So-net無料ブログ作成
検索選択

【阿比留瑠比の極言御免】「中国が攻撃動作」これが日本の現実 危機を直視せず「ヘイト」で集う野党の愚 [政治論評]

閉じる

2016.6.30 11:30

【阿比留瑠比の極言御免】「中国が攻撃動作」これが日本の現実 危機を直視せず「ヘイト」で集う野党の愚

支持を訴える民進党の岡田克也代表(右から2人目)ら野党幹部=松山

 29日の産経新聞朝刊1面(東京版)で、2つの記事を読んで、深い感慨を覚えた。中国軍機が東シナ海上空で、航空自衛隊機に「攻撃動作」を仕掛けていたことを元空将の織田邦男氏が明かしたことと、防衛費について「人を殺すための予算」と発言した共産党の藤野保史政策委員長の辞任が並んで報じられていた。

 この2つは、まさに現在の日本が直面する現実と、それを直視できない野党多数派の現状を象徴していると感じたからである。

 中国はこのところ、海軍の情報収集艦が鹿児島沖の領海に侵入するなど、軍事的攻勢を強めている。北朝鮮は中距離弾道ミサイルを連射し、22日の発射実験は成功したとされる。

 しかも頼りの同盟国・米国では、在日米軍の駐留経費の全額負担を日本に求めるなど、東アジアの安全保障に関心が薄いトランプ氏が有力な次期大統領候補となっている。こんなタイミングで、共産党は自衛隊を憲法違反と断じ、まるで人殺しが仕事であるかのような発言をしでかした。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【龍馬の愛刀】数奇な運命たどった3本…暗殺時の“最期の太刀”新資料で実物と判明 [■国内ニュース]

閉じる

2016.6.29 15:00

【龍馬の愛刀】数奇な運命たどった3本…暗殺時の“最期の太刀”新資料で実物と判明

坂本家が撮影した龍馬の最期の刀など3本の写真。一番上が龍馬の「最期の刀」。真ん中が長年、別人のものとされていたもの。一番下は、龍馬がもっとも愛していたとされる脇差し(坂本龍馬記念館提供)

 銃を懐にしのばせているイメージが強く、「剣の達人」であることにも諸説あった坂本龍馬。しかし、高知県立坂本龍馬記念館(高知市)が昨年、龍馬が北辰一刀流の太刀の免許皆伝書を持っていたとする新資料を見つけ、剣の達人だったとする説が裏付けられた。薩長同盟に貢献するなど活躍した後、京都・近江屋で刺客の刃によって命を奪われた波乱の人生。そんな龍馬の遺(のこ)した3本の刀も「数奇な運命」をたどっていたことが、同館の前田由紀枝・学芸課長の調査で明らかになった。

 龍馬の死後、坂本家は北海道に移住し、遺品などを管理してきた。同館では10年ほど前、その坂本家が大正の後期か昭和の初めに撮影した写真を入手。そこには、刀掛けに置かれた3本の刀が写っていた。

>>続きを読む


タグ:龍馬の愛刀
nice!(1)  コメント(0) 

傘かしげ 6月30日 [産経抄]

閉じる

2016.6.30 05:04

【産経抄】傘かしげ 6月30日

 作家の故山口瞳さんは、折り畳みの傘を持たなかった。突然の雨で周りの人が濡(ぬ)れているとき、鞄(かばん)から折り畳み傘を出して、思わず得意顔になる。「そのときの品のない自慢げな顔がみっともない」というのだ。息子の正介さんが、山口さんのコラム集の解説に書いていた。

 ▼愛用の折り畳み傘を取り出すたびに、この文章を思い出して、後ろめたい気持ちになっていた。ただ最近、使わないときはしまっておける「効用」の大きさに気づいた。電車のなかで、腕や鞄に傘をぶら下げ、スマートフォンに夢中になっている人をよく見かける。傘の先の滴が他人にかかっても気づかない。

 ▼まして、地下街の通路で傘を横向きに持って闊歩(かっぽ)するなど、論外である。折り畳み傘なら、少なくともこんな迷惑をかけることがない。傘をめぐるトラブルが、目立つ時期である。先月末も東京都新宿区で、帰宅途中の会社員男性が男に刃物で刺され、重傷を負う事件があった。傘がぶつかり、口論になった末の凶行である。

 ▼ギスギスした世相ゆえか、江戸商人のマナーとされる「江戸しぐさ」が注目されている。傘をさした者同士がすれ違うとき、お互いがわずかに傾ける。いわゆる「傘かしげ」は、その一つだった。などと講釈をたれようとしたら、「待った」がかかった。

 ▼歴史研究家の原田実さんによると、「江戸しぐさ」の数々は、江戸時代の風俗からかけ離れている。洋傘と違ってスプリングが入っていない和傘の場合、狭い路地ですれ違うとき、傘をすぼめる方が実用的だった(『江戸しぐさの正体』星海社新書)。

 ▼たとえ「架空の伝統」であっても、「傘かしげ」は見た目も美しい。改めて平成のマナーとして、定着してほしいものだ。


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 

一線超えた中国軍機 尖閣、東シナ海上空の緊張高まる ネットで発表の元空将、改めて警鐘 政府関係者は「前例のない接近だった」と吐露  [日本防衛]

閉じる

2016.6.30 07:50

一線超えた中国軍機 尖閣、東シナ海上空の緊張高まる ネットで発表の元空将、改めて警鐘 政府関係者は「前例のない接近だった」と吐露  

民間機が同居する那覇空港からスクランブル発進する航空自衛隊のF15戦闘機。東シナ海上空で中国軍機との緊張が高まっている=平成25年12月、那覇市 (大山文兄撮影

 東シナ海の軍事的緊張が、海上のみならず上空でも高まっている中国軍の戦闘機が今月17日など複数回にわたり、航空自衛隊機に対し、これまでにない攻撃動作を仕掛けたことが判明。政府関係者は29日、「あれだけの距離に接近したのは前例がない」と指摘した。インターネットニュースサイトで同空域の危険な実態を明らかにした元空自航空支援集団司令官、織田(おりた)邦男元空将は「現場の緊張感は計り知れなかったはずだ」と警鐘を鳴らす。(石鍋圭)

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【阿比留瑠比の極言御免】「ウィー・アー・ノット・アベ」 個人への憎悪で結集する野党の愚 [政治論評]

閉じる

2016.6.30 01:00

【阿比留瑠比の極言御免】「ウィー・アー・ノット・アベ」 個人への憎悪で結集する野党の愚

支持を訴える民進党の岡田克也代表(右から2人目)ら野党幹部=松山

 29日の産経新聞朝刊1面(東京版)で、2つの記事を読んで、深い感慨を覚えた中国軍機が東シナ海上空で、航空自衛隊機に「攻撃動作」を仕掛けていたことを元空将の織田邦男氏が明かしたことと、防衛費について「人を殺すための予算」と発言した共産党の藤野保史政策委員長の辞任が並んで報じられていた。

 この2つは、まさに現在の日本が直面する現実と、それを直視できない野党多数派の現状を象徴していると感じたからである。

 中国はこのところ、海軍の情報収集艦が鹿児島沖の領海に侵入するなど、軍事的攻勢を強めている。北朝鮮は中距離弾道ミサイルを連射し、22日の発射実験は成功したとされる。

 しかも頼りの同盟国・米国では、在日米軍の駐留経費の全額負担を日本に求めるなど、東アジアの安全保障に関心が薄いトランプ氏が有力な次期大統領候補となっている。こんなタイミングで、共産党は自衛隊を憲法違反と断じ、まるで人殺しが仕事であるかのような発言をしでかした

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

インドネシア大統領、中国の横暴に毅然と抵抗宣言 [●世界情勢]

JBPress

インドネシア大統領、中国の横暴に毅然と抵抗宣言

南シナ海でインドネシアにも及び始めた中国の海洋拡張政策

2016.6.30(木) 北村 淳
中国、係争水域の支配権拡大に漁船団活用 米高官が警告

南シナ海のナトゥナ諸島沖で、中国の漁船(右)を拿捕するインドネシア艦船。インドネシア海軍が公開(2016年6月21日公開)。(c)AFP/INDONESIAN NAVY〔AFPBB News

中国が受注したインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトが難航していると伝えられているが、その一方で、両国の間に領海および海洋権益をめぐる問題がにわかに勃発し、緊張が高まっている。

6月23日、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、南シナ海・ナトゥナ諸島沖のインドネシア海軍コルベット「イマムポンジョル383」上で主要閣僚や軍首脳とともに閣議を開き、同海域の防衛を強化し、インドネシアの主権を維持することを明言した。

>>続きを読む


タグ:南シナ海
nice!(0)  コメント(0) 

自分の親ならここに入れたい老人ホーム [論評紹介]

JBPress

自分の親ならここに入れたい老人ホーム

まるで奇跡、入居者が次々と笑顔を取り戻す理由

2016.6.30(木) 北 俊一
ウチヤマHDには、他の介護施設の救済案件が頻繁に持ち込まれるという。なぜ行き詰まった経営を再生させられるのか?(写真はイメージ)

ICTの進展により、企業経営がガラス張りになる「透明化社会」において、顧客に選ばれ続ける企業になるためには、確固とした経営理念・経営哲学が不可欠だ。

「顧客に選ばれる」といっても、いろいろな基準やレベルがあるが、顧客自身が働きたくなる、自分の子どもを働かせたくなる、というのが、“究極”なのではないだろうか。

その意味では、第3回の記事「『卒業したくない』教習所が教えていること」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45875)で紹介した、ネッツトヨタ南国(高知市)と安城自動車学校(安城市)は究極の企業と言える。

ネッツ南国は、顧客から自分の子どもを就職させてくれないかと相談され、安城自動車学校は、教習生から就職したいと相談されるという。

星野リゾートでは、宿泊者がここで働かせてほしいと懇願し、そのまま住み着いたスタッフがいる。筆者が数年前、北海道のアルファトマムリゾートに家族で宿泊した際、そのようなスタッフに出会った。

社員たちがいきいきと働き、心のこもったサービスを提供している姿を見て、この環境に自分も身を置きたくなる顧客、自分の子どもを働かせたいと思う顧客が現れるのはごく自然なことだろう。厳しい中にも愛情に溢れる職場環境に身を置けば、人間的に成長できるに違いないと感じるのだ。

>>続きを読む


タグ:老人ホーム
nice!(0)  コメント(0) 

リーマン予想が解ける時 [教育論評]

JBPress

リーマン予想が解ける時

サラリーマンのための超入門・リーマン予想4

2016.6.30(木) 桜井 進

3回にわたり語ってきた超入門リーマン予想もこれが最終回です。リーマン予想を語るための数式はこれまでの連載の中に登場済みです。最終回は数式は最小限にしました。最後まで一気に文章を読んでいただきたいと思います。

リーマン予想とは、ゼータ予想のことに他なりません。オイラーによって発見された最初のゼータ関数(オイラーゼータ、連載)。その定義域は、自然数から始まって実数まで拡張されました。その仕事がオイラーの偉業です。

その次の仕事がリーマンによるゼータ関数(リーマンゼータ)です。その定義域は複素数にまで拡張されました。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

主婦にも公務員にも開かれた確定拠出年金 [論評紹介]

JBPress

主婦にも公務員にも開かれた確定拠出年金

基礎から解説~確定拠出年金はこう変わる(2)

2016.6.30(木) 岡田 正樹
制度改正で個人型DCに主婦や公務員などが加入できるようになった(写真イメージ

5月24日、国会で「確定拠出年金」の改正法が成立しました。前回(「実はNISAより税制上のメリットが大きい個人型DChttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47137)に引き続き、制度改正の内容を解説していきます。

確定拠出年金は企業年金の1つで「DC」(Defined Contribution)と略されます。

「将来の年金額の給付が確定している」企業年金が「確定給付年金」(DB)です。それに対してDCは「将来受け取る年金額を運用する掛け金の拠出が確定している年金制度」です。企業や個人がさまざまな金融商品に投資して資産運用を行い、その結果を老後に年金として受け取ります。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

【目良浩一の米西海岸リポート(1)】グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層…提訴から2年余りでようやく公正な裁判に [慰安婦問題]

閉じる

2016.6.29 01:00

【目良浩一の米西海岸リポート(1)】グレンデール市慰安婦像撤去訴訟の深層…提訴から2年余りでようやく公正な裁判に

カリフォルニア慰安婦像撤去訴訟帰国報告会であいさつする「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の目良浩一代表=2014年3月11日、東京・永田町の衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影

■最初は公判さえ開かれずメールで…

 私が原告団を率いて米カリフォルニア州グレンデール市の公園に建てられた慰安婦像の撤去を求めて同市を相手取って起こした裁判は、2014年2月の連邦裁判所ロサンゼルス地区支所への提訴から2年以上が経ちました。

 われわれは「グレンデール市が、連邦政府の権限である外交問題に関して直接に態度を表明したことは、連邦政府に外交権限を独占的に付与した米国の憲法に違反する」として、市が設置した慰安婦像の撤去を求めました。

 しかし、連邦裁の判事はグレンデール市などに住む原告が受けた被害と、市が越権行為をしたとされる慰安婦像の設置との関連性が希薄であるという理由で、われわれの訴えを棄却しました。

 しかも、判事は公判さえ開かずに「原告には訴訟を起こす資格がない」との判決文をこちらの弁護士にメールで知らせただけでしたわれわれは門前払いを食いました。反論する機会さえなかったのです。

 われわれは控訴することを決めました。ところがわれわれの弁護団が、シリコンバレーに影響力を持つ中国系の団体に脅されたため撤退してしまいました。弁護団の会社はシリコンバレーに多くの顧客を持っているためです。新たな弁護人の選定を強いられるなど体制を整える時間を要しましたが、ようやくこの6月7日に控訴審の日を迎えることができました。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ペートルって何者だ? 50年前、国論を二分した騒動 6月29日 [産経抄]

閉じる

2016.6.29 05:04

【産経抄】ペートルって何者だ? 50年前、国論を二分した騒動 6月29日

 国論を二分する、といっても昨今の英国の話ではない。50年前の今日、マッシュルームカットに法被(はっぴ)姿で羽田空港に降り立った、4人の若者をめぐる日本の騒動である。ビートルズの人気はすさまじかった。3日間計5回の公演のチケットを求めて、抽選への応募は21万枚に達した。

 ▼一方、当時の教育関係者にとっては、不良の象徴である。多くの中学・高校では、公演に行かないよう警告が出た。武道の殿堂として建てられて間もない、日本武道館を会場とすることにも批判の声が上がった。「ペートルって、何者だ。あんな連中に使わせるわけにはいかない」。公演を主催する読売新聞社主で、武道館会長でもあった正力松太郎が息巻く場面もあった。

 ▼記者会見でこの件について記者から質問されたとき、ポール・マッカートニーの答えは見事だった。「ロンドンの王立劇場で日本の舞踊団が公演しても、誰もおかしいとは思わない。英国も日本と同様に伝統を重んじる国だ」。

 ▼公演会場には若者にまじって、三島由紀夫の姿もあった。もっとも、キャーキャーという騒ぎで、歌はほとんど聞こえない。「舞台に背を向けて、客席を見てゐるはうがよほどおもしろかつた」(『ビートルズ見物記』)。

 ▼女の子たちは、髪をかきむしり、やがて泣き出しながら、「ジョージ!」などと叫び出す。公演が終わっても、ホテルの屋上から両足を友達につかまれ、逆さづりになってメンバーの泊まる部屋をのぞき込もうとした、「命知らずの少女」もいたらしい。

 ▼そんな彼女たちも今では、アイドルコンサートにせっせと通う孫を持つ年代になっているかもしれない。今宵(こよい)は久しぶりにアルバムに耳を傾け、青春の日々を懐かしむのだろうか。


タグ:産経抄
nice!(1)  コメント(0) 

【緊迫・南シナ海】インドネシア、中国牽制へ基地整備 ナトゥナ諸島、予算を承認 国防相「レーダーや無人機なども配備」 [●世界情勢]

閉じる

2016.6.29 00:13

【緊迫・南シナ海】インドネシア中国牽制へ基地整備 ナトゥナ諸島、予算を承認 国防相「レーダーや無人機なども配備」

 インドネシア国会は28日、南シナ海の南端にある同国領ナトゥナ諸島の軍事基地整備に向けた補正予算を承認した。軍艦や軍用機、兵士の今後の増派に対応するための措置。ナトゥナ諸島沖では、中国漁船の違法操業が相次ぎ、両国の緊張が高まっている。インドネシアは周辺の警備を強化し、中国をけん制する狙いだ。

 インドネシアの今年の国防費は当初予算から約6・6%増の約106兆ルピア(約8250億円)となった。リャミザルド国防相は同日、記者団に「もっと多くの海兵隊や特殊部隊が駐留し、レーダーや無人機なども配備される。(武器などの)装備も新しくなるだろう」と述べた。中国が南シナ海の大部分を管轄していると主張する根拠の境界線「九段線」は、ナトゥナ諸島沖のインドネシアの排他的経済水域(EEZ)と一部が重なっている。

 リャミザルド氏は昨年末、800人規模の駐留兵士を約2000人に増員すると明らかにした。(共同)


タグ:南シナ海
nice!(1)  コメント(0) 

【経済インサイド】ショッピングセンターの幼児用遊具の安全ガイドラインをなぜ国交省ではなく経産省が策定したのか? [お役所仕事]

閉じる

2016.6.29 08:00

【経済インサイドショッピングセンターの幼児用遊具の安全ガイドラインをなぜ国交省ではなく経産省が策定したのか?

  

 霞が関の縦割り行政-。行政改革の議論では必ずやり玉に挙げられるフレーズだ。縦割り行政の弊害はいろいろ指摘されるが、その一つが商業施設内に設置されている遊戯施設の安全基準。基準がないがゆえに子供の重傷事故が発生しているのだ。抜け落ちていたこの穴を埋めるべく、経済産業省がこのほどガイドラインを策定した。経済成長の牽引役として幅広い権限を持つ一方で、他省庁に比べて許認可行政ができないといわれる経産省のガイドライン、その効果はいかほどなのか…。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘 [日本が危ない]

閉じる

2016.6.29 07:07

中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘

 元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男元空将は28日、インターネットのニュースサイトで、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自機に対し「攻撃動作を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」とする記事を発表した。詳しい日時や場所、中国軍機の種別などは記されていない。防衛省幹部は産経新聞の取材に対し、大筋で事実関係を認めたが、「実際にどこまで中国機が空自機に迫ったかが問題だ」と指摘した。

 織田氏は記事で中国軍艦が今月、尖閣諸島(沖縄石垣市)周辺の接続水域や口永良部島(鹿児島県)周辺の領海などに相次いで侵入した事例に言及し、「これら海上の動きと合わせるように、中国海空軍の戦闘機が航空自衛隊のスクランブル(緊急発進)機に対し、極めて危険な挑発行動を取るようになった」と指摘した。

>>続きを読む


nice!(1)  コメント(0)