迫られる。

>>続きを読む


タグ:朝鮮半島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

座して死を待つつもりなのか 最悪の事態、北のミサイル攻撃に備えて腹をくくる時 3月7日 [産経抄]

閉じる

2017.3.7 05:03

【産経抄】座して死を待つつもりなのか 最悪の事態、北のミサイル攻撃に備えて腹をくくる時 3月7日

 北朝鮮がまた、弾道ミサイルを日本海に撃ち込んだ。いくら厳重な抗議を行っても、北朝鮮はミサイル開発のペースを落とすことはない。最悪の事態、すなわちミサイル攻撃に備えて腹をくくる時が来ている。

 ▼確かに今の日本は、2段階でミサイルを迎撃する防衛システムを構築している。とはいえ北朝鮮がもし、数百発ものミサイルを同時に発射すれば、すべて撃ち落とすのは不可能らしい。そこで注目されているのが、レールガン(電磁加速砲)と呼ばれる新兵器である。

 ▼ちょうど雑誌「正論」4月号では、元陸将補の矢野義昭さんが、「新しい時代の兵器 レールガン開発を急げ」と題してわかりやすく解説している。米海軍が開発を進めている新兵器は大砲の一種である。ただし火薬の代わりに電気を使い、電磁場の力で砲弾を加速させるのが特徴だ。

 ▼大砲の約6倍の初速で砲弾を発射して、射程は約400キロにも及ぶ。何より1分間に数百発の連射が可能でどんな標的も逃さないのが強みである。矢野さんによれば、レールガンと、電子レンジと同じ原理で熱を集中照射するマイクロウエーブ兵器を組み合わせれば、ミサイル撃墜の確率は格段に上がる。

 ▼まさに日本の持つ高度な科学技術を結集して、取り組むべき課題である。もっとも、防衛省が大学などを対象に研究費を助成しようとすると、たちまち批判の声が上がった。「軍事研究を行わない」。過去に出したこんな声明を見直すべきかどうか、科学者の代表機関である日本学術会議では、能天気な議論も続いている。

 ▼防衛技術の研究をすれば、戦争を招くこう主張する学者に、石原慎太郎元東京都知事の言葉を借りて問いたい。「座して死を待つつもりなのか」

>日本の大半の学者は無国籍、心にがないお歴々・・当然国防の覚悟など?

 このお歴々が最高学府の先生様の脅威・・血税生活者が国防妨害の異常。


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー [●世界の実態]

閉じる

2017.3.6 20:07

中国に備えるならチベットに学べ」 チベット亡命政府首相に単独インタビュー

産経新聞のインタビューに応じる、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相(廣池慶一撮影

 インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相(48)が来日し、東京都内で産経新聞の単独インタビューに応じた。中国政府によるチベット人への弾圧の実態を訴え、東シナ海や尖閣諸島(沖縄石垣市)での中国の動きを念頭に、日本もチベットの経験から学ぶべきだと語った。(広池慶一)

 チベットの悲劇は現在も続いています。2009年以降、145人のチベット人が焼身自殺で命を落としました。報告を受ける度に胸がとても痛みます。

 決死の行動は、国際社会に救いを求めるメッセージです。亡命政府は、最も大事なのは命であり、焼身自殺をしないよう訴えていますが、彼らは自殺を図り、究極の犠牲を払うのです。

>>続きを読む

【閲覧注意】 チベット人僧侶の焼身自殺の抗議を報道せよ!


タグ:チベット
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

量子コンピューターがあなたのパスワードを破る日 [産業・技術]

JBPress

量子コンピューターがあなたのパスワードを破る日

いまさら聞けない量子コンピューターの基礎知識

2017.3.6(月) 小谷 太郎
IBMが2015年に発表した4つのキュービットから成る量子回路。 Photo by IBM Research, under CC BY-ND 2.0.

世の中では量子コンピューターが熱い話題を振りまいています。

量子コンピューターの研究会が無数に開かれて、量子コンピューターを製作する(と称する)企業が相次いで立ち上がり、グーグルインテルマイクロソフトなど業界大手が資金をどばどば注いでいると報道されます。

量子コンピューターの時代が到来すれば、既存のコンピューターの原理的な限界が突破され、超高速演算が可能になり、分子構造が瞬時に解析され、今の通信技術に使われている暗号は片っ端から解読される、などと景気のいい噂が飛び交います。

しかしその量子コンピューターとはいったいどんな代物なのでしょうか。なぜそのような期待が集まっているのでしょうか。

ここでは量子コンピューターの基本を、本当に基本から紹介しましょう。実は量子コンピューターがどういうものになるのか、誰も正確なところを知りません。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

生野菜と加熱野菜、健康にいいのはどっち? [ライフ]

logo

 前回は「野菜を食べるという食習慣」の重要性を書いた。かといって「野菜の栄養成分は重要ではない」ということではない。食べ物(野菜に限らず)と健康との話をする場合は、つねに「栄養」と「食習慣」という2つの側面からとらえなければならないということだ(さらには、ここではあまり触れることがないが、3つ目として「食文化」の側面も忘れてはならない)。というわけで、今回は最初に野菜の栄養素の話から始めよう。

野菜に期待する栄養成分はビタミンCと食物繊維

 ビジネスパーソンの皆さんは「野菜に期待する栄養素」といえば何を思い浮かべるだろうか?「期待などしてない」という人がいたら、「野菜に含まれる栄養素って何?」といいかえてもよい。多くの人はビタミン類やミネラル類と答えるだろう。もう少し知識(興味)のある人なら「それに加えて食物繊維」というかもしれない。

iStock

 正解!(もっとも、これは小学生レベルの問題といっても過言ではないが)。野菜(や果物)にはビタミン類やミネラル類、そして食物繊維が豊富に含まれている。野菜をたくさん食べれば、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維等が摂取できる。

 しかし、意外に思うかもしれないが、ビタミン類やミネラル類の多くは、野菜にだけではなく、他の食品(肉類や魚類や穀類等々)にもけっこう含まれている。では、他の食品にはあまり(ほとんど)含まれてはおらず、野菜から摂取しなければならない栄養成分というのは何になるだろうか? それはビタミンCと食物繊維だ。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース