So-net無料ブログ作成
検索選択

【お金は知っている】熊本地震からの復旧・復興のカギ 地方創生は浜松の「やらまいか」精神に学べ [◆之が言いたい]

閉じる

2016.4.30 10:00

【お金は知っている】熊本地震からの復旧・復興のカギ 地方創生は浜松の「やらまいか」精神に学べ

熊本地震で被災した住宅ではボランティアがゴミ出しや片付けなどを行った=熊本県益城町  

 美しい自然や町並みが無残に崩れ、被災者の方々の苦難が続く熊本地震。救いは、被災地での復旧に向けた人々の奮闘ぶりが東日本大震災時と同様、広く世界の人々を感嘆させていることだ。そこで改めて思うのは、地方経済の重要さだ。(夕刊フジ)

 安倍晋三政権は熊本地震からの復旧・復興に向けた補正予算編成に取り組むが、活力ある人材の地盤なくして、大災害からの回復がはかどるはずはない。政権が以前から掲げている「地方創生」の看板はどうか。掛け声倒れになりやしないかと心配だ。何かが欠けているのではないか。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

陰湿な小細工ばかり仕掛ける「軽蔑すべき敵たち」 レッテルを貼っておとしめる、なりふり構わぬプロパガンダ 4月30日 [産経抄]

閉じる

2016.4.30 05:02

【産経抄】陰湿な小細工ばかり仕掛ける「軽蔑すべき敵たち」 レッテルを貼っておとしめる、なりふり構わぬプロパガンダ 4月30日

ツイッターに投稿された「偽広告」  

 「軽蔑すべき敵たちを持ってはならない」。ドイツの哲学者、ニーチェはこう戒めている。むしろ、自分の敵を誇りとすれば、敵の成功は己の成功でもあるのだと。滋味深く、反芻(はんすう)すべき言葉だが、実践するのはなかなか難しい。時として、あまりに低劣な相手から一方的に攻撃を受けることもある。

 ▼東京の地下鉄では最近、本物の広告を加工して中身をすり替えたステッカーなどが、複数枚見つかった。「読売や産経のように、あまりにも権力べったりになるなら“政党機関紙”でいい」。車内でこんな押しつけがましい政治的主張を読まされた通勤客は、朝から不快だろう。

 ▼同様の事例は昨年3月にもあった。このときはJR東日本の列車の窓に、安倍晋三首相の写真とともに「戦争ができる国へ」「頭が幼稚なこども総理」などと書かれたシールが貼られていた。頭が幼稚なのはどっちだろうか。

 ▼自分と異なる意見やものの見方が存在することや、相手にも一定の理があることを頭から認めず、レッテルを貼っておとしめる。自分の主義・主張を訴えるためには、法に触れても気にしない。そんなやり方が共感を呼ぶとは思えない。

 ▼ただ、似たようななりふり構わぬプロパガンダ(政治宣伝)や印象操作、レッテル貼りの手法は、国会質問や街頭演説でも繰り返されていた。選良たる国会議員や大学教員らが率先して悪い手本を示した形か

 ▼ちなみに、29日付小紙社会面では、政府の一員である自民党議員の「政治とカネの問題」を大きく取り上げている小紙の報道姿勢を批判するのなら、紙面の実態に即して正々堂々とやってもらいたい。陰湿な小細工ばかり仕掛ける「軽蔑すべき敵たち」など、これ以上は見たくない。


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

広島宣言に「誤訳」を忍び込ませた外務省 [◆之が真相・実態]

広島宣言に「誤訳」を忍び込ませた外務省

英語では「非人間的」とは書かれていない

2016.4.30(土) 古森 義久

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【緊迫・南シナ海】中国による南シナ海・スカボロー礁埋め立てを懸念 カーター米国防長官「非常に深刻、軍事衝突も」 [●世界の実態]

閉じる

2016.4.29 10:10

【緊迫・南シナ海】中国による南シナ海・スカボロー礁埋め立てを懸念 カーター米国防長官「非常に深刻、軍事衝突も

中国の艦船が居座るスカボロー礁=12日(PLANET LABS提供、ロイター)

 ワシントン=青木伸行】カーター米国防長官は28日、上院軍事委員会の公聴会で、中国が南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)の埋め立てに着手するとみられていることについて、強い懸念を示した。

 スカボロー礁はフィリピン北部ルソン島の約200キロ西にあり、中国が実効支配している岩礁や人工島の中で、米軍がすでに利用している旧米海軍基地のスービック湾や、クラーク旧米空軍基地などに最も近い。

>>続きを読む


タグ:南シナ海
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【関西の議論】葵祭ヒロインは老舗のお嬢様! 母と親子二代〝斎王代一家〟 「体力には自信」「負けず嫌い」 [伝統・文化]

閉じる

2016.4.29 11:00

関西の議論】葵祭ヒロインは老舗のお嬢様! 母と親子二代〝斎王代一家〟 「体力には自信」「負けず嫌い」

第61代葵祭斎王代の西村和香さん(左)と母の和美さん。母娘の2代で斎王代を務める=4月12日午後、京都上京区の京都平安ホテル(志儀駒貴撮影  

 京都三大祭りのトップを切って5月15日、京都市内で行われる葵(あおい)祭。ヒロインを務める斎王代(さいおうだい)に、今年は350年以上続く京漆器老舗「象彦(ぞうひこ)」社長の長女、西村和香(わか)さん(26)=京都市山科区=が選ばれた。祭りの主役ともいえる斎王代はどんな人なのだろうか。

>>続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース