So-net無料ブログ作成
検索選択

「漫画好きの子供は勉強もできる」というリポートを発表している。 [産経抄]

閉じる

2015.10.31 05:03

【産経抄】10月31日

 27日からの「読書週間」が始まる直前の先週末、書店で気になる場面に出くわした。友人に連れられて漫画コーナーに来たらしい男子中学生がこう語っていた。「俺、漫画や小説は意味が分からないから、読まないんだ」。

 ▼若者の活字離れが指摘されて久しい。ただ、経験則で言えば、本を手に取らない子供は漫画も読まない傾向があるようだ。40年以上も漫画に慣れ親しみ、今もそこからさまざまなことを学んでいる小欄としては、もったいないと言うほかない。

 ▼毎日新聞と全国学校図書館協議会の合同調査によると、活字を読む時間が増すにつれて、漫画を「よく読む」と答える割合も増える傾向が小・中・高校で共通していた(27日付同紙朝刊)。漫画は活字離れの元凶どころか、活字と親和性が高いことが分かる。

 ▼実は、こうした結果は以前から表れていた。早くも平成5年には、明石要一・千葉大教授(当時)らの研究グループが「漫画好きの子供は勉強もできる」というリポートを発表している。それによると、漫画好きの子供ほど読書量が多く、漫画に熱中する子供と国語の成績に高い相関関係がみられた。

 ▼そもそも、漫画を活字離れの原因のように決め付け、漫画と一般書を区別することに根拠はあるだろうか。小説や評論に傑作も駄作もあるように、漫画もピンからキリまであるだけではないか。渡辺航さんの人気自転車漫画『弱虫ペダル』のように、小説化される作品も珍しくない。

 ▼わが国は質量ともに、世界に冠たる漫画大国である麻生太郎副総理兼財務相の漫画好きはつとに知られているが、安倍晋三首相もまた、漫画には一家言あるという。子供たちに漫画を読ませることに、躊躇(ちゅうちょ)する理由などありはしない。

 


タグ:産経抄
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ヘイトスピーチ規制法案の危険性は人権擁護法案より凄まじい! 八木秀次(麗澤大教授) [◆之が真相・実態]

>ヘイトスピーチの実しやかな美名に騙されてはいけない。日本の最大の敵は国内に有。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【夜桜亭日記after】水島総が視聴者の質問に答えます! 平成27年10月28日号[桜H27/10/30] [★【夜桜亭日記】]

【夜桜亭日記after】水島総が視聴者の質問に答えます! 平成27年10月28日号[桜H27/10/30]
タグ:夜桜亭日記
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画