So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

陳謝も急ぎすぎちゃった 世界が驚く日本の鉄道 11月19日 [産経抄]

閉じる

【産経抄】陳謝も急ぎすぎちゃった 世界が驚く日本の鉄道 11月19日

つくばエクスプレス

 日本の鉄道事業に制服制度を残したのは、後藤新平だった。かつて国有鉄道を管理した鉄道院の初代総裁である。「怠惰を制し、放逸を戒め、規律を確守し、責務を重んじ、これを全うさせる」。制服の役目を問われ、後藤はこう述べている(『時代が求める後藤新平』藤原書店)。

 ▼鉄道マンにとって、制服は第2のブレーキだろう。昨今はしかし、居眠り運転に携帯電話をいじる「ながら運転」など、先人の遺訓に背く不届き者が多い。それゆえ新鮮な驚きを伴う出来事もある。つくばエクスプレスの運行会社が遅延ならぬ「早発」を陳謝した。

 ▼今月14日、千葉県内の駅を定刻の「午前9時44分40秒」に発車するところを20秒早く出た、と。運転士の確認不足が原因だという。正確なダイヤを売り物にする日本ならではのニュースだが、「これは問題なのか」とニューヨークの大衆紙が報じたのも無理はない。

 ▼時刻表を違えたわけでも、乗り遅れた客がいたわけでもない。20秒への懺悔(ざんげ)は、「守るのは時間ではなく人の命」という自戒の表れだろう。駆け込み乗車を招きかねない早発は看過できなかったに違いない。律義な国民気質というより鉄道マンの矜持(きょうじ)をそこに見る。

 ▼後藤はどんな会議に出るにも定刻の少し前に着座した。「早し良し、丁度良し危なし」と後藤の言葉にある。鉄路の上を走るのは冷たい鉄の塊ではなく人の命である。安全を売りにする鉄道会社に敬意を表し、乗客の側も「早し良し」をせめてもの心掛けとしたい。

 ▼会社のホームページには陳謝の文に添え「お客様より当該列車にご乗車出来なかった等の申告は“ございせん”」とある。書いた人は少しの「間(ま)」も惜しんだのだろう。拙速と言うまい。「早し良し」とつぶやく。

 


タグ:産経抄
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【熊木徹夫の人生相談】彼氏いない歴4年…女性が恋愛対象になる時期があるのは… [ライフ]

閉じる

【熊木徹夫の人生相談】彼氏いない歴4年…女性が恋愛対象になる時期があるのは…

イラスト・千葉真

相談

 彼氏いない歴4年。いい人がいるならすぐにでも結婚したいと考えています。ただ、前の彼と別れてから合コンなどで何人かの男性と出会うことはありましたが、交際には至っていません。

 私は男性との恋愛が面倒になると同性である女性に好意を抱くことがあり、交際するには至らないまでも、遊び程度で楽しみたいなと思うことがよくあります。以前は同性にひかれることに悩んでいました。そのような気持ちを仲の良い職場の先輩に打ち明けたことがあります。先輩は5歳年上で、女性の既婚者です。先輩からは「それは男性から逃げているだけ」と指摘されました。

 恋愛対象が異性になる時期と同性になる時期が周期的に訪れるので、これが逃げなのかどうかわかりません。ただ、逃げているといわれて、確かにそういう面はあるのかなとも思い、気持ちがもやもやしています。(神奈川県、20代女性)

>>続きを読む

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

職場の飲みニケーション必要の回答が6割 「本音聞ける」「情報収集できる」 日本生命保険調査 [経営・ビジネス]

閉じる

職場の飲みニケーション必要の回答が6割 「本音聞ける」「情報収集できる」 日本生命保険調査

 「軽く一杯やっていくか」-。日本生命保険が契約者を対象に実施した調査で、職場の仲間とお酒を飲みながら親交を深める「飲みニケーション」が必要との回答が62・0%に上った。理由は「本音を聞ける。距離を縮められる」が71・3%で最多。若手や女性では「不要」との答えがやや高く、敬遠気味の姿勢もうかがえた。

 23日の勤労感謝の日を前に公表した。男女別で必要と答えた割合は、男性が65・5%、女性は53・7%。年代別では、20代以下、30代、40代がそれぞれ60%前後だった。50代は64・2%、60代以上は64・9%と年代が上がるにつれて高くなっている。

 必要の理由(複数回答)の2位は「情報収集を行える」の37・5%、3位は「仕事の悩みを相談できる」の31・1%だった。不要の理由は「仕事の延長と感じる」が41・9%とトップ。続いて「気を使う」の38・7%、「お酒が好きではない」の33・5%の順だった

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「電波オークションは選択肢の一つ」規制改革推進会議は年内答申の方向「そんなに総務省の裁量が優れているのか」 [●マスコミの実態]

閉じる

電波オークションは選択肢の一つ」規制改革推進会議は年内答申の方向「そんなに総務省の裁量が優れているのか」

 内閣府の規制改革推進会議は17日、電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」の導入を首相に提言する答申を年内にとりまとめる方向で検討することを明らかにした。会合では電波割当制度の改革について、先月から部会を設けて議論を続けていた。

 会合後に東京都内で会見した大田弘子議長(政策研究大学院大教授)は、総務省が審査して免許人を選ぶ現行の「比較審査方式」に加え、「オークションという選択肢があってもいいのではないか」と述べた。「そんなに総務省の裁量が優れているのか」と現行制度にこだわる総務省に苦言を呈した。

 会合では、経済協力開発機構(OECD)加盟国35カ国のうち、日本だけがオークションを導入していない点について、委員から強く疑問視する声が挙がったほか、オークション導入の後発となることを逆手にとって、導入国の失敗例を生かした制度設計ができるとの意見も出たという。

 

電波オークション】メディアの既得権益・岩盤規制に切り込む!安倍政権の逆襲!上念司・ケント・ギルバート 2017年9月 【DNT CH】

政治経済にゅーす女子#107「ついに始まる電波オークション!」

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「もし拉致被害者を返すとなったら…」北朝鮮に状況打開の大きなヒント 11月18日 [産経抄]

閉じる

【産経抄】「もし拉致被害者を返すとなったら…」北朝鮮に状況打開の大きなヒント 11月18日

拉致被害者の横田めぐみさん(提供写真、横田滋さん撮影)

 

 拉致問題を動かすテコとなるだろうか。米国は来週初めにも、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかの決定を発表する。指定国への経済援助は禁止され、金融制裁などが科されるため、国際金融機関から北への融資も滞る。ただでさえ、国連安全保障理事会や各国独自の制裁を受けている北は、いよいよ窮地に陥る。

 ▼平成14年9月の小泉純一郎首相による初訪朝時に、金正日総書記が拉致を認めたときは、テロ支援国家指定が継続中だった。この年1月、ブッシュ米大統領が北を「悪の枢軸」と呼び、武力行使の標的候補の一つに特定していた。

 ▼今回、北が再指定されれば、状況は15年前と似てくる。圧力にあえぎ、追い詰められた北が、再び日本との関係改善に活路を求めてくる可能性もあるだろう。その意味でも、トランプ米大統領が今月6日、拉致被害者家族らと膝詰めで面会した事実は大きい。

 ▼「金正恩朝鮮労働党委員長がもし拉致被害者を返すとなったら、多くの特別なことの始まりになる」。トランプ氏は同日の安倍晋三首相との共同記者会見で、こう示唆した。金体制が自ら拉致被害者を返したら、「大変に大きなシグナル」だとも強調している。

 ▼トランプ氏は安倍首相と何度も北問題にどう対応するか協議しており、その中には当然、拉致問題も含まれる。それを踏まえた上でのこの発言は、八方ふさがり状態にある北にとり、状況打開の大きなヒントになったのではないか。

 ▼もちろん、現在の北情勢は予断を許さず、事態を楽観はできない。ただ、わずか13歳だった横田めぐみさんが拉致されて40年がたつ不条理と、肉親の苦悩を思うと、一刻も早い問題解決を祈るのみである。日本外交の底力を見せてほしい。

 


タグ:産経抄
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

【紅い統一工作(上)】「中国が2020年までに台湾侵攻の準備を終える」 暴かれた習近平指導部の計画 「尖閣諸島奪還は2040~45年」 [●世界の軍事情勢]

閉じる

【紅い統一工作(上)】「中国が2020年までに台湾侵攻の準備を終える」 暴かれた習近平指導部の計画 「尖閣諸島奪還は2040~45年」

5月下旬、台湾・澎湖諸島で行われた台湾軍の軍事演習で、洋上の目標に向け射撃する戦車(田中靖人撮影)

 

 今年10月、米国で出版された一冊の書籍によって、中国の習近平指導部が準備を進めている「計画」が暴かれた

 「大規模なミサイル攻撃の後、台湾海峡が封鎖され、40万人の中国人民解放軍兵士が台湾に上陸する。台北、高雄などの都市を制圧し、台湾の政府、軍首脳を殺害。救援する米軍が駆けつける前に台湾を降伏させる…」

 米シンクタンク「プロジェクト2049研究所」で、アジア・太平洋地域の戦略問題を専門とする研究員、イアン・イーストンが中国人民解放軍の内部教材などを基に著した『The Chinese Invasion Threat(中国侵略の脅威)』の中で描いた「台湾侵攻計画」の一節だ。

>>続きを読む

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -