So-net無料ブログ作成

先の大戦から70年もたつのに、なぜいまだに「戦後」にとらわれ続けなければならないのかと [産経抄]

閉じる

2015.12.31 05:04

【産経抄】12月31日

 戦後70年の今年は、やはり歴史をめぐる騒動に明け暮れする1年となった。年初から、新聞やテレビは安倍晋三首相の戦後70年談話の行方を大きなトピックとして扱った。この年末には、慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」するための日韓合意が大ニュースとして耳目を集めた。

 ▼ただ、小欄にはいささか違和感もある。先の大戦から70年もたつのに、なぜいまだに「戦後」にとらわれ続けなければならないのかと。「もはや戦後ではない」。経済企画庁(現内閣府)が経済白書にこう記述してから59年、中曽根康弘首相(当時)が「戦後政治の総決算」を訴えてからも、30年が過ぎたというのにである。

 ▼「戦後の枠組みを守れ」。中国や韓国は歴史問題絡みで、何度も日本をこう牽制(けんせい)してきた。9月に成立した安全保障関連法の議論では、反対論者からも同様の主張がなされていた。それでは、彼らが言う「戦後の枠組み」とは一体何なのか。

 ▼つまるところ、戦勝国と敗戦国という立場の固定化ではないか日本を戦争に敗れた過去に閉じ込め、身動きできないようにするのが目的だろう。もっとも、中韓両国は戦勝国を自称しているだけで、実際は日本と戦ったとはいえないが。

 ▼「これでもう戦後80年談話、90年談話は必要ない」。延々と繰り返されてきた謝罪外交に終止符を打つ狙いがある70年談話発表に際し、安倍首相は周囲にこう語っていた。今回の日韓合意の背景にもこれと同じ思いがある。

 ▼とはいえ、日韓合意は評価が分かれ、厳しい見方も少なくない。「政治家は歴史法廷の被告だ」。中曽根氏はかつてこう喝破した。今年は果たして「戦後」から脱却する第一歩となったのか。来年は、安倍政治の真価が問われる。


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【産経抄】「慰安婦像撤去」こそ来年の10大ニュースに 12月30日 [産経抄]

閉じる

2015.12.30 07:58

【産経抄】「慰安婦像撤去」こそ来年の10大ニュースに 12月30日

ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を表す少女像(共同)

 今年の10大ニュース海外編の発表が、本日の紙面でよかった。一日でも早かったら、「慰安婦問題で日本と韓国の合意」は、2位にランクされなかった。この問題に固執する朴槿恵(パク・クネ)大統領は、外遊の先々で日本を批判する、「告げ口外交」を続けてきた。

 ▼今回一転して、対日関係の改善を急いだ理由は何だろう。両国関係の冷え込みは、韓国経済に悪影響を及ぼす要因にまでなり、財界を中心に憂慮の声が上がっていた。反日親中に傾斜しすぎている、との米国の疑念を晴らす必要もあったようだ。

 ▼小欄はさらに、「北朝鮮」をキーワードに挙げたい。韓国のある新聞が発表した国内の10大ニュースで、3位にランクされたのが、「歴史教科書の国定化」だった。韓国の中学、高校の歴史教科書は、左派系学者の強い影響を受け、北朝鮮を美化する記述まで目立つ。

 ▼目に余る偏向教育を正すために、朴大統領が検定制度の廃止に踏み切ったのだが、世論は真っ二つに割れている。慰安婦問題が解決しなければ、親北勢力の政治工作が、ますます進みかねない。

 ▼元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」は、今回の合意に反発している。かねて北朝鮮との密接な関係が指摘され、激しい反日活動を続けてきた。日本大使館前の路上に2011年、「慰安婦像」を違法に設置したのもこの団体である。日本側の撤去要請に応じる気配は、まったくない。

 ▼両国の関係修復にとって最大の障害である団体を、どのように説得するのか。韓国政府の決意と手腕が問われている。慰安婦像は、韓国国内だけでなく、米国各地でも設置が続いている。来年の10大ニュースでは、ぜひこれらの「一斉撤去」が、ランク入りを果たしてほしいものだ。

 


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「SEALDs」の限界は 今の日本のリベラルの限界 [論評紹介]

「SEALDs」の限界は
今の日本のリベラルの限界

平和安全法制と戦後70年 日本の平和主義に自信を


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2050年の日本は超一流の大国か、没落の三流国か [論評紹介]

2050年の日本は超一流の大国か、没落の三流国か

「バラ色のシナリオ」実現にはいくつもの改革が必要

2015.12.30(水) profile 古森 義久

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

乳房喪失 12月29日 [産経抄]

29 05:03

【産経抄】乳房喪失 12月29日

 〈失ひしわれの乳房に似し丘あり冬は枯れたる花が飾らむ〉。昭和29(1954)年、雑誌『短歌研究』は、新人を対象に50首を募集した。企画者でもある編集者の中井英夫が、特選とした作品の一つである。

 ▼〈春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ〉。性愛を大胆に詠んだ与謝野晶子をはじめ、乳房を女性に生まれた喜びと捉えた歌人は、数知れない。それに対して作者の中城ふみ子は、既に失われている乳房を、荒涼たる風景にたとえている。

 ▼当時、札幌医大病院に入院していた中城は、がんに侵された両方の乳房を切除していた。無名の歌人による異色の作品は、たちまち歌壇の注目を集めた。急遽(きゅうきょ)、歌集が編集されることになる。

 ▼ただ中井が決めた題名の『乳房喪失』に、中城は難色を示した。「イヤです」「それではあんまりです」。手紙で再考を切々と訴えている。「乳房喪失」が女性にとってどれほどショッキングな出来事なのか、男はどうしても理解できない。

 ▼千葉県がんセンターで今月上旬、30歳代の女性が、右乳房を全摘出する手術を受けたところがその後、直ちに手術の必要のない早期がんだったことが分かった。別の50歳代の患者と、検体を取り違えたのが原因だという。医師を信頼して重い決断を下した女性患者の悲嘆、怒りの大きさはいかほどだろう。

 ▼〈癌(がん)新薬完成とほき教室にモルモットひそと眠る夜寒(よさむ)〉。中城は、処女歌集の出版を見届けてから、わずか1カ月後に世を去った。31歳の若さだった。中城の生きた時代に比べて、医学は飛躍的に進歩しているはずだ。にもかかわらず、単純なチェックミスとしか思えない医療事故が後を絶たないのは、どうしたことなのか。

 


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース